2019年8月25日 更新

原因は「脳の発作」 お金が貯まる体質に変わる方法

日頃のストレスを買い物で発散したり、逆に無駄遣いをした記憶がないのに、なぜかお金がなかったり。お金にまつわる不思議な現象は、多くの人にとって心当たりがあるのではないでしょうか。 大嶋信頼著『「お金の不安」からいますぐ抜け出す方法』より、お金が貯まらないという体質を変えるための考え方をご紹介します。

日頃のストレスを買い物で発散したり、逆に無駄遣いをした記憶がないのに、なぜかお金がなかったり。お金にまつわる不思議な現象は、多くの人にとって心当たりがあるのではないでしょうか。

大嶋信頼著『「お金の不安」からいますぐ抜け出す方法』より、お金が貯まらないという体質を変えるための考え方をご紹介します。

お金が貯まらないのは脳の発作が原因

クライアントさんたちの相談を聞いているうちに、「あ!なんでお金が貯まらないのかわかったかも!」と、だんだんそのメカニズムが見えてきたのです。

006ページより引用

心理カウンセラーであり、株式会社インサイト・カウンセリング代表取締役の著者は、米国・私立アズベリー大学心理学部心理学科を卒業。カウンセリング歴は25年で、臨床経験はのべ8万件以上であるといいます。

頑張って働いているのに、または節約しているのに、なぜかお金が貯まらないと不思議に感じている人は多いのではないでしょうか。

本著は、脳のメカニズムという切り口から、お金の問題について触れられています。「お金がない」と考えることによって、脳に発作が起きてしまうというのです。発作が起きていると破壊的な人格に変身してしまい、必要がないことにお金を使ってしまったりするのだとか。しかも、発作が起きているときの記憶は抜けてしまっているため、お金を使っていても、なぜかお金が貯まらないと思ってしまっている。

カウンセリングを通して脳の発作がおさまると、クライアントは実際にお金持ちになっていると語る著者。「なぜかお金が貯まらない」という不可解な状態から、ぜひ抜け出したいものです。

嫉妬が脳に発作を及ぼしている

簡単に言えば、「自分は正しい!」と自信を持っているときは、「あ!この状態が発作なんだ!」と考えることです。

021ページより引用

発作が起きている状態を自分で気づくためには、考え方にポイントがあるようです。

「自分は正しい!」と自信を持っているときが要注意。「いま、これを買わなくては」と焦る気持ちが出たときには、自分は発作を起こしているのだと捉えると良さそうです。

そもそも、どうして脳の発作は起きるのでしょうか。脳は無線LANのように、常にいろいろな人とつながっているのだといいます。他人の発作が脳のネットワークによって伝染し、自分も発作を起こしてしまう。つまり、自分がうまくいっていないときは、近くに発作を起こしている人がいる可能性があります。

特に、脳の発作の中でも、嫉妬はより強いエネルギーで伝染。脳のネットワークによって感電し、大きなダメージを受けてしまうようです。

人からの嫉妬、自分が人にしまっている嫉妬。嫉妬が脳に及ぼす影響を知っておくと、いつもとは違う気づきが得られそうです。

 

お金が貯まらない体質は改善できる

お金が貯まらないという状態は、体質であるという著者。体質は改善できるといいます。

たとえば、生真面目で礼儀正しいのに、なぜかお金が貯まらないという人がいます。この人は、常に正しいことをしていて、普通の人より一歩先のことが見えているため、正しくない人を見るとストレスを溜めてしまう。常に脳にストレスが帯電していて、あるとき、ドカンと大爆発してしまうというのです。

ドッカン体質の人が溜まる体質になるためには、「いまだけを生きる!」と唱えるようにしていくこと。周りよりも先々のことを考えられることは一見良いことのように見えますが、自分でも気がつかないうちにイライラしてしまっているものです。「いまだけを生きる!」の方が、人から好かれて助けてもらえるようになり、脳のストレスも軽減されるといえるでしょう。

脳とお金の関係は、想像以上に深いようです。幸せで豊かな人生を歩むためにも、脳の発作を意識して貯まる体質に変わりたいものです。

タイトル:「お金の不安」からいますぐ抜け出す方法
著者:大嶋信頼
発行:総合法令出版
定価:1,300円(税抜)

【前回の記事はこちら】
自分から売り込まない 人生100年時代に小さく始める大人の週末起業
今しておくべきことを知る 老後の生活をカバーする方法
コンビニで経済を感じる 身近な場所でアンテナを磨く方法

一人暮らしでもお金がたまる貯蓄方法とは?

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

価値観が多様化する現代 新たな金融システム「金融4.0」とは

価値観が多様化する現代 新たな金融システム「金融4.0」とは

働き方への意識が変わりつつある昨今。AIの台頭など、金融の世界においても変化が求められています。私たちは急速に変わりゆく社会の変化を、敏感に感じ取っておく必要があるでしょう。 田中道昭著『アマゾン銀行が誕生する日』より、新しい金融価値に関する考え方をご紹介します。
お金 |
堀江貴文のお金の習慣「お金は血液と同じ。流れを止めるな」

堀江貴文のお金の習慣「お金は血液と同じ。流れを止めるな」

なにかと話題に上がる堀江貴文さん。自身も多くの書籍を発売していますが、キングコング西野亮廣さんとの共同著書『バカとつき合うな』を出し、話題沸騰中です。 そんな堀江貴文さんの「お金」への考え方や、少しだけ変わっている使い方、習慣などを紹介していきます。
「サラリーマンが300万円で小さな会社を買う」作戦はアリなのか?

「サラリーマンが300万円で小さな会社を買う」作戦はアリなのか?

『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』という刺激的なタイトルの新書。Web「現代ビジネス」で500万PVの人気連載に加筆した形のビジネス本です。個人で会社をM&Aできる時代になりましたが、なぜサラリーマンが? なぜ300万円で小さな会社なのか? 副業や起業ではダメなのか? タイトルを目にして色んな疑問と興味が浮かび、実際に読んでみようと思った次第です。
自己確立 多数の成功体験から自分のかたちをつくっていく

自己確立 多数の成功体験から自分のかたちをつくっていく

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
自己投資は未来の自分のため!美容にかけるお金と時間は?

自己投資は未来の自分のため!美容にかけるお金と時間は?

女性の「美」を追求すると果てしないのが今の現代です。 「美」と言ってもスキンケアからボディメンテナンスまで様々ですが、美意識が高い人は、美容に対して自己投資を惜しみません。 今、美容にお金や時間をかけておくことで、何歳になっても綺麗でいられるのではないかという自信にもなります。 しかし、間違った美容の自己投資や時間の使い方などをしている人も中にはいます。 この記事では、想像する未来の自分のために、今の美容への自己投資の方向性が本当に正しいかどうか、お金や時間の使い方なども解説していきます。
お金 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部