2019年8月30日 更新

ソムリエが教えるワインをもっと楽しむマナー|ワンランク上の飲み方

ワインは本来難しいことを考えずに楽しむべきものですが、レストランでの食事など場合によっては最低限のマナーが求められる場合もあります。今回はワインのマナーについて紹介します。

2019.8.21

ワインのマナー:ワインを尊重する

ワインが日常に深く根差した伝統的なワイン産出地においてワインは「必需品」となるのかもしれませんが、多くの日本人にとってワインは「嗜好品」に分類されると思います。嗜好品であるワインは、難しいことを考えずにお好きなように楽しむことが本来の姿だと思います。赤ワインに氷を入れて飲んだり、白ワインをソーダで割って飲んでも良いと思います。

しかし高品質なワイン造りを目標に、努力を積み重ねて1本のワインを生みだす生産者やそのワインそのものを尊重するならば、そこにはマナーが生じてくることと思います。

マナーと言っても難しいことはありません。ワインを尊重するために、そのワインに相応しいワイン・グラスを用いる、また適度な温度で楽しむといったこと位のものです。レストランにはワイン担当のスタッフが居ることでしょうから、全てお店に任せておけば良いのです。

このように、ワインそのものに対するマナーはシンプルです。

ワインを飲む時のマナー:同じ空間で過ごす人を尊重する

次に、ワインそのものというよりはワインを介して生じるマナーについてご紹介します。
5つご紹介しますが、根底にあるものは全て同じで「同じ空間で同じ時間を過ごす人を尊重する」ということです。

・ワインを飲む時のマナー1:ワインを回す動作

例えば、ワインを楽しむ際にワイン・グラスを動かしてワインを回すという動作を見たことがある方もいらっしゃると思います。これは、ワインを空気と触れさせて香りを開かせることが主な目的です。何度も何度もワインを回す必要はありません。時折ずっとワインを回し続けている方を目にしますが、品の良い仕草とは言えませんので過度にワインを回すことは控えましょう。

・ワインを飲む時のマナー2:ワインの飲み方

ワインのテイスティングを勉強された方の中には、音を立ててワインをすする方がいらっしゃいます。ワインの生産者やソムリエが、仕事の現場で音を立ててワインを試飲することはありますが、この行為をレストランで食事をしながら行うことは本当にやめましょう。

・ワインを飲む時のマナー3:ワイン・リストを見るとき

レストランで食事を選ぶ際に迷ってしまって時間がかかることがあると思います。分厚いワイン・リストがあるレストランでは、ワイン愛好家としてはじっくり目を通してみたいところではありますが、ここも同席される方のワインへの興味度合によってワイン・リストを「読む」ことは控えた方が良いかもしれません。

・ワインを飲む時のマナー4:ワインのテイスティング

26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈DaiGo〉 お金とは、自由と交換するための引換券。

〈DaiGo〉 お金とは、自由と交換するための引換券。

動画サイトやブログで圧倒的なフォロワーを集め、書店では山積みにされた著書が 次々に売れていく── 若くして多くの人が 知る存在となったDaiGoさん。しかし、その生業を正確に知る人は多くないのではないでしょうか。
幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

億万長者というと、自分とは関係がないような気がしてしまいます。さらに、幸せとは言い難い人生を送っている印象が強いものです。しかし、世の中には、知名度は高くなくても、幸せな生き方をしている億万長者もいるようです。 岡崎太郎著『億万長者のすごい習慣』 より、上品で素敵な人生を送る億万長者の習慣をご紹介します。
キャリアアップか?チェンジか?「チェンジ」して「アップ」した渋沢栄一

キャリアアップか?チェンジか?「チェンジ」して「アップ」した渋沢栄一

「キャリアアップ」「キャリアチェンジ」の違いがわかりますか? 専門性を磨くキャリアアップと比べると、専門性をご破算にして一から出直すキャリアチェンジは覚悟とエネルギーが必要ですが、幕末、明治の激動の時代、両方やってのけたのが渋沢栄一でした。
英会話勉強法:本気で上達したい人のための海外ドラマ・映画6選

英会話勉強法:本気で上達したい人のための海外ドラマ・映画6選

海外からの観光客や外国人労働者が増え、東京2020も控える日本。そろそろ本気で英会話を何とかしたいと考えていても、なかなかスクールでは上達しなかった人もいるかもしれません。そこで、自宅でできる海外ドラマや映画を用いた勉強法とレベル別おすすめ作品を紹介します。
日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

11月11日は「電池の日」。10月9日、「リチウムイオン電池」開発の功績で吉野彰博士がノーベル化学賞を受賞しました。「全樹脂電池」「リチウム空気電池」「全固体電池」など次世代電池の開発競争もますます盛んで、最前線では日本人科学者も活躍しています。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部