2020年2月4日 更新

日経ヘルス編集長に聞く!健康で美しく働き続けるための2020年健康トレンド

医学の進歩により人生100年時代がやってくるなか、ビジネスパーソンにとって、ただ寿命を伸ばすだけでなく、ベストパフォーマンスを出し続ける健康な体づくりの方法を知っておきたいものです。今から取り入れるべき健康法や2020年の健康トレンドについて、日経ヘルス編集長の白澤淳子さんにうかがいました。

2020.2.4

日経ヘルスが注目するのは「腸」

STAGE編集部:特に注目している健康法を教えてください

日経ヘルスは、創刊時から「腸」に注目し、ずっと取材してきました。
これまで、腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすことが大切とされてきましたが、解析方法の進化などにより、研究が進み、「多様な腸内細菌が存在すること」が重要なのではといわれ始めました。
2020年2月号でも紹介していますが、実際に、健康な人ほど、腸内細菌の多様性が維持されているとわかってきました。腸を健康に保つのは、ひとつの健康法と言えると思います。
STAGE編集部:腸内環境は、体にどう影響するのでしょうか

腸内細菌が出す物質(代謝物)のなかには、強力な殺菌力で有害な細菌から腸を守る物質や、長寿との関連が注目されている物質もあります。
最近は、腸内細菌と、全身の病気との関連にまつわる研究が進み、うつ病や認知症、肥満の人では、腸内細菌の多様性が低下していて、バランスが崩れている人が多いという研究結果もあります。

おもしろい話で、歯周病菌が腸内環境の悪化の原因になっている可能性があるということもわかりました。お口のケアも、腸の健康を保つために大切だと考えられます。芸能人の方など著名な方が歯のケアを大切にしてらっしゃいますが、本当にそうなんですね。
どこを起点に考えるかですが、腸内環境をよくすることは体全体の健康につながるのではと思っています。
STAGE編集部:腸内環境を整えるためには具体的にどうしたら良いですか

腸内細菌の多様性を高めるにはどうすればいいかは、まだはっきりとわかっていないようです。ただ、日経ヘルスでは、お通じを良くすることは大切だろうと考え、便秘を改善するセルフケアをよく紹介しています。食物繊維と発酵食品が2大テーマで、食物繊維豊富な野菜、果物、きのこ、海藻、麦と、納豆やヨーグルトなど発酵食品の手軽なレシピを掲載しています。

機能性乳酸菌の商品も次々と登場しているので、試されるのも手ではと思います。最近は、目の疲れや鼻の不快感、ストレスなど、乳酸菌の様々な機能をうたった機能性表示食品も増えています。
STAGE編集部:自分に合った乳酸菌の選び方は

専門家の方によって意見は異なるのですが、1、2週間とってみて腸の調子が良くなる食品を選ぶと良いといわれています。
あとは、腸内細菌検査のサービスもあります。その結果から、自分の腸内にはどんな菌が多いのか、多様性の度合いなどもわかるようになってきました。

忙しい人におすすめ!2020年注目のトレーニング

STAGE編集部:2020年に注目しているトレーニングはありますか?

短時間でトレーニングしたい方を中心に、EMS(筋電気刺激)スーツを着用して15~20分でトレーニング効果が得られる「時短ジム」が注目されています。X BODY Lab やSIXPAD STATION など続々オープンしています。これは、短時間で全身を鍛えられるので効率的です。
月会費は少し高額なところもありますが、お金があって時間をどう使うかということを重要視している人は選んでいます。私も体験しましたが、トレーナーが出力を調節して、つきっきりでやってくれました。けっこうビリビリきます。

最近は、マシンピラティスの施設も増えています。これまで、ピラティスは、パーソナルトレーナーがついて専用マシンを使って行うか、各自マットを敷いて集団で行うレッスンが多かったのですが、最近増えているマシンピラティスの施設は、各自がベッド型のピラティス専用マシンを使って集団で行います。

CLUB PILATESという北米600店舗展開しているスタジオがありますが、2019年12月に恵比寿に1号店が開業しました。ほかにも、Pilates Kは銀座や大阪など全国5店舗展開しています。マシンピラティスの施設はこれから増えていくと思います。私自身、整形外科の医師に腰痛対策にはピラティスだと勧められ、8年くらい続けています。体幹をしっかり支える筋力がつき、続けていたら腰痛にならなくなりました。

健康維持のために今すぐはじめるべきは「筋トレ」

STAGE編集部:健康を維持にするために、これだけはやっておくべきというものはありますか?

その人の置かれている状況によって異なりますが、運動は重要な要素だとわかっています。「どうしても時間がなくて一つしかできないなら、なにを続けるべきですか?」と聞くと、「スクワット」とおっしゃる専門家が多いですね。もちろん筋トレは全身行った方が良いですが、どれか一つやっておくのであれば、スクワットです。
私も、仕事中に自分の席で、何度かゆっくりと立ち座りしてやっています。もちろんプランクもいいですが、ハードなので、スクワットの方が取り入れやすいようですね。
わざわざできないのであれば、階段の上り下りだけでも意識的に行うといいと思います。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

罪悪感を覚える人に!ジムに通えない時にできることを解説

罪悪感を覚える人に!ジムに通えない時にできることを解説

ジムに通っている日数が多い人ほど、通えない期間が続くことで罪悪感や焦りを覚える傾向にあります。その結果、心身に悪影響を及ぼすことがあるため注意が必要です。今回は、ジムに通えない時におすすめのマインドセットや行動について解説していきます。
40代が痩せにくい原因は?おすすめのダイエット法と注意点を徹底解説

40代が痩せにくい原因は?おすすめのダイエット法と注意点を徹底解説

40代に入り「20代や30代の頃と同じようなダイエットをしてもなかなか体重が落ちない、すぐにリバウンドする」と悩んでいる女性は少なくありません。そこで今回は、40代女性におすすめのダイエット法や注意点について解説していきます。
筋トレを活用したマインドフルネス習慣|心身のリフレッシュにオススメ!

筋トレを活用したマインドフルネス習慣|心身のリフレッシュにオススメ!

精神のデトックスをすることで、ストレス解消や集中力アップ効果が期待できるマインドフルネス。しかし、瞑想のコツがつかめない人は少なくありません。そこで今回は、筋トレを利用して効果的にマインドフルネス習慣をつける方法について解説していきます。
もう迷わない!プロテインの効果的な飲み方|種類や量、タイミングは?

もう迷わない!プロテインの効果的な飲み方|種類や量、タイミングは?

プロテインには、筋力アップやダイエットをサポートする働きがあります。しかし、運動後にただ飲むだけでは大きな効果は期待できません。そこで今回は、プロテインの種類や飲むタイミング、1日に必要な摂取量などについて解説していきます。
自宅でできるイスを使った筋トレ法|全身の効率的な鍛え方

自宅でできるイスを使った筋トレ法|全身の効率的な鍛え方

自宅でできる自重トレーニングは、床で行うものばかりではありません。ダイニングチェアのような背もたれがあり安定感のあるイスを利用する方法もあります。そこで今回は、イスを1~2脚使って全身を鍛える筋トレ法について解説していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座
お金と投資のセミナー情報(無料)

お金の教養講座

おすすめ

お金の教養講座

⼤⼈として知っておきたいお⾦の知識。
⼈⽣そのものを充実させるためのお⾦の基礎講座

「ビギ卒」株式投資セミナー

どんな株価相場でも、チャンスに変えて
安定した利益が出せる投資家になるための講座

お金の教養講座 for woman

ランチ時間にサクッと気軽に学べる⼥性のための
マネー⼊⾨講座です。


ファイナンシャルアカデミー公式SNS