2019年4月15日 更新

作業効率が上がるオフィスのデスク配置は?仕事別におすすめ紹介

春は、人事異動があり新人も迎えてオフィスの模様替えに良い季節です。デスクのレイアウトを変えると気分も働きやすさも変わるでしょうか? レイアウトは大きく分けて6つのタイプがあり、それぞれ一長一短と、職種や仕事の中身による向き、不向きがあります。

gettyimages (35465)

2019.4.8

「島型」はコミュニケーションがとりやすい

gettyimages (35481)

オフィスのデスクのレイアウトには、大きく分けて6つのタイプがあります。それを簡単にご紹介します。

●島型(対向型) 日本ではオーソドックスなタイプで、グループごとに「島」の中で向き合います。島の端にグループリーダーのデスクがつくと、座ったまま簡単な会議ができるなどコミュニケーションがとりやすいレイアウトです。

●同向型(並列式) 学校の教室のようにデスクを同じ向きに並べるレイアウトです。リーダー(管理職)のデスクは、学校の教壇のように部下全員に向きあうパターンもあれば、一番後ろから部下全員の背中を見ているパターンもあります。

●背面型 お互いに背中を向けあうレイアウトです。小さな部屋であれば窓や壁に向かって座ります。デスクとデスクの間に仕切りを設ければ、仕事中に他の人の視線に邪魔されませんが、振り向けばコミュニケーションがとれます。

●ブース型 デスクの仕切りが人の背の高さほどある「半個室」のタイプで、隣から見えにくいのでプライバシーが守られます。欧米発祥で外資系企業で好まれているタイプです。

●クラスター型(左右対称型) 道路の上り線と下り線を走るクルマのように、左右のデスクがお互い反対向きで並んだタイプです。横を向けば、隣の人やその左右の人とコミュニケーションがとれます。

●フリーアドレス型 デスクのレイアウトは島型ですが、各自の座席は決まっていません。必要なときに空いているデスクに自由に座り、ノートパソコンのケーブルをつないで使います。

6タイプそれぞれのメリットとデメリット

gettyimages (35493)

●島型(対向型)
メリットはコミュニケーションがとりやすいことで、少ないスペースを有効に使えます。デメリットは前の人の視線が気になり、プライバシーもあまり確保できないことです。
●同向型(並列式)
メリットは隣の視線を気にせずに仕事に集中しやすく、コミュニケーションもとりやすいことです。デメリットは管理職にいつも監視されているような感じがすることです。
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

かつて「仕事がデキる人」といえば、自分の仕事を一人でこなす「完璧超人」のようなイメージだったかと思います。しかし、最近は働き方の変化により、仕事がデキる人の定義が少しずつ変わってきているのです。 今回は今の時代にこそ必要とされる「仕事の巻き込み力」について紹介していきたいと思います。
良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

『最高品質の会議術』を著した前田鎌利氏は会議の生産性をアップさせるためには、「30分以内に終える」「参加者は少人数に絞る」「主要資料は1枚だけ」「段取りに手間と時間をかける」「報告にネクストステップを加える」という5つのポイントがあるといいます。
Evernoteを仕事で活用する方法|効率が上がる使いこなしのコツ

Evernoteを仕事で活用する方法|効率が上がる使いこなしのコツ

2010年頃には非常に話題となったデジタルノートEvernoteですが、価格改定があったり、Google keepなどの競合製品が話題になるなどして、いまでは下火になっているようにも思えます。今回は、Evernoteの使いこなしについてご紹介します。
仕事ができる人の特徴は?できない人にならないための注意点4つ

仕事ができる人の特徴は?できない人にならないための注意点4つ

仕事をスピーディーかつ正確にこなす人には憧れるものです。そんな「仕事のできる人」にはいくつかの共通点があります。反対に、仕事ができない人にも特徴があるようです。それぞれの特徴を把握して、職場で意識して動くことで仕事のスキルアップができます。
アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

クリティカル・シンキングの力や国際性が重視されるビジネス環境となった今、リベラル・アーツ研修や講習に参加する社会人が増えています。リベラル・アーツの知識を深めることも大切ですがその知識をアウトプットする力が重要です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部