2018年10月7日 更新

世界に認められた日本人「広告業界のイチロー」の成功術

「世界の最も影響力のある50人」に選ばれたクリエイティブディレクター、レイ・イナモト氏。世界を舞台に業界をリードし続け、「広告業界のイチロー」と呼ばれる彼の生き方から、日本人が世界で活躍するためのヒントを4つご紹介します。

gettyimages (22755)

2018.10.7

責任を負うことを恐れずに決断する

gettyimages (22758)

世界規模で広告業界をリードしてきたレイ・イナモト氏。アメリカに拠点を置きビジネスをする中で、日本人は物事をなかなか決めず、ビジネスの進行に時間がかかると感じました。日本人の国民性もありますが、決めて間違えるのが怖い、自分の責任にしたくないという思いがあるから決断できないのかもしれません。それでは物事が進まないため、決断してコミットする(責任を伴う約束を果たす)ことが必要です。世界で活躍するためには、まずやってみること。間違っていても行動に移す姿勢が大切なのではないでしょうか。

弱みを認めて強みに変える

gettyimages (22766)

レイ・イナモト氏が、デザイナーとして働くようになってから最初にぶつかったのが「言葉の壁」。仕事での英語を上手く使えず、やりたいことや意思が伝わらないともどかしい思いをしました。
そこで、10歳くらいの子どもでも分かるようなシンプルな英語で伝えるようにすると、クライアントも理解してくれるようになったそうです。この経験で身についた「シンプルな言葉で分かりやすく伝える習慣」は、トップリーダーとなった今でも役に立っていると言います。自身の弱みだった英語を、分かりやすく伝えるという強みに変えたことは、世界でも通用する力となりました。誰でも弱みを強みに変えることで、新しい世界を作っていけるはずです。

楽観主義で未来を作る

gettyimages (22770)

レイ・イナモト氏は怪我による網膜剥離で、リハビリのため2週間ずっと下を向いていなければいけない辛い体験をしました。その時の経験を「仕事の悩みをたくさん抱えていても、そのときの苦痛に比べれば苦しくなくなる」と語っています。
また、その体験から「未来を作るためには楽観主義でいなければいけない」と、「未来の作り方」をテーマにした講演で語ったこともありました。別のインタビューで「成功も失敗も1日で忘れるくらいでいい」と答えているように、本当に伸びる人は常に前を向いていて、失敗してもくよくよしないと感じているそうです。失敗して自信をなくすのではなく、次に失敗しなければいいだけのこと。世界で活躍し続けるためには、楽観主義でいることも必要と言えるでしょう。

シンプルに人の心をつかむ

gettyimages (22771)

2018年に提供が始まったユニクロの新サービス「UNIQLO IQ」。この新しいサービスを発案したのは、レイ・イナモト氏が設立したInamoto&Coです。
このサービスは、AIを活用し、ユーザーひとりひとりにマッチした、日々の洋服選びを楽しく便利にするアイデアです。次々と新しいアイデアを産みだすためには、常に情報を吸収しながら頭の中に貯めておき、チャンスとひらめきがあるときに、その情報を掛け合わせているそうです。
どのようなものでもそのコアにあるのは、「人の心を動かすこと」。いかにシンプルで人の心に刺さるか?を教訓に、世の中にまだないサービスや仕組みかどうか、突き詰めていると言います。
インターネットの発展やスマートフォンの普及により、手元で世界と繋がれるようになった現代ですが、世界で活躍するには「世界で通用するか?」という視点と「シンプルに人の心をつかむか?」というブレない視点を持つことが大切です。
19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

出世する女性の特徴は?ヘッドハンターが選ぶ年代別の条件

出世する女性の特徴は?ヘッドハンターが選ぶ年代別の条件

20代から40代。女性は、キャリアを開始し場合によっては結婚や出産も経験する人生の正念場です。男女同権とはいえ、事情によりキャリアが中断することも少なくありません。欧州のヘッドハンターのプロが、女性たちに求める資質を年代別に語っています。
2020年に向けて働き方改革「テレワーク」のメリットとは

2020年に向けて働き方改革「テレワーク」のメリットとは

世紀の一大イベントである東京オリンピックが2020年に行われます。開催期間中の都内への出勤など、交通機関の混雑が予想されます。 森本登志男著『あなたのいるところが仕事場になる』 より、今知っておきたい、テレワークという働き方についてご紹介します。
成長する人・しない人の違いはたった1つだけ?質問力の考え方

成長する人・しない人の違いはたった1つだけ?質問力の考え方

成長する人・しない人の違いは、突き詰めればたった1つしかありません。一向に成長しない部下や後輩を眺めて、日々悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。仕事で成長する人・しない人の違いがどこから来るのかを解き明かし、どのように捉えれば良いのかを考えてみます。
近代日本の財政破綻の危機を救った蔵相・高橋是清は、転職魔だった

近代日本の財政破綻の危機を救った蔵相・高橋是清は、転職魔だった

江戸末期にアメリカ・オークランドで牧童をしていた高橋是清は、職業を転々とした三十年余の年月を経て、明治三十二年には日銀副総裁に栄進し、日露戦争や世界恐慌の勃発により日本が財政破綻の危機的状況に陥ったなか、戦費調達や金融・財政政策に辣腕を振るい国家の破綻を救いました。 この間の転職歴は十数回におよび、ときには遊びで身を持ち崩したり、事業の失敗で失業するなど人生の辛酸をなめましたが、その生き様の中でどのような軌跡を描き人生の成功者となっていったのでしょうか?
サーバントリーダーシップにはデメリットも?おすすめの使い方は?

サーバントリーダーシップにはデメリットも?おすすめの使い方は?

「サーバントリーダーシップ」にもデメリットはあります。旧来の「支配型リーダーシップ」のアンチテーゼとして、昨今注目を集める「サーバントリーダーシップ」ですが、使用方法を誤ると逆効果にもなります。「サーバントリーダーシップ」のメリット・デメリットを理解し、有効な使い方を考えます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部