2019年5月6日 更新

リベラルアーツとは?ビジネスで必要な「本質をつかむ力」

「リベラルアーツ」という言葉をご存知ですか?日本語では「教養」と表記されることが多いものの、その本質は少し異なります。近年ではリベラルアーツが、ビジネスシーンで重要なスキルだと注目を集める存在に。今回はリベラルアーツの意味や重要性、活用方法などをご紹介します。

Nature Chamomile - Free photo on Pixabay (36740)

2019.5.6

ビジネスシーンでは、過去の実績はもちろんのこと、さまざまなスキルが大いに役立ちます。なかでもリベラルアーツは、経営者側から見ても重要なスキルとして認識されています。今回は、リベラルアーツの実態とはどういったものなのかを解説していきます。

リベラルアーツとは?

gettyimages (36743)


リベラルアーツというと「教養」と認識されることが多く、職場においては専門領域と相反するスキルともいえます。そもそもリベラルアーツの起源は、古代ギリシャ・ローマ時代における「自由七科」です。奴隷制のあった時代において「自由に生きるための学問」として誕生しました。

自由七科は細かくいうと3学(文法学・修辞学・弁証学)と4科(算術・幾何・天文・音楽)に分かれています。奴隷ではなく自由民として生きていくためには、必要になる学びだと捉えられていました。
リベラルアーツの考えは、ヨーロッパにおける大学制度でも長く取り入れられ、その後アメリカやカナダなどでも取り入れられています。

ビジネスシーンでリベラルアーツが必要になる理由

Skills Competence Knowledge - Free photo on Pixabay (36747)


リベラルアーツは、主に大学など教育部門で知られる言葉ですが、ビジネスシーンでも大いに役立ちます。しかし「専門的な知識のほうがビジネスで有益になるのでは?」と冠がる人も多いのではないでしょうか?

たとえば人材不足の問題に考えた場合、社会的背景・人材マネジメント・人材育成・採用手段・特定の部署における教育方法・業界・心理コミュニケーションなど幅広い視点から分析する必要があります。現在の複雑な社会情勢を踏まえ、多様な問題を解決するには、幅広い教養・知識が必要になるでしょう。
また、「こうあるべき」という確かな答え・正解がない問題が発生した場合、あらゆる問題を受け入れ、解決に導くことも求められるでしょう。自分の頭でしっかりと考えて本質をとらえられることは、多様で複雑なビジネスシーンにおいて、必須ともいえる重要なスキルとなります。

リベラルアーツは企業からも重要なスキルと認識されている

Businesswoman Consulting Business - Free image on Pixabay (36751)


リベラルアーツは、一般社員はもとより「リーダー」にとっても欠かせない重要なスキルのひとつ。なぜなら、多くの社員が集まるチーム内で一定の方向性を指し示すため「リベラルアーツ」が求められるためです。

リクルートマネジメントソリューションズが従業員規模500名以上で大卒以上である部長以上の経営職・管理職 131名に対するアンケート結果によれば、リベラルアーツが必要(必ず・どちらかといえば、も含めて)とした人が合計82.4%にものぼっています。

参考:リクルートマネジメントソリューションズ|リベラルアーツは実践現場で役に立っているのか
https://www.recruit-ms.co.jp/research/journal/pdf/j201408/m36_research.pdf
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

クリティカル・シンキングの力や国際性が重視されるビジネス環境となった今、リベラル・アーツ研修や講習に参加する社会人が増えています。リベラル・アーツの知識を深めることも大切ですがその知識をアウトプットする力が重要です。
タスク管理が必要な理由とは?業務を効率化するメリットと方法

タスク管理が必要な理由とは?業務を効率化するメリットと方法

業務を効率化できるタスク管理。その名前は知っているけれども、実践の方法がわからないという方は少なくないかと思います。そこで今回はタスク管理のメリットと、その方法を説明します。業務を効率化すれば、プライベートを充実させることもできるでしょう。
ビジネスでプロジェクトを成功させるには「生産的な対立」が必須

ビジネスでプロジェクトを成功させるには「生産的な対立」が必須

ビジネスにおいて「対立」が避けられないことはよくある話です。しかし、同僚や上司との「討論」は生産性を高めるには必須であると語るのは「手ごわい問題は、対話で解決する」の著者であり、数々の紛争を分析してきたアダム・カヘン氏です。カヘン氏の主張を交え「生産的な討論」について考えます。
マルチタスクができなくても仕事の処理能力は上げられる!3つの方法

マルチタスクができなくても仕事の処理能力は上げられる!3つの方法

仕事は効率良く行うためには、短時間に複数の仕事を進めるマルチタスクができればよいのでしょうか。実はそのようなマルチタスクは逆に仕事の効率を下げることが知られています。 そこでマルチタスクに頼らない仕事の処理能力を上げる方法を説明します。
カレンダー形式でToDo管理できるツール「Asana」が優秀!

カレンダー形式でToDo管理できるツール「Asana」が優秀!

一日二日では終わらない仕事。たとえば、原稿を締め切りまでに仕上げるといった中長期の仕事を管理するツールで思い浮かぶのは、カレンダーという人が多いのではないでしょうか。 今回は、タスク管理ツールでは珍しい、カレンダー表示機能のタスク管理ツール「Asana(アサナ)」をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

湊音 湊音