2019年9月27日 更新

【書評】USJは、世界最高のエンターテイメントを集めたセレクトショップ

USJはハリウッド映画のテーマパークとしてオープンし、当初は世界中のどのテーマパークよりも早く、来場者数1000万人を突破したそうだ。評者も、映画好きのため映画の世界を実体験したいと思い、オープン当初に足を運んだ。

gettyimages (48011)

USJはハリウッド映画のテーマパークとしてオープンし、当初は世界中のどのテーマパークよりも早く、来場者数1000万人を突破したそうだ。評者も、映画好きのため映画の世界を実体験したいと思い、オープン当初に足を運んだ。

しかし、オープン翌年に起こった不祥事等により来場者数は激減した。と言われていたが、実際にはメインテーマとなっていた「映画だけのパーク」「大人だけのパーク」が、結果として来場者数を伸び悩ます原因となっていたと著者は気づいたのだった。

その後、映画とは異なる様々なキャラクターが登場したり「アニメ」の世界がパークに広がる様子、また「世界一の光のツリー」「ハロウィーン・ホラー・ナイト」などが注目され、どのような経緯で誕生し、そしてUSJはどのように変化して現在の成功へと繋がっていったのかがとても気になっていた。そして、最近になって著者の存在や本書を知ることになった。

著者のUSJでのマーケターとしての活躍により、集客低迷字の1.4倍の集客に成功し「USJの奇跡的なV字回復」とも言われた。しかしその裏側は、悪戦苦闘の連続だったそうだ。何度も訪れるピンチを切りぬけ、発狂しそうなぐらいドラマチックだったと著者は言う。本書では、そのようなストーリーが共有できるのだ。

また、オープン前から話題となり、テーマパーク・エンターテイメントの結晶と言われた「The Wizarding World of Harry Potter」の完成までの間、来場者数を伸ばすために失敗が許されず、また少ない資金の中で様々なアイディアを生み出し続けなければならない状況となり、それは試行錯誤の連続だったという。

そのため、プレッシャーなどから眠れない日々を過ごしながらも、夢の中に出てきたアイディアにより、繰り返し成功を勝ち取る事ができたそうだ。

著者は言う。テーマパークは、究極の「集客ビジネス」であり「集客アイディアの実験場」である。そのため、本書に書かれているUSJが実践してきた内容は、テーマパークに限らず、消費者を相手にし、集客に悩むすべての人々へ役立つ内容となっている。

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。 http://bookrev.horiemon.com
4 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

なぜ働き、何を大切にするのか|元スターバックスCEOが教える働く理由

なぜ働き、何を大切にするのか|元スターバックスCEOが教える働く理由

昨今、働き方やスタイルに何かと注目が集まりがちです。しかし、自分が行なっているビジネスにはどんなミッションがあり、それを通じてどう生きていくのかといったことが置き去りになっているのかもしれません。 岩田松雄著『MISSION』 より、人は何のために働き、何を大切にすべきなのかという考え方をご紹介します。
思考を循環させていく

思考を循環させていく

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
【書評】すぐに役立つことは、すぐに役立たなくなる

【書評】すぐに役立つことは、すぐに役立たなくなる

一見無駄に思えることに面白さを見出だし、続けていくことにより一生の財産になる。本書は、一生の財産を養うための勉強法、また好きな分野、得意な分野をみつけて伸ばす。大人のための学習について提案している。
「我」を磨けば個性に変わる

「我」を磨けば個性に変わる

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
【書評】伊勢角屋麦酒の破天荒社長が行く!ビール天下統一の道

【書評】伊勢角屋麦酒の破天荒社長が行く!ビール天下統一の道

この本は、1代にしてクラフトビールの大家「伊勢角屋麦酒」を築き上げた鈴木社長の熱く破天荒なサイエンスの物語である。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部