2019年4月5日 更新

LGBTQのQって何? 日本独自の言い方ではXジェンダーとも

LGBTQのQ、XジェンダーはLGBTとは異なる性の在り方。2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックは「共生社会の実現」というテーマを掲げています。日本が国際的に存在感を示す重要なチャンスです。まずはLGBTQについて理解を深めましょう。

gettyimages (35322)

2019.4.5

LGBTQって何? QやXジェンダーはどういうセクシャリティ?

gettyimages (35323)

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向け、大会組織委員会は2018年のアクション&レガシープランで「共生社会の実現」というテーマのもと、「障がい者やLGBTの人々を含めた多様な個性を持つ人々」が参画できる活動を展開すると発表しました。
ここでLGBTは性的マイノリティの意味で用いられていますが、実際にはLGBTの他にさらに多様な性自認の人がいることに注意しなければなりません。LGBTはもとより、LGBTにおさまらない人々(Q)についても知っておく必要があります。
まずはLGBT。Lはレズビアン(性自認が女性で、女性を愛する人)、Gはゲイ(性自認が男性で、男性を愛する人)、Bはバイセクシャル(性自認にかかわらず、男性も女性も愛せる人)、Tはトランスジェンダー(身体的性別と性自認が一致していない人)を指します。
このLGBTの後ろにQをつける場合、Qには2つの意味があります。
・Qの1つ目の意味:「クエスチョニング」。自分の性別がわからない人、意図的に決めていない人、模索中の人など

・Qの2つ目の意味:「クィア」。男か女か、同性愛者か異性愛者かといった枠組み自体にとらわれない在り方をする人々
このクィアに近い日本独自の言い方に、X(エックス)ジェンダーという性自認があります。

両性? 中性? 無性? Xジェンダー内の多様性と恋愛・仕事の悩み

gettyimages (35334)

Job Rainbowによれば、Xジェンダーで主な分類として用いられている4つの性別は、以下のようになっています。
・両性:男性でもあり女性でもあるという性自認。心の男女の割合は一定。
・中性:男性と女性の中間が自分の性別だとする性自認。
・無性:男性・女性どちらの要素も持たないという性自認
・不定性:自分自身の性自認が流動的な性自認。両性のうち、日によって男性・女性の割合が変化する人も不定性
男か女かという二元論に当てはまらないXジェンダーは、恋愛や仕事でさまざまな悩みに直面します。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「ポリコレ」とは? 今さら聞けない、ハラスメント防止にも重要な視点

「ポリコレ」とは? 今さら聞けない、ハラスメント防止にも重要な視点

ポリコレという言葉を聞いたことはありますか。一部では悪評高い言葉ですが、グローバル化し多様性を重んじる社会にあっては無視できない概念です。ポリコレという概念を理解し、無自覚な差別やハラスメントに加担しない視点を身につけましょう。
「ファクトフルネス」で常識をアップデート!世界の今を正しく知る!

「ファクトフルネス」で常識をアップデート!世界の今を正しく知る!

ネットでどんな情報にも簡単にアクセスできる時代になって久しくなりましたが、最近はその“副作用”に困っている人も多いのではないでしょうか? 例えば、拡散される「デマ情報」や、情報が正しくないのに検索上位に出てきてしまう「まとめサイト」など。無駄な情報を省いて手に入れたうえで、それが正しいのか自分でチェックする能力が必要になってきていると感じます。
人材育成は全社の課題。OJT頼みはもう古い

人材育成は全社の課題。OJT頼みはもう古い

今、人材育成は急務となっています。少子高齢化が進み、AIなどの新技術が発達する中、企業の成長には人材育成が必要不可欠なのです。なぜOJTだけではダメなのか、どのような人材をどうやって育てたらいいのか、現在の日本企業に必要な人材育成のあり方を掘り下げます。
AIは日常風景へ。暮らしの中のAIから森ビルの実証実験まで

AIは日常風景へ。暮らしの中のAIから森ビルの実証実験まで

AIなんて遠い世界のことだと思っていませんか。AIを活用した機能やサービスは世界中で広まっており、私たちの普段の生活の意外なところでAI技術が使われています。森ビル株式会社が行う実証実験も日本のAI時代を切り拓く一つの鍵となりそうです。
企業内保育所、子連れ出勤OK…あなたの会社は子育てに参加していますか?

企業内保育所、子連れ出勤OK…あなたの会社は子育てに参加していますか?

日本人のライフスタイルや価値観は変化しているのに、企業慣習はなかなか変わらない――その具体的な問題のひとつが、出産・育児期の社員に対する企業の支援。育児中でも働くことを可能にする企業内保育施設について調べてみました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部