2018年11月7日 更新

「いつかは住みたい」アムステルダムでの生活費

風車やチューリップなどで有名なオランダは、四季を通じて美しい景観が楽しめる国です。首都として発展するアムステルダムでは、それ以外にも、中世時代の趣を残す街並みも楽しむことができ、国内外から多くの人々が行き来しています。

gettyimages (24618)

2018.11.7
市内には、17世紀に作られた運河が網の目状に流れていることで知られ、その歴史的・文化的な意義から世界遺産リストにも登録されています。さらには美術館や広場など“フォトジェニック”なスポットが多いことでも、近年話題を呼んでいる都市の1つです。
そこで今回は、いつかアムステルダムで暮らしてみたいという人のために、実際に暮らす上で必要な生活費などを紹介します。一体どのくらいのお金がかかるのか? 日本の暮らしとどんな点が異なるのか? 今後の人生設計の参考にしてみて下さい。
(※ 記事では、1ユーロ(EUR)=130円として計算しています)

世界遺産都市の物件は少々割高

gettyimages (24633)

オランダの都市は、全体的に家賃が上昇していると言えます。特にアムステルダムは人気の都市ということで物件入居の競争率も激しく、1ベッドルームでも家賃の相場は1,000ユーロ(約13万円)を下回らないことが多いです。
そのため、家賃を抑えるために、シェアハウスの個室を賃貸するという選択肢も一般的です。共有のキッチン・トイレ・バスなどが付いて、上記の半額程度の相場で探すことができます。近年は女性限定の物件なども増えていることも、治安の面で心強いです。

貯蓄に余裕があり、すぐにでも生活を始めたい場合は、完全家具付きの契約がオススメです。その名のとおり、洗濯機や冷蔵庫、ベッドや机に至るまで賃貸に含まれており、引っ越し作業や買い物の手間が省けます。

家賃に加えて必要な光熱費に関しては、ほぼ日本と同程度の料金と見て問題ありません。インターネット等の通信費は日本より若干安く、街に出れば公共機関などが提供するWi-Fi環境なども充実しています。

移動に欠かせない自転車

gettyimages (24638)

オランダでは、自転車が最もポピュラーな交通手段となっており「自転車大国」とも呼ばれています。アムステルダムは、世界有数の自転車先進都市で“市民の数よりも自転車の台数の方が多い”という統計も明らかにされているほどです。
自転車移動のための整備が充実しており、市内のほとんどの道路には自転車専用レーンが設けられています。また、駐輪スペースも街の至る所に設置されており、停める場所を容易に見つけることが可能です。アムステルダム中央駅の裏には、数1,000台もの収容量を誇る世界屈指の大型駐輪場もあり、常に市民の自転車で埋め尽くされています。

30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」クロアチアでの生活費

「いつかは住みたい」クロアチアでの生活費

近年、日本でも人気急上昇の旅先となっているのがクロアチアです。アドリア海に面するバルカン半島に位置しており、その美しい自然と中世の街並みが調和した景観は、ヨーロッパ随一とも。特にドブロブニクは“アドリア海の真珠”とも称され、映画「紅の豚」のモデルになった街としても有名です。
「いつかは住みたい」セブ島での生活費

「いつかは住みたい」セブ島での生活費

白い砂浜に広がるエメラルドグリーンの海…セブ島は、世界中から観光客が集まる有数のリゾート地として知られています。マリンスポーツを楽しめるビーチやフォトジェニックなスポットが多いこともあって、近年はハネムーンの旅行先として日本でも人気を博しています。
「いつかは住みたい」ミラノでの生活費

「いつかは住みたい」ミラノでの生活費

ファッションの中心地、ミラノ。ミラノコレクションの開催地であり、中心街には一流ブランドの本店や旗艦店がずらり。洗練されたショーウィンドウを見ているだけでも気分がアガります。
カナダ ワーキングホリデー体験談 救急歯科で仕事してみた

カナダ ワーキングホリデー体験談 救急歯科で仕事してみた

ワーキングホリデーでイギリス、オーストラリアに並び大人気のカナダ。その理由は、「安全」「親日」「移民大国のため英語が苦手でも何とかなる」などが挙げられます。新たな体験を求め、カナダでのワーキングホリデーを選んだ理由や、一味違ったワーキングホリデー経験までご紹介します。
「いつかは住みたい」モスクワでの生活費

「いつかは住みたい」モスクワでの生活費

日本の約45倍の面積を誇る、世界で最も大きな国・ロシア。広さや気候などに関する知名度はもちろん、近年では盛り上がりを見せるフィギュアスケートの話題でも耳にすることが多いのではないでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部