2018年10月3日 更新

「いつかは住みたい」ニュージーランドでの生活費

日本から飛行機で11時間、広大な自然に恵まれたニュージーランドには、毎年多くの人々が足を運んでいます。教育が充実していることから留学先としても人気があり、学生時代に訪れた経験がある人もいるのではないでしょうか。

gettyimages (22492)

2018.10.3
ニュージーランドは、国民幸福度や治安などのランキングでも、世界の中で常に上位に位置することで知られています。壮大な大自然の魅力だけでなく、国民の生活水準の高さも相まって、将来的に移住を考えている人も少なくないと思います。

今回は、いつかニュージーランドで暮らしてみたいという人のために、実際に生活する場合に掛かる生活費や日本との相違点を紹介します。
(※記事では1NZドル=75円とした場合で計算)

3大都市の家賃は割高

gettyimages (22507)

ニュージーランドの家賃は、日本と異なり“1週間単位”で設定されています。そのため、移住先の物件を探す際には、月換算で計算し直して検討する必要があります。
主要都市であるオークランドの場合、単身用の部屋ですと、週の家賃が400NZドル(3万円)前後の物件が多くあります。一見安く見えてしまいますが、これを月あたりに換算すると約12〜13万円となり、東京23区の中でも家賃の高い地域に匹敵する相場となります。
他にも、ウェリントンやクライストチャーチなどの人気の都市は、不動産価格が年々上昇しており、家賃も高い傾向にあります。しかし、これらの3大都市は、世界の中でも「住みやすい街ランキング」の上位に入る人気の街ですので、憧れの地に暮らしたいがために、多少の家賃の出費を我慢する移住者も少なくないようです。
どうしても家賃を抑えたい場合は、これらの3大都市から少し離れた郊外に住むことや、シェアハウスの利用をオススメします。

食材は“量り売り”で賢く購入

gettyimages (22509)

ニュージーランドには、日本のようにワンコイン以下で食べられるお店が少なく、どうしても外食が続くと食費がかさんでしまいます。街にある大衆的なレストランなどでも、ランチの値段は平均10〜20NZドル(750〜1,500円)で、ディナーとなると平均20〜40NZドル(1,500〜3,000円)ほどかかります。
食費を抑えたい場合は、なるべく自炊をして節約を心がけましょう。食材は、日本のようなスーパーマーケットで買うのが一般的で、「Count Down」「New World」「Pak n’Save」が3大スーパーとして知られています。

29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

ブータンは、北は中国・南はインドに挟まれる南アジアの国家で、「世界一幸福度が高い国」とも言われています。独特の仏教文化を色濃く残しており、他の国にはない魅力で溢れています。
「いつかは住みたい」ストックホルムの生活費

「いつかは住みたい」ストックホルムの生活費

スウェーデンは、ノルウェーとフィンランドの中間に位置する北欧の国です。スタイリッシュな雑貨や衣類などでも知られており、「IKEA」や「H&M」などもスウェーデン発祥のブランドです。
「いつかは住みたい」サンパウロでの生活費

「いつかは住みたい」サンパウロでの生活費

ブラジルは、日本のほぼ反対側、約17,000km離れた場所に位置する南米の国です。 サッカーの国…などといったイメージが先行しがちですが、その人口は日本よりも多い約2億人で、世界5位。豊富な労働力と資源を持ち、現在はBRICS(Brazil、Russia、India、China、South Africa)の1つに数えられるなど、経済大国として注目を浴びています。
「いつかは住みたい」クロアチアでの生活費

「いつかは住みたい」クロアチアでの生活費

近年、日本でも人気急上昇の旅先となっているのがクロアチアです。アドリア海に面するバルカン半島に位置しており、その美しい自然と中世の街並みが調和した景観は、ヨーロッパ随一とも。特にドブロブニクは“アドリア海の真珠”とも称され、映画「紅の豚」のモデルになった街としても有名です。
「いつかは住みたい」セブ島での生活費

「いつかは住みたい」セブ島での生活費

白い砂浜に広がるエメラルドグリーンの海…セブ島は、世界中から観光客が集まる有数のリゾート地として知られています。マリンスポーツを楽しめるビーチやフォトジェニックなスポットが多いこともあって、近年はハネムーンの旅行先として日本でも人気を博しています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部