2017年9月14日 更新

借金王ジュリアス・シーザー 借金で、世界の半分を手にした男

今では、歴史の教科書に当然載っている有名なシーザーですが、意外なことに彼は40歳を過ぎるまで、公職につくこともなければ、手柄を挙げて有名になることはありませんでした。でも、別の意味で有名でした。彼は、借金と女性関係で有名だったのです。

thinkstock (4872)

2017.9.4
共和制ローマ紀の軍人であり、政治家でもあったジュリアス・シーザー(ユリウス・カエサルとも呼ばれます。ジュリアス・シーザーは英語読みです)。今回のお話は、彼がまだ独裁官になる前のお話です。

シーザーの借金の理由

gettyimages (4365)

彼の現在にも伝えられている容姿は猛禽類にも似たイケメンで、数多くの女性と浮名を流しました。(一説によると、元老院議員の1/3の妻がカエサルに寝取られたと伝えられています。のちに「ブルータスお前もか!」で有名なブルータスの母親とも愛人関係があったとか。)

この派手な女性関係で欠かせなかったのがお金です。彼は惜しげもなく愛人にプレゼントを繰り返し、いつしか借金は莫大な金額になってしまいました。
今でもイタリアに残る古代ローマの公共建築の多くは、政治家たちが自腹を切って建築したものです。その昔、共和制ではコンスル(執政官)という役職は選挙で選ばれており、民衆からの人気によって結果は大きく左右されます。そのため、民衆からの人気を得るために、民衆が喜ぶような公共建築を政治家たちは競ってローマに建築しました。シーザーが行った公共建築で現代まで残存しているものは、フォルム・ユリウム(ローマ市内)です。
thinkstock (4364)

シーザーの借金の総額

女性関係と公共建築、どちらもお金がかかりそうですね。
現代に伝えられているシーザーの借金総額は1,300タレントと言われています。これは、12万人の兵士を1年間雇用できる金額で、当時としても天文学的な借金額で、ローマの国家予算の約1割を使ってしまったそうです。
こんな金額を借りる方も借りる方ですが、貸す方も返ってくると思っていたのでしょうか? そして、共和制ローマでは利息は禁止されているとはいえ、シーザーに返せるアテはあったのでしょうか。この莫大な借金を返す唯一の方法をシーザーは債権者たちに提案します。

「この借金を返すには、私自身が出世するしかない」

まさに逆転の発想というべきか、唖然とするしかありませんね(笑)。債権者たちは、莫大なお金を人質に取られたら、シーザーを政治的に支持するしかありません。もし、彼が失脚でもしようものなら、借金はすべて返ってこないのですから。

出世払いで完済したシーザー

istockphoto (4367)

債権者たちは、当時のローマきっての資産家のクラッススに保証人を頼みこむことにしました。シーザーは、借金を抱えたまま属州の総督を歴任して、やがては人望を集めていきます。その後、三頭政治(ポンペイウス・クラッスス・シーザー)で一角に食い込んだシーザーは、クラッススの死後、ポンペイウスとの対立で勝利をおさめ、地中海世界の王となっていったのです。
さて気になる借金ですが、属州の総督をしていたときの蓄財で徐々に返していき、最後には終身独裁官に就任することで、完済したそうです。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「完成するまでは本当に試行錯誤の連続だった」第11章[第21話]

「完成するまでは本当に試行錯誤の連続だった」第11章[第21話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。
お金が貯まらない人の悪しき生活習慣~『お金原論』[第10回]〜

お金が貯まらない人の悪しき生活習慣~『お金原論』[第10回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
幸せとは何なのか!?  『幸福の資本論』に学ぶ

幸せとは何なのか!? 『幸福の資本論』に学ぶ

みなさんはインターネットの検索窓に「幸せ」と打ち込んだ経験はありますか? ちょっと恥ずかしいですが、私はあります。そして結果的に、ネットで自由に手軽に幸せを見つけることなどできませんでしたが、ひとつ発見もありました。それは「幸せ とは」で検索している人がかなりの割合でいるという事実。同じ疑問を持つ人は少なくないのです。
預金通帳は社会人としてのお金の「履歴書」〜『お金原論』[第9回]〜

預金通帳は社会人としてのお金の「履歴書」〜『お金原論』[第9回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
実は浪費家ではなかった?  マリー・アントワネットのお金の真実

実は浪費家ではなかった? マリー・アントワネットのお金の真実

なぜか、誤解ばかり受ける女性がいる。フランス王妃マリー・アントワネットは、生きている間もそうだったが、死んでからも自分が言ったセリフではない「パンがなければ、ケーキ(orブリオッシュ)を食べればいいじゃない」という自由奔放な言葉が一人歩きをして、彼女の評判を死後も貶められていました。ようやく近年になって、このセリフの出典が彼女ではないという事実が一般層にも広まってきています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部