2018年5月11日 更新

フェイクニュースに踊らされない!情報見極めの達人になる方法

「情報収集」が苦手、何を根拠にするべきか、と悩む方が多いようです。膨大な情報の中からインプットすべき情報とは何なのか。何が嘘で、真実なのか。豊かな人生を送るためには、欠かせない情報を見極めるヒントを伝えます。

gettyimages (14446)

2018.5.11
私は、お客さんとバーに座ったシチュエーションで、つまりホワイトボードも、ノートも、資料も、PCも何もない状況で、「あれはどういうことなの」と質問されたときに「それはこういうことです」と、きちっと端的に答えることができれば、商売がうまくいくということを実体験として持っていました。ビジネスパーソンが俗に言う「カウンタートーク」ですね。
いろいろな情報を持っていて、正確に伝えることは、とても大事です。私はそれをずっと意識しており、いまや情報収集が趣味になっています。
これから、情報収集の基本をお伝えします。

一次情報、二次情報、三次情報に分ける

gettyimages (14456)

一番重要なことは、情報を一次情報、二次情報、三次情報に分けるということです。
一次情報は何かというと、
・経済指標
・官公庁から出るもの
・企業が出す適時開示
・議会証言
こういったものが一次情報と言われています。ここがポイントなんですが、一次情報とは、その内容に嘘があった場合には、いわゆる法的な拘束力を囚われるもの。
つまり嘘をついたら犯罪となる状況に、ほぼ嘘は生じないと思っていいです。ですから、唯一そのまま「鵜呑みにしていい」というのが一次情報になります。
次に、二次情報というのは
・記者発表
・プレスリリース
・新聞
新聞記者は、一応嘘を記事にしてはいけないという社内ルールと倫理規定がありますが、それでも意図的に情報操作をすることは可能なので、二次情報に区分けします。
例えば記者発表などでは、自分に都合のいいことばかりを発言しているということがあります。大きな会社の立派な社長が言ってるから、本当ぽいと思っても、実は恣意的な情報を流している可能性もあります。
そのため、一次情報よりも少し信頼性、信憑性が低いものを二次情報といいます。新聞やプレスリリースや記者会見は「本物の情報」っぽく感じてしまうのが人間の習性だと思いますが、でも一次情報とは違うんだというのを知っておくだけでも、ぐっと情報を正しく捉える力がつくと思います。
そして三次情報が伝聞、評論、推測記事です。例えば「なになにとされてる」とか「なになにと見られる」、あとは「ある市場関係者によると」、あとは「ある関係筋によると」という文章、よく見ると思います。これは自分たちも確証を持ってなくて、人の情報を又聞きにして伝えています。これを第三次情報と言っています。
この情報は当然ながら一次情報、二次情報よりも情報の信憑性が圧倒的に低いので、まず何かを聞いたり読んだりするときには、一次情報、二次情報、三次情報があるんだというふうに考えてほしいと思います。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊
お金の教養講座