2019年8月31日 更新

自分から売り込まない 人生100年時代に小さく始める大人の週末起業

人生100年時代、定年後に少しでも自分で稼ぐ力をつけておきたいと考え始めている人は多いのかもしれません。とはいえ、何をどう始めたらいいのかがわからないという一面もあることでしょう。 藤井孝一著『大人の週末起業』より、大人が始めるにあたって知っておきたい週末起業の考え方をご紹介します。

人生100年時代、定年後に少しでも自分で稼ぐ力をつけておきたいと考え始めている人は多いのかもしれません。とはいえ、何をどう始めたらいいのかがわからないという一面もあることでしょう。

藤井孝一著『大人の週末起業』より、大人が始めるにあたって知っておきたい週末起業の考え方をご紹介します。

人生100年時代の週末起業

定年は、倒産やリストラと違って、いずれ誰もが直面する問題だからです。他人事でいられる人はいないのです。そして、準備は早いほうがいいのです。

007ページより引用

経営コンサルタント(中小企業診断士)であり、株式会社アンテレクト取締役会長を務めている著者。大手金融会社で営業・マーケティングを担当するかたわら、中小企業と起業家の活動をサポートする活動を3年間行った後に独立。「在職中からお金をかけず、低リスクで始める起業スタイル」を「週末起業」と名付けて、その普及に尽力してきました。

著者が週末起業について提唱を始めたのは、実に20年前のことです。当時、起業といえば、清水の舞台から飛び降りる覚悟で会社を辞めて始めるものという認識が、世間一般的であったようです。現在、週末起業は決して珍しいものではなくなってきています。

しかし、新しい課題が出てきました。人生100年時代において、自力で稼ぐ力を身につけておかないと食べていけないということ。定年を迎えて会社を辞めても自力で稼げるように、会社にいるうちから自分のビジネスを作っておく必要が出てきたのです。

人生の後半もあらゆる意味で豊かに生きていけるように、その方法を知っておきたいものです。

小さなビジネスから始める

その力を身につけるには、自分のビジネスを始めてしまうことをお勧めします。自力で稼ぐ力を身につけるには、実地で試行錯誤しながら訓練することが一番だからです。

072ページより引用

どんなに本を読みセミナーに参加しても、本物の稼ぐ力は身につかないと著者はいいます。力をつけるためには、少額であっても会社の肩書に頼らずに自分の手で実際にお金を稼いでみること。そこで、初めて使いものになる稼ぐ力がつくのだとか。

起業というと大ごとになりそうな印象を受けがちですが、個人事業主やフリーランスとして、小さく自分一人で始めるビジネスで十分だといいます。

そして、それほど稼がなくていい。定年後の家計は、年金収入を柱として足りない分を自分の稼ぎで補填するということであれば、年100万円も稼ぐことができればいいということになります。もし、まったく働かないでいたとしたら、退職金や蓄えから100万円を取り崩すことになります。比較したら、その違いは大きいものです。

そして、できるだけお金がかからないことをすべきなのだとか。中高年には再起に使える時間が短い分、失敗が許されない一面があります。個人が自分のできる範囲で守って、拡大を考えず、借り入れをしないですむ規模であれば、リスクを小さくすることができるようです。

著者が勧めるのは、これまでの経験や知識を活かしたコンサルタントやビジネスコーチ。執筆や講演、困っている人の相談に乗るなど、今までしてきたことや持っている資格が活かされる内容から始めてみると良さそうです。

大人の週末起業は売り込まない

大人の週末起業は、原則として自分の知識を活かしたスペシャリストになることが推奨されていますが、顧客獲得の方法としてこんな注意点が挙げられています。それは、自分から売り込まないということ。

売り込んだ途端に、相手からスペシャリストではなく営業マンとみなされて逆効果になってしまうからです。売り込むのではなく、呼び込むという考え方が大事であるのだとか。

具体的な手立てとしては、ホームページ、ブログやメルマガ等の自分メディアで情報発信をし、セミナーを開催する。勉強会やオフ会という形でもいいので、人を集めてみるのが大事であるといいます。

大人ならではの週末起業、まずどんなことができそうなのか考えていくことから始めてみてはいかがでしょうか。

タイトル:大人の週末起業
著者:藤井孝一
発行:クロスメディア・パブリッシング
定価:1480円(税抜)

【前回の記事はこちら】
今しておくべきことを知る 老後の生活をカバーする方法
コンビニで経済を感じる 身近な場所でアンテナを磨く方法
老後2,000万円問題 生涯安心して生きていくための暮らし方とは

2,000万円貯めるために必要な知識が最短3カ月で完全取得できる

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

億万長者というと、自分とは関係がないような気がしてしまいます。さらに、幸せとは言い難い人生を送っている印象が強いものです。しかし、世の中には、知名度は高くなくても、幸せな生き方をしている億万長者もいるようです。 岡崎太郎著『億万長者のすごい習慣』 より、上品で素敵な人生を送る億万長者の習慣をご紹介します。
デザイン思考とは?今知っておくべきスタンフォード式マインドセット

デザイン思考とは?今知っておくべきスタンフォード式マインドセット

顧客が求めているサービスとは何なのか知りたい。あるいは、新商品のいいアイデアを見つけたい。どんな職業・職種でも、真のニーズや問題を適切に見つけ出し、解決に導く方法を知っておくことは大事であるといえるでしょう。 ジャスパー・ウ著『実践スタンフォード式デザイン思考』 より、これからの時代を生き抜くために必要なデザイン思考という考え方をご紹介します。
「自由な時間」について考える|人生が変わるタイムデザイン

「自由な時間」について考える|人生が変わるタイムデザイン

時間とはなにか。投資家・経営者として「有限な時間」をどう使うか徹底的に考え抜いてきた事をこの連載でお伝えします。目標は時間にしばられないライフスタイルをデザインすること。第1回目は「自分の時間と自由について」です。 (泉正人著『TIME DESIGN(タイムデザイン)』より抜粋。)
人生が変わるお金の秘密|幸せな人がしているお金の使い方

人生が変わるお金の秘密|幸せな人がしているお金の使い方

世の中には、いいお金とあまりよくないお金の二種類があるようです。自分が手にしたお金や出しているお金は、はたしてどちらであるといえるのでしょうか。 KenHonda著『一瞬で人生を変えるお金の秘密happy money』 より、過去を見つめ直してより良い未来に向かうHappy Moneyを作り出す考え方をご紹介します。
お金 |
なぜ働き、何を大切にするのか|元スターバックスCEOが教える働く理由

なぜ働き、何を大切にするのか|元スターバックスCEOが教える働く理由

昨今、働き方やスタイルに何かと注目が集まりがちです。しかし、自分が行なっているビジネスにはどんなミッションがあり、それを通じてどう生きていくのかといったことが置き去りになっているのかもしれません。 岩田松雄著『MISSION』 より、人は何のために働き、何を大切にすべきなのかという考え方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部