2018年10月11日 更新

「10年後の仕事図鑑」を読んで、未来の働き方を考えてみる

AIに関する最新ニュースが毎日のように伝えられていますが、同時に「人工知能に仕事を奪われる」という問題についても見聞きする機会が増えたように感じます。例えばテレビ朝日の歴史ある討論番組『朝まで生テレビ』でもAIを3時間丸ごと特集していましたが、その論客のひとりに落合陽一氏の姿もありました。

gettyimages (22997)

2018.10.10
筑波大学準教授でありながらメディアアーティストとして活躍し、時代の寵児とも言われる落合氏ですが、彼の「将来の仕事について」の考え方をもっと詳しく知りたいと思ったところ…ピッタリのテーマの書籍を発見。ホリエモンこと堀江貴文氏との対談をまとめた『10年後の仕事図鑑』。
AI、仮想通貨、モチベーション格差、働き方など様々なテーマについて、激動の近未来をどう生きればいいのか?両氏の率直な意見が交わされていました。今回はその中でも印象に残った話を中心にまとめてみました。

「人間の仕事が激減するタイミング」とは?

gettyimages (23005)

ディープラーニングをしながら急速に発達している人工知能ですが、現在のところできるのは、画像処理と音声認識まで。つまり映像から指名手配犯を探し出すような「目」と「耳」はあるけど、実際に作業をする「手」はありません。しかし、この先ロボットとAIが組み合わさり単純作業を担うことができるようになった時、私たちの仕事はいよいよ激減すると言われています。
しかし、すべての作業が一瞬にしてAIにとって代わるのかというとそうではなく、まずは「半人力、半AI」の段階に入るといいます。例えば、介護業界では本来ケアサービスのために存在するスタッフが人の搬送や輸送に多くの時間を削られ労働力不足に悩まされていますが、AI搭載ロボットにより負担を減らそうという研究が進んでいます。
回転ずしの「くら寿司」も、席の案内などの接客は人間が、注文や食べたお皿の枚数のカウントなどは機械が行うことで仕事の効率化が進んでいます。このように、まだAIにはできない「おもてなし」部分を人間が担うことで仕事は確保できるうえ、面倒な作業はAIがやってくれるわけですから、「不当に搾取されたと感じる労働者」たちがより効率的に働けるメリットもあるのです。

もしも、AIに職が奪われてしまったら?

gettyimages (23009)

オックスフォード大学准教授のマイケル・A・オズボーン氏が発表した「雇用の未来」の論文では「あと10年で消える職業・無くなる仕事」のリストも話題になりましたが、実際に自分が働いている仕事がAIによる作業効率化の末に無くなってしまう可能性はゼロではありません。ですが、堀江氏はこの論文を「血液型占いのようなもの」と一蹴。
「AIに仕事を奪われるかもしれない」と未来の心配をするよりも、これからの働き方に目を向けるべきだといいます。そして、そのポイントを両氏は次のように紹介しています。

「自分にしかできない状況」を創り出そう!

gettyimages (23016)

29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【年収1億円超のお金持ちの習慣】大切にすべきは 「相手の家族」

【年収1億円超のお金持ちの習慣】大切にすべきは 「相手の家族」

お金持ちはビジネスや投資の天才というだけではなく、相手の心をつかんで離さない人心掌握術を心得た人物です。 この記事では、お金持ちが大切にしているプレゼントの習慣を、黒坂岳央 著 「年収1億円超の起業家・投資家・自由業そしてサラリーマンが大切にしている習慣」よりご紹介します。
令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和という新時代を迎え、働き方の変化を少しずつ肌で感じる昨今です。取り残されないためにも、私たちはもっと意識的に自身をアップデートしていかなくてはなりません。 小山龍介著『仕事のスピードを上げながら質を高める 最強のライフハック100』 より、今すぐにでもできそうなライフハックをご紹介します。
突然辞める若者たち マネジメント層が知っておくべき考え方

突然辞める若者たち マネジメント層が知っておくべき考え方

入社したばかりの若者が早々に退職してしまい、困り果てているという話を耳にする時期です。少し注意しただけなのにパワハラだと言われたり、頑張っているように見えたのに突然会社に来なくなったり。 平賀充記著『なぜ最近の若者は突然辞めるのか』 より、現代の若者に対して無駄に気を使うことなく、円滑にマネジメントするための考え方をご紹介します。
働かなくても生きていくために 新たな価値を見出す考え方

働かなくても生きていくために 新たな価値を見出す考え方

働き方についてのあり方が問われている現代。私たちはどういう思考を持って、労働やお金と向き合っていけば良いのでしょうか。遠藤洋著『働きたくないけどお金は欲しい』より、変化する時代において新たな価値を見出していく考え方をご紹介します。
利害関係のある人に流されてはダメ

利害関係のある人に流されてはダメ

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部