2018年3月31日 更新

「香りを食べる」オーガニックローズのアイスクリームができたわけ

新進気鋭のシェフ田村浩二氏がプロデュースしたハイセンスなバラのアイスクリームFRAGLACE。 オーガニック栽培のバラ「YOKOTA ROSE」を香り高く閉じ込めた逸品で、甘さをぐっと抑えた大人の味わい。甘さが香りを邪魔しないので、バラそのものの香りを食べる感覚を楽しめます。

小澤:そのレシピをまた、施設のスタッフが、しっかりと実装できないといけないので、大変です。
田村:自分の想定してた仕上がりと、必ず同じものができてこない、っていうのが最初すごく大変でした。自分が現場で作るわけではないので、1回作ってできたもの食べて、こうしましょう、って落とし込んでいきました。
小澤:希少なバラですし、生産者に正当なリターンをするので、どうしても普通のアイスクリームとは、値段が違います。ワンカップ900円なので。だから、しっかりストーリーを伝えるところも、頑張っていきたいです。

STAGE編集部:もともと、生産者を応援したいという思いは強かったんですか?

田村:そうですね。現場に行ってお話をすると、農家さんに、こういうものを作っているんだけど、どこに販売したらいいかな、とか相談されます。今後、担い手も探さないといけないという問題も切実です。僕らがPRして、実際に野菜などを使い、それを発信するというサイクルを続ける中で、農家さんに注目が集まって収益も上がり、若者が農業ってかっこいいんだな、やりがいがあるんだな、となるといいなと思います。将来、自分達が料理を作る時に、いい食材が手に入らないとなったら、自分達の首を絞めることになります。いい料理を作る前に、まずいい食材を守っていくっていう部分を、もっと意識して、やっていきたいな、っていうのはあるんですよね。料理人である僕達が守っていかないと。
小澤:僕は日本全国の生産者を回って取材をして、ホームページを1日で作ったら、次の生産者へ……ということを2年間ぐらい繰り返し行っています。取材したのは延べ200名程ですね。その中にはプレゼンテーション上手な生産者さんもいるんですけど、アーティストのようにものづくりに振り切っている人って、PRの部分に興味が無かったりするんですよね。まさに横田さんもそう。ただ、横田さんもいいレストランに取り扱ってほしいし、バラ自体の知名度をもっともっと上げたい、という思いは強く持っています。そういうことが自分は得意じゃないから、小澤君ブランディングをお願いできないかと。何人かからお声掛け頂いたので、じゃあその気持ちに応えられるように頑張ろうって、このチームを組むことにしました。

STAGE編集部:お二人の「キャリア」についての考えを教えてください。

小澤: 僕はヤフージャパンの出身です。インターネットのマーケティングを勉強して独立しました。職種でいうとマーケターに属すると思います。「マーケティング」というと、非常に範囲が広いのですが、僕の場合は自分で写真も撮りますし、コピーも書きます。ホームページも作って、その後のプロモーションも全部自分でやっています。学生時代に「いいものを作る生産者を、ITでPRして収益化すること」を目標として定めてからは、そのために必要なスキルを横断的に身につけることを意識してやってきました。岡島悦子さんがおっしゃっている「キャリアドリフト」って考え方が好きで、ある程度の方向性を決めて、そこに漂いながらも徐々に向かっていくような、少し緩めのキャリア設定をしています。
田村:僕は12、3年、料理人として働いてきて、労働時間が長い、給料が少ない、休みが少ない、っていうのが今まで当たり前だったんですよ。でも料理人の在り方って、このままでいいのかな、っていうのをすごく感じるんですね。

大体料理人は、10年修行して、自分の店を出せば、一人前。そこからどう稼いでいくかみたいなところは、あまり話に上がりません。でも店を出した後どう生きていくかの方が大事なのに、シェフも、先輩もそういう話を全くしないんですよ。しないと言うより、できないんです。僕たちが、お店でシェフのもとで働いて学ぶことって、基本的には調理技術なんですよね。どういう作業をして、どういう食材を使って、どういう風に組み合わせていくか、しか知らない。お店を持った時に必要なことの話、たとえばお店にかかる経費がいくらで、実際、料理の原価率はどれくらいにして、どれくらいの人数を集客できると、これぐらい利益が残るから、生活ができるよね、という話は、全く無いんです。だからみんな、ひとりで手探りでやってくいんですね。結果、一部の、経営能力がある人のお店だけが流行って、有名シェフになっていくっていう。それ以外の人は、小さなお店をやって、夫婦2人でずっと営業して、子どもも作れないし、奥さんが休んでしまうと、1人でお店を回さなきゃいけなくなるから、ずーっと2人で、細々とやっていかなきゃいけない。そういう人が多いんですよ。それが幸せなら、それでもいいと僕は思うんですけど、それが幸せって言ってるのは、僕はちょっと嘘だと思う。
やっぱりお金を稼げるってことは、自分達がやっていることに対しての価値を、周りの方が見出してくれているってことなので。
まず、長く働くってのをやめるにはどうしたらいいか考えています。自分達で「技術料を料金に乗せます」って宣言して実行して、業界の体質を変えなければ。あとは、レストランという形の収益だけではなくて、自分の持っている技術と知識を、別の場所で別の形で、アウトソーシングしていく、という収益体系を作っていかないといけないと思うんです。
自分がいないと、お店のクオリティが下がってしまうなら、お店にいないといけないと思うんですよ。でも、ちゃんとお店のクオリティを保てるだけのシステムを作れるんであれば、それ以外の場所でも同じように構築していけばいいだけなので。そのためには、言葉で伝えられる、レシピで文章化したりだとか、数値化して伝えることができる、っていう能力も大事。そうしてスケールしていきたい。僕はそういうものの1つとして、アイスクリームを一緒にやらせてもらっています。
バラのアイスクリームは、たべられる花屋「EDIBLE GARDEN」の事業の一環です。「EDIBLE GARDEN」では「NPO法人歩実」のエディブルフラワーをはじめ、YOKOTA ROSEを販売。これら農福連携事業が評価され、買うことで社会貢献ができる商品やサービスを表彰する「ソーシャルプロダクツアワード2018」を受賞しました。

https://fraglace.jp/ にて購入が可能です。

EDIBLE GARDEN

小澤亮・木村龍典・田村浩二が手がける日本で唯一の農薬不使用のエディブルフラワー(食べられる花)専門店。指定の生産者による国内最高品質の食用バラをはじめ、ミシュランガイド星付きレストランでも愛用されるエディブルフラワー各種を取りそろえる。農福合体の試みが評価され、2018年ソーシャルプロフダクツアワードを受賞する。バラのアイスクリームもEDIBLE GARDENの商品。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

イタリア旅行のお土産に!スーパーで買える本格オーガニック食材

イタリア旅行のお土産に!スーパーで買える本格オーガニック食材

海外旅行の楽しみの一つは、地元の人たちの日常生活の中に溶け込むスーパーマーケットでのお買い物。日本に輸出されているメジャーなものもあれば、聞いたこともないブランドや食材もあり。観光地として日本でも大人気のイタリアでは、どんなスーパー利用法があるでしょうか?
<エネコ・アチャ>スペイン史上最年少三ツ星シェフの考える、美食とお金、そして人生の価値とは?

<エネコ・アチャ>スペイン史上最年少三ツ星シェフの考える、美食とお金、そして人生の価値とは?

スペイン史上最年少でミシュラン三ツ星を獲得し、米エリートトラベラー誌が選ぶ「世界のベストレストラン」第1位にも輝いた若き天才料理人、エネコ・アチャ・アスルメンディさん。スペイン・バスク地方にある「アスルメンディ」は世界中の美食家が羨望する三ツ星店である。エネコシェフを追いかけたドキュメンタリー映画『世界が愛した料理人』は昨年、ベルリン国際映画祭でも話題に。天才料理人の考える「美食とお金、そして人生の価値」とは?(日本では2018年9月22日より公開)
ワインや本格イタリア料理が体験できるおいしいイタリア語留学

ワインや本格イタリア料理が体験できるおいしいイタリア語留学

数千年も前から進化を続けてきたイタリアの食文化。その歴史や概念は非常に奥深いものがあります。時間をかけ、切磋琢磨するシェフやワイナリーのオーナーたちの不断の努力は、イタリアの食文化を進化させ続けています。イタリア語を学びながら深い食文化に触れてみませんか。
ひとりでワインを選べるようになる方法

ひとりでワインを選べるようになる方法

レストランやワインショップで、その日の気分に合わせてさらりとワインを選ぶことができると非常にスマートです。 もちろん異性の貴方を見る目も変わるかもしれませんし、それ以上にワインを自由に選ぶことは貴方自身のライフスタイルを豊かにしてくれます。
ワインを愛する富裕層のバカンススタイル「エノツーリズモ」

ワインを愛する富裕層のバカンススタイル「エノツーリズモ」

古代ローマ時代の富裕層が愛した「ワイン」と「閑暇」。 この奥の深いふたつのキーワードを体現したのが、「エノツーリズモ」といわれる観光です。世界各地にあるワイナリーは、豊かな自然に囲まれているという立地条件により、すでにそれだけで閑雅な閑暇を過ごすには絶好のシチュエーション。これを利用した観光業が、昨今のブームとなりつつあるのです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座
お金と投資のセミナー情報(無料)

お金の教養講座

おすすめ

お金の教養講座

⼤⼈として知っておきたいお⾦の知識。
⼈⽣そのものを充実させるためのお⾦の基礎講座

月5万円で資産1億円を目指すゴイチセミナー

1億円を作った人が実践してきた「資産運用のルール」を真似しよう


ファイナンシャルアカデミー公式SNS