2018年7月24日 更新

〈草刈民代〉試行錯誤の結果の小さな「到達」を繰り返す。旦那さんは「燃費の悪い女」と(笑)

「お金とは、エネルギーである(草刈民代)」

2018.7.13

人生の第二幕。女優としての人生がスタート。

STAGE編集部:まず立ちはだかった壁とは?
草刈:専門的な話になりますけど、バレリーナの身体って声を出すための身体じゃないんです。腹筋もガチッと固まっていて、そこまで筋肉があると逆に声が響かない。
首も病院の先生に診てもらったら、「こんな首筋は見たことがありません。剣の達人の首みたいだ。」と言われてしまい…逆に自律神経を崩してしまうのではないかと心配されました。

そこで根本から見直して、声を出す身体にシフトしていく必要があったのですが、35年もかけて作りあげたものだからそうそう壊れないんですね。レッスン、トレーニング、メンテナンス、治療と、いろいろ試行錯誤をしながら、10年ぐらいかかってやっと変わってきました。だから今でも一番お金を使っているのはそういったメンテナンスや発声などのレッスン費だと思います。
STAGE編集部:それはまるで、自分の人生を賭ける投資家のよう
草刈:そうかもしれませんね。でも、自分としては「投資」というよりも「実験」に近い感覚なんです。というのも、実際にレッスンを受けてみないと何が得られるか分からないことも多くて。結果的に新しい発想が得られることもあるんですが、最初からそこを見込んでやっているわけではないんです。投資というのは、お金を増やすことを目的としたものなのだと思いますが、レッスンは具体的に自分を磨いていく時間ですからね。
稽古というのは発想を得る場でもあります。表現する人にとっては一番大事な場です。新たな人のレッスンを受けるような場合、その時間が有効になるのかどうかもわからないところがありますが、良いと思ったら何でもやってみることにしています。何が得られるかわからないから。自分の直感にお金をかけられるかどうかも、大事なことだと思いますね。でも、例えハズレがあっても、文句は言いません(笑)
STAGE編集部:35年間かけて作り上げたものを壊す。それだけでも勇気がいる事、しかしさらに試行錯誤を常に繰り返す。
草刈:試行錯誤の結果得られるものは、ある意味「到達」なんですね。どんなに小さな事でも到達すれば、じゃあ次は別の場所に到達したい。新たな場所を知った時点で「次へ!」という循環。その繰り返しです。
STAGE編集部:そんな草刈さんについて、映画『Shall Weダンス?』の監督でもあり夫の周防行正氏はどのように見ているのか。
35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈村上佳菜子〉ソチオリンピック後、浅田真央と「引退」について語った日

〈村上佳菜子〉ソチオリンピック後、浅田真央と「引退」について語った日

2010年「世界ジュニア選手権」に優勝して頭角を現すと、「ソチオリンピック」シーズンには序盤の不調を覆す大逆転劇を演じて代表切符を獲得。輝かしい成績を残して2017年にフィギュアスケート競技生活からの引退を表明しました。現在はプロとしてアイスショーに出演しながら、その笑顔をバラエティ番組で見る機会も日に日に増えている村上佳菜子さんの人生の軌跡とは?支えてくれた家族との絆、そして同じリンクで育った浅田真央さん、宇野昌磨選手とのエピソードも明かしてくれました。
日本とアーティストを元気にする私なりのやり方〈三木アリッサ〉

日本とアーティストを元気にする私なりのやり方〈三木アリッサ〉

2018年Forbes JAPAN「地球で輝く女性100人」に最年少で選出された三木アリッサさん。 イスラエル専門商社勤務時代に立ち上げた「イスラエル女子部」が大当たりし、三木さん自身もインフルエンサーとして、脚光を浴びました。その三木さんが、次にジョインしたのはプログラミング教育ベンチャーのLife is Tech !。アメリカ法人を立ち上げる準備の真っ最中にお話を伺いました。
インフルエンサーが必要なら、自分がなろう〈三木アリッサ〉

インフルエンサーが必要なら、自分がなろう〈三木アリッサ〉

2018年Forbes JAPAN「地球で輝く女性100人」に最年少で選出された三木アリッサさん。 イスラエル専門商社勤務時に「イスラエル女子部」を立ち上げ、自らをインフルエンサーに育てて注目されました。現在はプログラミング教育ベンチャーのライフイズテック株式会社にジョインし、アメリカ進出に向け準備中。キャリアを作るとはなにか?を三木アリッサさんにききました。
〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/買って学ぶ

〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/買って学ぶ

5年前、原宿の美容業界のお洒落エリート一辺倒路線に反旗を翻し、ライバルスタイリストとともにサロンOCEANTOKYOを立ち上げた高木琢也さん。現在6店舗を展開する経営者であり、長らくカリスマ不在だったの台風の眼のような存在だ。そんな高木さんの「お金観」とは。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部