2018年10月3日 更新

「いつかは住みたい」ニュージーランドでの生活費

日本から飛行機で11時間、広大な自然に恵まれたニュージーランドには、毎年多くの人々が足を運んでいます。教育が充実していることから留学先としても人気があり、学生時代に訪れた経験がある人もいるのではないでしょうか。

gettyimages (22492)

2018.10.3
ニュージーランドは、国民幸福度や治安などのランキングでも、世界の中で常に上位に位置することで知られています。壮大な大自然の魅力だけでなく、国民の生活水準の高さも相まって、将来的に移住を考えている人も少なくないと思います。

今回は、いつかニュージーランドで暮らしてみたいという人のために、実際に生活する場合に掛かる生活費や日本との相違点を紹介します。
(※記事では1NZドル=75円とした場合で計算)

3大都市の家賃は割高

gettyimages (22507)

ニュージーランドの家賃は、日本と異なり“1週間単位”で設定されています。そのため、移住先の物件を探す際には、月換算で計算し直して検討する必要があります。
主要都市であるオークランドの場合、単身用の部屋ですと、週の家賃が400NZドル(3万円)前後の物件が多くあります。一見安く見えてしまいますが、これを月あたりに換算すると約12〜13万円となり、東京23区の中でも家賃の高い地域に匹敵する相場となります。
他にも、ウェリントンやクライストチャーチなどの人気の都市は、不動産価格が年々上昇しており、家賃も高い傾向にあります。しかし、これらの3大都市は、世界の中でも「住みやすい街ランキング」の上位に入る人気の街ですので、憧れの地に暮らしたいがために、多少の家賃の出費を我慢する移住者も少なくないようです。
どうしても家賃を抑えたい場合は、これらの3大都市から少し離れた郊外に住むことや、シェアハウスの利用をオススメします。

食材は“量り売り”で賢く購入

gettyimages (22509)

ニュージーランドには、日本のようにワンコイン以下で食べられるお店が少なく、どうしても外食が続くと食費がかさんでしまいます。街にある大衆的なレストランなどでも、ランチの値段は平均10〜20NZドル(750〜1,500円)で、ディナーとなると平均20〜40NZドル(1,500〜3,000円)ほどかかります。
食費を抑えたい場合は、なるべく自炊をして節約を心がけましょう。食材は、日本のようなスーパーマーケットで買うのが一般的で、「Count Down」「New World」「Pak n’Save」が3大スーパーとして知られています。

29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」ベルリンでの生活費

「いつかは住みたい」ベルリンでの生活費

ドイツは、長らくヨーロッパの政治・経済を牽引し続けている大国として知られています。美味しいビールやソーセージ、サッカーや高級車などで、われわれ日本人にとっても馴染みの深い国です。
「いつかは住みたい」北京・上海での生活費

「いつかは住みたい」北京・上海での生活費

中国の首都であり数々の歴史的建造物が存在する北京。摩天楼が立ち並ぶ美しい都市・上海。いずれも中国の代表的な経済都市で、日本の企業から派遣された駐在員も数多く存在します。
「いつかは住みたい」ホーチミンでの生活費

「いつかは住みたい」ホーチミンでの生活費

日本からアクセスの良い東南アジア諸国の中でも、新興国として注目を浴びているのがベトナムです。特に、東南部に位置するホーチミンは、経済を牽引する国内最大の都市として、アジアでも有数の賑わいを見せています。
「いつかは住みたい」サンフランシスコでの生活費

「いつかは住みたい」サンフランシスコでの生活費

アメリカ西海岸の港湾都市として有名なサンフランシスコ。半島に連なる摩天楼、オーシャンビューの高級住宅街、人でにぎわうフィッシャーマンズワーフなど、海と都市が融合した明るい街並みは多くの人に愛されています。
「いつかは住みたい」バンコクでの生活費

「いつかは住みたい」バンコクでの生活費

東南アジアを代表する常夏の国・タイは、日本からの直行便も多く、6時間程度のフライトで到着できることから、常に定番の海外渡航先として知られています。中でも首都・バンコクは、異国情緒に溢れる街並みを残しつつ、東南アジアのハブとしても急成長しており、伝統と近代化が融合した独自の魅力を形成しています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座