2018年10月7日 更新

世界に認められた日本人「広告業界のイチロー」の成功術

「世界の最も影響力のある50人」に選ばれたクリエイティブディレクター、レイ・イナモト氏。世界を舞台に業界をリードし続け、「広告業界のイチロー」と呼ばれる彼の生き方から、日本人が世界で活躍するためのヒントを4つご紹介します。

gettyimages (22755)

2018.10.7

責任を負うことを恐れずに決断する

gettyimages (22758)

世界規模で広告業界をリードしてきたレイ・イナモト氏。アメリカに拠点を置きビジネスをする中で、日本人は物事をなかなか決めず、ビジネスの進行に時間がかかると感じました。日本人の国民性もありますが、決めて間違えるのが怖い、自分の責任にしたくないという思いがあるから決断できないのかもしれません。それでは物事が進まないため、決断してコミットする(責任を伴う約束を果たす)ことが必要です。世界で活躍するためには、まずやってみること。間違っていても行動に移す姿勢が大切なのではないでしょうか。

弱みを認めて強みに変える

gettyimages (22766)

レイ・イナモト氏が、デザイナーとして働くようになってから最初にぶつかったのが「言葉の壁」。仕事での英語を上手く使えず、やりたいことや意思が伝わらないともどかしい思いをしました。
そこで、10歳くらいの子どもでも分かるようなシンプルな英語で伝えるようにすると、クライアントも理解してくれるようになったそうです。この経験で身についた「シンプルな言葉で分かりやすく伝える習慣」は、トップリーダーとなった今でも役に立っていると言います。自身の弱みだった英語を、分かりやすく伝えるという強みに変えたことは、世界でも通用する力となりました。誰でも弱みを強みに変えることで、新しい世界を作っていけるはずです。

楽観主義で未来を作る

gettyimages (22770)

レイ・イナモト氏は怪我による網膜剥離で、リハビリのため2週間ずっと下を向いていなければいけない辛い体験をしました。その時の経験を「仕事の悩みをたくさん抱えていても、そのときの苦痛に比べれば苦しくなくなる」と語っています。
また、その体験から「未来を作るためには楽観主義でいなければいけない」と、「未来の作り方」をテーマにした講演で語ったこともありました。別のインタビューで「成功も失敗も1日で忘れるくらいでいい」と答えているように、本当に伸びる人は常に前を向いていて、失敗してもくよくよしないと感じているそうです。失敗して自信をなくすのではなく、次に失敗しなければいいだけのこと。世界で活躍し続けるためには、楽観主義でいることも必要と言えるでしょう。

シンプルに人の心をつかむ

gettyimages (22771)

2018年に提供が始まったユニクロの新サービス「UNIQLO IQ」。この新しいサービスを発案したのは、レイ・イナモト氏が設立したInamoto&Coです。
このサービスは、AIを活用し、ユーザーひとりひとりにマッチした、日々の洋服選びを楽しく便利にするアイデアです。次々と新しいアイデアを産みだすためには、常に情報を吸収しながら頭の中に貯めておき、チャンスとひらめきがあるときに、その情報を掛け合わせているそうです。
どのようなものでもそのコアにあるのは、「人の心を動かすこと」。いかにシンプルで人の心に刺さるか?を教訓に、世の中にまだないサービスや仕組みかどうか、突き詰めていると言います。
インターネットの発展やスマートフォンの普及により、手元で世界と繋がれるようになった現代ですが、世界で活躍するには「世界で通用するか?」という視点と「シンプルに人の心をつかむか?」というブレない視点を持つことが大切です。
19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座