2018年7月24日 更新

〈草刈民代〉試行錯誤の結果の小さな「到達」を繰り返す。旦那さんは「燃費の悪い女」と(笑)

「お金とは、エネルギーである(草刈民代)」

2018.7.13

人生の第二幕。女優としての人生がスタート。

STAGE編集部:まず立ちはだかった壁とは?
草刈:専門的な話になりますけど、バレリーナの身体って声を出すための身体じゃないんです。腹筋もガチッと固まっていて、そこまで筋肉があると逆に声が響かない。
首も病院の先生に診てもらったら、「こんな首筋は見たことがありません。剣の達人の首みたいだ。」と言われてしまい…逆に自律神経を崩してしまうのではないかと心配されました。

そこで根本から見直して、声を出す身体にシフトしていく必要があったのですが、35年もかけて作りあげたものだからそうそう壊れないんですね。レッスン、トレーニング、メンテナンス、治療と、いろいろ試行錯誤をしながら、10年ぐらいかかってやっと変わってきました。だから今でも一番お金を使っているのはそういったメンテナンスや発声などのレッスン費だと思います。
STAGE編集部:それはまるで、自分の人生を賭ける投資家のよう
草刈:そうかもしれませんね。でも、自分としては「投資」というよりも「実験」に近い感覚なんです。というのも、実際にレッスンを受けてみないと何が得られるか分からないことも多くて。結果的に新しい発想が得られることもあるんですが、最初からそこを見込んでやっているわけではないんです。投資というのは、お金を増やすことを目的としたものなのだと思いますが、レッスンは具体的に自分を磨いていく時間ですからね。
稽古というのは発想を得る場でもあります。表現する人にとっては一番大事な場です。新たな人のレッスンを受けるような場合、その時間が有効になるのかどうかもわからないところがありますが、良いと思ったら何でもやってみることにしています。何が得られるかわからないから。自分の直感にお金をかけられるかどうかも、大事なことだと思いますね。でも、例えハズレがあっても、文句は言いません(笑)
STAGE編集部:35年間かけて作り上げたものを壊す。それだけでも勇気がいる事、しかしさらに試行錯誤を常に繰り返す。
草刈:試行錯誤の結果得られるものは、ある意味「到達」なんですね。どんなに小さな事でも到達すれば、じゃあ次は別の場所に到達したい。新たな場所を知った時点で「次へ!」という循環。その繰り返しです。
STAGE編集部:そんな草刈さんについて、映画『Shall Weダンス?』の監督でもあり夫の周防行正氏はどのように見ているのか。
35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部