2017年6月8日 更新

「お金原論」という、新しい学問。(泉 正人)

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが本書のすべてである。

 (1365)

2016.7.22
お金の誕生は、人類の歴史に大きなパラダイムシフトをもたらした。そして、お金の「媒介物」としての役割が大きくなっていくにつれ、私たちの生活とお金のかかわりは、加速度的に密接になってきた。

現代において、私たちの生活とお金とは、もはや一蓮托生だ。生活のあらゆる局面において、その選択には「お金」が多大な影響を及ぼしている。買い物も、住まいも、仕事も、移動手段も、時間の過ごし方も、人間関係も。
 (1368)

お金が単に物々交換を幇助するための存在だった時代であれば、限られた生活圏だけでの、あるいは家庭内だけでのローカルルールさえ知っていれば十分扱うことができた。しかし、急速に進むグローバル化は、経済を複雑化・高度化させるとともに、「お金」の本 質にも大きな地殻変動をもたらした。お金というものの本質をローカルルールだけで捉えてしまっていては、遅かれ早かれ、この地殻変動に飲み込まれてしまうだろう。
 (1370)

しかし、である。この「お金」というものの本質について、これまでいったいどれだけの議論が交わされてきただろうか。これだけ金融工学や経済学が発展した現代にあっても、「お金」そのものの本質についての議論は、ほとんどなされないままになっているのでは ないか。お金が通貨という域を超え、単なる数値になっている今、その数値が何を意味し ているのかを定義する必要があるのではないか。これが本書の筆をとった偽りのない動機だ。

本書は、現代社会にとって欠かせない道具である「お金」について、その本質は何なのかを問い、「お金」という軸から社会構造を捉え直したいという目的で書いた。
 (1372)

ファイナンシャルアカデミーという学校を通じて15年。個人的な体験を含めれば20余年。「お金とは何か」は、私にとっての最大の命題であった。そして、これまで39万人を超える受講生を見てきた結果として、確信を持って言うことができる。

「お金」という軸を通じて自分自身をニュートラルに見ることができれば、他責による 不平不満がなくなり、自分を客観的にコントロールできるようになり、ストレスのない人 生を送ることができる。

「お金」という軸を通じて信用経済の本質を知ることができれば、目の前の収入を増やすことができるだけでなく、社会に大きな影響を与える人材となることができる。

そして、1人ひとりが「お金」という軸を通じて世の中を捉えるようになれば、社会問題として顕在化しているさまざまな歪みをなくすことができ、あるべき未来を見つけ出し ていくことができる、と。
 (1374)

お金はもはや「通貨」ではない。自分や社会の「真実」を知るための道具だ。「お金」という軸から自分や社会をニュートラルに捉え、結果を受け止めたとき、お金は、真実を 知るためのこのうえない道具として、新たな光を放ち始める。

生活や人生と切っても切り離せないものであるにもかかわらず、義務教育でその扱い方を教わることのなかった「お金」。すべての読者が、本書を通じ、お金の本質に気づき、お金との向き合い方、世の中の捉え方に揺るぎない指針を築くことで視界がクリアになり、 人生をもっともっと楽しめる人になっていくこと ── それが私の願いだ。

それでは、「お金とは何か」という、シンプルだが新たな問いへの扉を開けていこう。
お金とは、信用を見える化したもの。(泉 正人)
BOOK

BOOK

お金原論―30代で知っておきたい「お金の知性」の高め方
ファイナンシャルアカデミーグループ代表
一般社団法人金融学習協会理事長
泉 正人

日本初の商標登録サイトを立ち上げた後、自らの経験から金融経済教育の必要性を感じ、2002年にファイナンシャルアカデミーを創立、代表に就任。身近な生活のお金から、会計、経済、資産運用に至るまで、独自の体系的なカリキュラムを構築。東京・大阪・ニューヨークの3つの学校運営を行い、「お金の教養」を伝えることを通じ、より多くの人に真に豊かでゆとりのある人生を送ってもらうための金融経済教育の定着をめざしている。『お金の教養』(大和書房)、『仕組み仕事術』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など、著書は30冊累計130万部を超え、韓国、台湾、中国で翻訳版も発売されている。一般社団法人金融学習協会理事長。
ファイナンシャルアカデミー http://www.f-academy.jp/
ファイナンシャルアカデミーグループ http://fagroup.jp/
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「お金原論」が誕生するまで(泉 正人)

「お金原論」が誕生するまで(泉 正人)

私が、「お金の教養」という考え方を提唱し始めたのは、 年前の2006年のことだ。その後、2008年9月に『お金の教養──みんなが知らないお金の「仕組み」』(大和書房)を上梓した。
お金の教養STAGEとは何か~『お金原論』[第11回]〜

お金の教養STAGEとは何か~『お金原論』[第11回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
お金が貯まらない人の悪しき生活習慣~『お金原論』[第10回]〜

お金が貯まらない人の悪しき生活習慣~『お金原論』[第10回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
預金通帳は社会人としてのお金の「履歴書」〜『お金原論』[第9回]〜

預金通帳は社会人としてのお金の「履歴書」〜『お金原論』[第9回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
「しかし、ここがお金持ちと貧乏人と分ける分水嶺だ」第9章[第17話]

「しかし、ここがお金持ちと貧乏人と分ける分水嶺だ」第9章[第17話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

泉 正人 泉 正人