2018年5月11日 更新

フェイクニュースに踊らされない!情報見極めの達人になる方法

「情報収集」が苦手、何を根拠にするべきか、と悩む方が多いようです。膨大な情報の中からインプットすべき情報とは何なのか。何が嘘で、真実なのか。豊かな人生を送るためには、欠かせない情報を見極めるヒントを伝えます。

良質な情報をインプットするコツ

gettyimages (14466)

できれば、一次情報を提供する友達を5,6人見つけましょう。お医者さん、官庁の友達とか、弁護士さんでもいいです。ネットの無料弁護士相談室で聞くよりも直接弁護士さんに聞いたほうが間違いないので、一次情報に近い情報を貰える人を見つけることがとても大事なのかなと思っています。
興味ある情報に接したら、一次情報、二次情報、三次情報をきちんと分けます。また、一次情報はできるだけ保管、記録として残します。なぜならば古くても使える情報になるからです。例えば1992年に郵便局の定期貯金の金利が8.10%というのは、これからの10年後も25年後も絶対使えるので、インプットし続けます。私の保存法は、携帯で写真を撮ってからその後ノートに書き写す、ですね。
インプットする情報収集の範囲を、最初のうちは広げすぎないほうがいいと思います。広げすぎるとパンクしちゃうので、2、3個得意分野を絞ってインプットする。例えば経済と芸能とか、スポーツと政治とか、そういうふうに分けてインプットしたほうがいいかなと思っています。

異常値を見つけるために「教科書通り」が大切

istockphoto (14467)

経済のことなら、教科書通りやれるかどうかというのはとても大事です。例えばGDPが上がったら普通は株価が上がるということを、自分のための教科書とします。
さて、ある朝のニュースで、GDPが上がったと言っているのに、なぜか株価が下がったら、「教科書と違う。何かおかしいな」と気が付きますよね。そう、教科書を一通り作りインプットしておけば、違うときだけ反応すればよくなり効率がすごくいいんです。

例えば、自分の体温が36.7℃だと知っていたら、37.2℃なったら風邪気味かなぁと気が付きますよね。
でも自分の平温を知らない人が37度2分の体温を知ったときに、これちょっと違うなと気付かないんです。つまり基準となるものや数字をインプットすることによって、教科書通りとか、平時や平温と違う、ということが分かるようになるわけです。
インプットの大事な目的は、自分の中でモノサシをきっちりと設定することです。ただの物知りになってはいけません。
そして、最後に大切なことは、インプットした情報はアウトプットすること。そのときは、出来るだけ一次情報を元にしてアウトプットしてください。うっかり詳しい人に語ってコテンパンにされていくうちに、情報の使い方、基礎力が磨かれていきます。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

こころとお金に“ゆとり”が生まれる1分+5分のプチ習慣

こころとお金に“ゆとり”が生まれる1分+5分のプチ習慣

新しい年の到来は、誰にとっても気持ちが改まるもの。「今年は、こんな1年にしたい」「今年こそ、こういう自分に成長したい」と、声を大にして言わないまでも、心の中で自分なりの目標を掲げた人は多いはず。実は、そんな想いを実現に導くために年始にやっておきたい意外な“あること”があるんです。──『美しく生きる女のお金の作法』特別編集[第8回]
AIによって「新たに生まれる」職業とは。 「人間の仕事はなくなる」を恐れる必要はない理由。

AIによって「新たに生まれる」職業とは。 「人間の仕事はなくなる」を恐れる必要はない理由。

AIの台頭で失業者が将来続出するという恐ろしい予測。自動改札機の登場で切符切りがいなくなったように、AIによって失われる仕事があるというのです。 これを聞くといつも「ぼやぼやしていられないな」と思わされてしまいます。 AIの台頭は本当に多くの失業者を生むのでしょうか。
〈清水直哉〉「お金とは、 やりたいことをやるための『道具』。」

〈清水直哉〉「お金とは、 やりたいことをやるための『道具』。」

世界一周を通じて知り合った数人の若者が集まり創業した世界一周団体「TABIPPO」。代表取締役の清水直哉氏は、齢26歳という若さで大好きな「旅」を生業にした。自分がやりたいことを仕事にした彼の人生を作ったきっかけとは何だったのか、世界一周のエピソードとともに話を聞いた。
人生が劇的に変わる富裕層が大切にしていること3選

人生が劇的に変わる富裕層が大切にしていること3選

日本には、200万人を超える富裕層がいると言われています。富裕層は、彼らだからこそ知っている3つのことを心掛けながら生活しています。この記事では、彼らが実践している3つのことを紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊
お金の教養講座