2019年8月30日 更新

ソムリエが教えるワインをもっと楽しむマナー|ワンランク上の飲み方

ワインは本来難しいことを考えずに楽しむべきものですが、レストランでの食事など場合によっては最低限のマナーが求められる場合もあります。今回はワインのマナーについて紹介します。

2019.8.21

ワインのマナー:ワインを尊重する

ワインが日常に深く根差した伝統的なワイン産出地においてワインは「必需品」となるのかもしれませんが、多くの日本人にとってワインは「嗜好品」に分類されると思います。嗜好品であるワインは、難しいことを考えずにお好きなように楽しむことが本来の姿だと思います。赤ワインに氷を入れて飲んだり、白ワインをソーダで割って飲んでも良いと思います。

しかし高品質なワイン造りを目標に、努力を積み重ねて1本のワインを生みだす生産者やそのワインそのものを尊重するならば、そこにはマナーが生じてくることと思います。

マナーと言っても難しいことはありません。ワインを尊重するために、そのワインに相応しいワイン・グラスを用いる、また適度な温度で楽しむといったこと位のものです。レストランにはワイン担当のスタッフが居ることでしょうから、全てお店に任せておけば良いのです。

このように、ワインそのものに対するマナーはシンプルです。

ワインを飲む時のマナー:同じ空間で過ごす人を尊重する

次に、ワインそのものというよりはワインを介して生じるマナーについてご紹介します。
5つご紹介しますが、根底にあるものは全て同じで「同じ空間で同じ時間を過ごす人を尊重する」ということです。

・ワインを飲む時のマナー1:ワインを回す動作

例えば、ワインを楽しむ際にワイン・グラスを動かしてワインを回すという動作を見たことがある方もいらっしゃると思います。これは、ワインを空気と触れさせて香りを開かせることが主な目的です。何度も何度もワインを回す必要はありません。時折ずっとワインを回し続けている方を目にしますが、品の良い仕草とは言えませんので過度にワインを回すことは控えましょう。

・ワインを飲む時のマナー2:ワインの飲み方

ワインのテイスティングを勉強された方の中には、音を立ててワインをすする方がいらっしゃいます。ワインの生産者やソムリエが、仕事の現場で音を立ててワインを試飲することはありますが、この行為をレストランで食事をしながら行うことは本当にやめましょう。

・ワインを飲む時のマナー3:ワイン・リストを見るとき

レストランで食事を選ぶ際に迷ってしまって時間がかかることがあると思います。分厚いワイン・リストがあるレストランでは、ワイン愛好家としてはじっくり目を通してみたいところではありますが、ここも同席される方のワインへの興味度合によってワイン・リストを「読む」ことは控えた方が良いかもしれません。

・ワインを飲む時のマナー4:ワインのテイスティング

26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【40~50代の働く女性限定】女性の定年後を全員で考える! 『オンナの定活セミナー』初開催

【40~50代の働く女性限定】女性の定年後を全員で考える! 『オンナの定活セミナー』初開催

日本最大級の総合マネースクールであるファイナンシャルアカデミーは、2019年9月29日(日)に東京丸の内にて、初となる40〜50代の働く女性を対象とした、定年後の人生や働き方を考える参加型セミナー『オンナの定活セミナー』 を開催することを決定しました。
社員のためのAI人事。勘頼みにしない採用と育成

社員のためのAI人事。勘頼みにしない採用と育成

マーケティングや自動運転といったイメージの強いAIですが、人事に活用しようという動きも見られます。採用の効率化だけでなく、社員一人ひとりのスキルや知識から業務とのマッチングも提案可能。人事へのAI導入で、社員をより大切にできるかもしれません。
働き方改革の知られざるブラックボックス

働き方改革の知られざるブラックボックス

働き方改革の目指すすがたに、共感するひとは多いでしょう。「ライフワークバランスの実現」「多様な働き方の実現」「副業・兼業の促進」など、公私充実で私のポテンシャルが引き出され、モチベーションも上げてくれそうです。しかし、現実はどうなのでしょうか。
もう一度“あそぼう”・・・おとなもこどもも楽しめる、実はおとなの日常に沁みる場所

もう一度“あそぼう”・・・おとなもこどもも楽しめる、実はおとなの日常に沁みる場所

“「遊んでいないで〇〇しなさい!」と、遊びの時間を「勉強」や「仕事」や「お手伝い」に邪魔されていませんか?” そんな美術展の問いかけに、ちくちくと心を刺された秋のはじめ。
ソムリエが教える「ワインの贈り物」の選び方|相手・お祝い別に解説

ソムリエが教える「ワインの贈り物」の選び方|相手・お祝い別に解説

ワイン好きな同僚や上司のプレゼントにワインを贈りたいが、相手の好みが分からずに迷っている。結局渡せなかったということはありませんか。ワインを選ぶことは難しくありません。ワインはメッセージ性を付加しやすいので、うまく選べば感動につながります。今回はワインを贈る時の選び方について紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部