2019年1月10日 更新

リフレクションとは?リーダー職にもたらす好影響や重要性を解説

「リフレクション」という言葉をご存知ですか?ビジネス、特に人事の分野ではよく耳にするこの言葉。人材育成の面で重要な考え方ですが、スタッフはもちろんリーダーにも大切な課題です。 今回は、リーダー職としてさらにステージアップするために心がけたいリフレクションについて解説します。

gettyimages (27624)

2019.1.10
リーダーとしての役割は、実務に携わるだけでなく、チームをまとめていく能力が非常に重要です。チームのメンバーがそれぞれスキルを活かし、大きな成果を上げるにはリフレクションが大きなカギを握ります。


リフレクションとは?

Coffee Mug Pen Mobile · Free photo on Pixabay (27627)

リフレクションとは、日本語で「内省」を意味します。仕事・業務について、一旦少し離れた状態で振り返り、考え方や行動などを客観的な視点でみることです。

具体的には、リフレクションの対象(プロジェクトなど)を選定し、それぞれを工程ごとに分類し、行動・考えについて振り返ります。各工程においてできていたこと、改善すべきこと、さらにできると思われることを分析し、ベストな方法をまとめ次に活かすのがリフレクションの主な流れです。
リフレクションによく似た言葉で「反省」がありますが、この場合は主に失敗に対し、間違いを正しくすることに着目します。リフレクションは、いいことも悪いことも含めてじぶんの行動や考えを静かに振り返ることが、次の行動に活かすきっかけへとつながります。

「反省」は過去を振り返り、ミスに焦点をあてるため、ややネガティブな印象を与えます。一方でリフレクションは、次の新しいやり方・考え方に気づくきっかけにもなるため、ポジティブな傾向にあるのが特徴です。

リーダーに「リフレクション」が重要な理由

リーダーにとってリフレクションが成功のカギを握る理由は、前例や現状のレベルに甘んじることなく、常に新しい考えを組み込んでいけるためです。結果として、常に経験から何かを学び取り、成長していける可能性が広がります。

職場では毎日が慌ただしく、行動や考えを振り返る余裕がないという場合もあるでしょう。しかし、忙しさにかまけていつも同じ行動を続けていれば、同じ結果しか得られないのではないでしょうか?
リフレクションを行なわないと、日々の行動に注意を向けることなく怠慢になりがちで、仕事を「ただこなすだけ」になってしまう恐れもあります。そうなると、仕事に対する新鮮さややる気も減少し、職場全体から活気が失われてしまうでしょう。

職場全体を活性化するには、リーダーとして新しい空気を注入する施策が必要です。リフレクションは、リーダー自身の行動だけでなく、チーム全体の行動や考えにも大きな影響を与えるはずです。

リフレクションで大切な3つのポイント

gettyimages (28391)

リフレクションでは、注目すべき3つのポイントがあります。
・実際に起こったできごとの内容
・他者などを含めたまわりの環境
・自分自身のこと
リフレクションで注意したいのは、他者など外的環境に問題があったのだと批判的な感情に走ってしまうことです。まわりのせいにしてしまうと、ついつい感情で判断してしまい、本来必要なリフレクションをはじめ、ベストな改善策を導けなくなってしまいます。
リフレクションでは、「誰が悪いか」に注目するのではなく、「どうしたらもっと良くなるのか」その方法を具体的に考え実行することを目指しています。

そして「間違い・失敗」にとらわれるのではなく、目指す理想像と実際の結果にどのような「違い」があるのかを見極め、ポジティブで建設的・客観的に判断することがポイントです。

21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

忙しい時こそ休憩を!仕事ができる人は脳の働き方改革をしている

忙しい時こそ休憩を!仕事ができる人は脳の働き方改革をしている

常に向上心を持つビジネスパーソンは当然のように、効率的に仕事をこなしていることでしょう。しかし、もし無駄な時間を作ることなく常に全力投球している人であれば、さらに生産性を高めることが可能です。実はちょっとした休息時間を取ることで、脳の機能をフルに活用することができます
仕事を効率化できる方法は3つだけ? デキる人はここを外さない

仕事を効率化できる方法は3つだけ? デキる人はここを外さない

仕事を効率化できる方法は、突き詰めれば3つだけです。PCやノートなどビジネスツールを有効活用する方法を含め、様々な情報粒度で仕事を効率化する方法論を紹介したメディアは無数に存在します。しかし、以下3ポイントを外してしまうと、高い確率で仕事の効率化に失敗します。
部下と「良い関係」を築く3つのコツ

部下と「良い関係」を築く3つのコツ

部下との関係はうまくいっていますか?仕事にも少なからず影響する上司と部下の関係。良好に付き合っていくためにはちょっとした気遣いや配慮も必要です。 部下との関係を良好にしたい方へ、3つのコツをご紹介していきます。
PDCAサイクルからはイノベーションは生み出せないのか

PDCAサイクルからはイノベーションは生み出せないのか

中国のイノベーションが世界でも注目されていますが、ユニコーン企業(評価額10億ドル以上のテクノロジー企業)数も日本を上回っています。理由は多々ありますが、日本で広く普及しているPDCAサイクルがイノベーションを生みにくくしているとの意見もあります。それは本当なのでしょうか。
日本起業家1位は「宇宙の掃除屋」アストロスケールCEO岡田氏

日本起業家1位は「宇宙の掃除屋」アストロスケールCEO岡田氏

経済誌Forbes JAPAN2019年の日本起業家ランキング1位のAstroscale(アストロスケール)創業者の岡田光信氏は、宇宙ゴミを除去する宇宙の掃除屋ビジネスを立ち上げました。エリート官僚出身ですが、ものづくり企業を結集する過程は人情溢れる物語でした。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

湊音 湊音