2020年1月18日 更新

死ぬまでに行きたい世界遺産|明治維新胎動の地 〜 山口県「萩」

山口県萩市は明治維新胎動の地と呼ばれ、数多くの志士を生み出したところです。2015年には、「明治日本の産業革命遺産」として5カ所が世界遺産の構成資産に登録されました。登録された史跡を訪ね、伝統文化に触れ地元のグルメを味わう、そんな感動の旅に出かけてみましょう。【死ぬまでに一度は行きたい世界遺産  第1回】

2020.1.18

萩ってどんなところ?

本州最西端にある山口県は、北側は日本海、南側は瀬戸内海に面しています。その日本海に面した北側にある阿武川が、海近くになって2つに分かれ三角州を作りました。今から約400年前、毛利輝元がこの三角州の西端にある指月山(しづきやま)のふもとに、萩城を建て、それ以来明治になるまで、萩は城下町として栄えました。
日本では江戸や京都などの主要都市からは遠く離れていますが、朝鮮半島からは、わずか50kmという近さ。そのため海外勢力への危惧が生まれ、そこから明治維新の原動力となった吉田松陰や高杉晋作などの偉人が輩出されたと言われています。

世界遺産の構成資産に登録

幕末から明治維新のころの史跡が複数残る萩では、2015年、市内の史跡の一部が「明治日本の産業革命遺産」の構成資産として登録されました。
登録されたのは、萩反射炉、松下村塾(しょうかそんじゅく)、萩城下町、など全部で5ヵ所です。

製鉄を試みた萩反射炉跡

萩反射炉は1856年に建設されたものです。反射炉とは、鉄を作る時に、鉄鉱石を溶かしたり製錬するのに使う炉のことです。この時期、黒船の来航など海外からの往来が増え、侵略の危機を感じた萩藩は、大砲などの武器を作るために試行錯誤でこの反射炉の建設を始めました。炉は最終的には完成しなかったと言われていますがその後が現在も残っています。

吉田松陰が開いた松下村塾

松下村塾は時代物のドラマなどでおなじみの吉田松陰が開いた私塾です。浦賀で見た黒船に大変関心を持ち小舟に乗って黒船に向かうのですが、途中で幕府に捉えられ自宅監禁の身に。その時に開いたのがこの私塾でした。

松下村塾の中には当時この塾に来ていた志士たちの写真が飾られています。上段中央にあるのが松陰の肖像画。その他高杉晋作、木戸孝允、伊藤博文など後に明治維新の機動力となった人々の写真が掛けられています。

江戸時代のたたずまいが残る萩城下町

45 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「癒しの旅」を求めて長野の野沢温泉へ!今年頑張った自分にご褒美を

「癒しの旅」を求めて長野の野沢温泉へ!今年頑張った自分にご褒美を

今年も残すところあとわずかになりましたね。「年内にかたずけなくては」と、仕事に追われてはいませんか。でもそんな時こそ、「癒しの旅」に出かけてみてはいかがでしょうか。都心からも2時間ほどで行ける長野県下高井郡にある野沢温泉。スキー場のある温泉町としても人気があります。今年も一年頑張って来た自分にご褒美をあげましょう。
真夏のクリスマス観光ができるオーストラリアで特別な一日を!

真夏のクリスマス観光ができるオーストラリアで特別な一日を!

南半球のオーストラリアではクリスマスはいつも真夏。「白いクリスマスを夢に見る」という歌詞で始まる「ホワイト・クリスマス」の歌はオーストラリア人の心情にぴったり!今度の冬の休暇には、そんなオーストラリアでいつもと違う真夏のクリスマスを迎えてみるのはどうでしょう。
「酉の市」は関東大イベント!縁起物の熊手で翌年の幸運を祈願しよう

「酉の市」は関東大イベント!縁起物の熊手で翌年の幸運を祈願しよう

「酉の市」は翌年の幸運を祈願するために、主に関東地方で開かれるイベント。毎年11月の酉の日に開かれるためその名前がつきました。いったいどんな行事なのでしょう。「三大酉の市」と呼ばれる酉の市を中心に、詳しい内容をお伝えします。
香嵐渓は愛知県を代表する紅葉スポット!渋滞を回避するポイントは?

香嵐渓は愛知県を代表する紅葉スポット!渋滞を回避するポイントは?

暑かった夏が過ぎて、ようやく秋の気配が感じられるようになりましたね。お出かけしやすくなって、行楽やレジャーの予定を立てている人も多いのではないでしょうか。 秋の行楽と言えば、やっぱり紅葉。私が住んでいる愛知県では、なんといっても豊田市にある「香嵐渓」が有名です。 今回は前年度の情報をもとに、おすすめの香嵐渓の訪れ方を紹介します。
7年ぶりのシンガポール旅行で実感した街の変化|進化続けるマリーナベイサンズ

7年ぶりのシンガポール旅行で実感した街の変化|進化続けるマリーナベイサンズ

面積は小さいながらも、アジア随一の活気があふれる国・シンガポール。ここ数年はマリーナベイ・サンズができたことでさらに観光客が増えています。日本では2019年に公開された映画「名探偵コナン」シリーズの舞台がシンガポールだったことで、注目を集めました。 今回私は7年ぶりに訪れましたが、その発展に驚きました。ここでは旅行記を兼ねてシンガポールの発展ぶりを紹介したいと思います。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

setsukoT setsukoT