2018年5月11日 更新

フェイクニュースに踊らされない!情報見極めの達人になる方法

「情報収集」が苦手、何を根拠にするべきか、と悩む方が多いようです。膨大な情報の中からインプットすべき情報とは何なのか。何が嘘で、真実なのか。豊かな人生を送るためには、欠かせない情報を見極めるヒントを伝えます。

gettyimages (14446)

2018.5.11
私は、お客さんとバーに座ったシチュエーションで、つまりホワイトボードも、ノートも、資料も、PCも何もない状況で、「あれはどういうことなの」と質問されたときに「それはこういうことです」と、きちっと端的に答えることができれば、商売がうまくいくということを実体験として持っていました。ビジネスパーソンが俗に言う「カウンタートーク」ですね。
いろいろな情報を持っていて、正確に伝えることは、とても大事です。私はそれをずっと意識しており、いまや情報収集が趣味になっています。
これから、情報収集の基本をお伝えします。

一次情報、二次情報、三次情報に分ける

gettyimages (14456)

一番重要なことは、情報を一次情報、二次情報、三次情報に分けるということです。
一次情報は何かというと、
・経済指標
・官公庁から出るもの
・企業が出す適時開示
・議会証言
こういったものが一次情報と言われています。ここがポイントなんですが、一次情報とは、その内容に嘘があった場合には、いわゆる法的な拘束力を囚われるもの。
つまり嘘をついたら犯罪となる状況に、ほぼ嘘は生じないと思っていいです。ですから、唯一そのまま「鵜呑みにしていい」というのが一次情報になります。
次に、二次情報というのは
・記者発表
・プレスリリース
・新聞
新聞記者は、一応嘘を記事にしてはいけないという社内ルールと倫理規定がありますが、それでも意図的に情報操作をすることは可能なので、二次情報に区分けします。
例えば記者発表などでは、自分に都合のいいことばかりを発言しているということがあります。大きな会社の立派な社長が言ってるから、本当ぽいと思っても、実は恣意的な情報を流している可能性もあります。
そのため、一次情報よりも少し信頼性、信憑性が低いものを二次情報といいます。新聞やプレスリリースや記者会見は「本物の情報」っぽく感じてしまうのが人間の習性だと思いますが、でも一次情報とは違うんだというのを知っておくだけでも、ぐっと情報を正しく捉える力がつくと思います。
そして三次情報が伝聞、評論、推測記事です。例えば「なになにとされてる」とか「なになにと見られる」、あとは「ある市場関係者によると」、あとは「ある関係筋によると」という文章、よく見ると思います。これは自分たちも確証を持ってなくて、人の情報を又聞きにして伝えています。これを第三次情報と言っています。
この情報は当然ながら一次情報、二次情報よりも情報の信憑性が圧倒的に低いので、まず何かを聞いたり読んだりするときには、一次情報、二次情報、三次情報があるんだというふうに考えてほしいと思います。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

こころとお金に“ゆとり”が生まれる1分+5分のプチ習慣

こころとお金に“ゆとり”が生まれる1分+5分のプチ習慣

新しい年の到来は、誰にとっても気持ちが改まるもの。「今年は、こんな1年にしたい」「今年こそ、こういう自分に成長したい」と、声を大にして言わないまでも、心の中で自分なりの目標を掲げた人は多いはず。実は、そんな想いを実現に導くために年始にやっておきたい意外な“あること”があるんです。──『美しく生きる女のお金の作法』特別編集[第8回]
AIによって「新たに生まれる」職業とは。 「人間の仕事はなくなる」を恐れる必要はない理由。

AIによって「新たに生まれる」職業とは。 「人間の仕事はなくなる」を恐れる必要はない理由。

AIの台頭で失業者が将来続出するという恐ろしい予測。自動改札機の登場で切符切りがいなくなったように、AIによって失われる仕事があるというのです。 これを聞くといつも「ぼやぼやしていられないな」と思わされてしまいます。 AIの台頭は本当に多くの失業者を生むのでしょうか。
〈清水直哉〉「お金とは、 やりたいことをやるための『道具』。」

〈清水直哉〉「お金とは、 やりたいことをやるための『道具』。」

世界一周を通じて知り合った数人の若者が集まり創業した世界一周団体「TABIPPO」。代表取締役の清水直哉氏は、齢26歳という若さで大好きな「旅」を生業にした。自分がやりたいことを仕事にした彼の人生を作ったきっかけとは何だったのか、世界一周のエピソードとともに話を聞いた。
人生が劇的に変わる富裕層が大切にしていること3選

人生が劇的に変わる富裕層が大切にしていること3選

日本には、200万人を超える富裕層がいると言われています。富裕層は、彼らだからこそ知っている3つのことを心掛けながら生活しています。この記事では、彼らが実践している3つのことを紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊