2019年10月4日 更新

今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

最近では、トランプ大統領の中央銀行への圧力や世界的に広がる貿易戦争などのトピックスに対して反応が鈍くなっているように感じます。一方で、景気の弱さと企業業績の不透明感が徐々に台頭していることについてはニュースとしてあまり取り上げられてないので知られていません。

gettyimages (48329)

2019.10.4

強さを取り戻したわけではない

gettyimages (48335)

9月27日、トランプ政権が米国から中国への証券投資の制限を検討しているとの報道がなされ米国株式市場は前日比70ドル安の2万6,820ドルで終えました。一時、米中の閣僚級協議が10月10~11日に開かれる見通しと伝わったことで摩擦の緩和期待感から米ダウは上昇する場面もありましたが、この制限報道により米中の悪化懸念が再び意識され下落となりました。
実は、この制限報道をきっかけに株価が下落したと報じられる一方で、このところは世界の株式市場の上値の重さが目立っていたのも事実です。この週に発表されたいくつかの米指標はかなりネガティブな内容があり投資家は景気の強さに確認が持てなくなっていました。
そのタイミングに制限検討が報道されただけではなくトランプ大統領自身の弾劾調査開始というインパクトの大きなニュースが加わり、政治的な色合いで株価が下がったといったメインストーリーになっていますが、本質的には何を原因として株価は下げているのかを判断する必要がありそうです。
実際に、いくつもの米国経済指標では景気減速の可能性が示唆されており、株価は夏場の下落局面から底入れだけは確認できたものの、決して「強さを取り戻した」ものではなく安値から高値までの「定位置に戻した」といえます。ここかの一段上昇には、景気の強さと企業業績の明るい見通が不可欠です。
しかし、24日に米国カンファレンスボードが発表した9月の米国消費者信頼感指数は、125.1と前の月から大幅に低下。しかも、問題なのはロイターがまとめたエコノミスト49人の予想値であった133.5に対しての乖離が大きく2010年以来最大の乖離となりました。
それだけではなく、将来への期待値も低下しています。ここから数カ月間は、貿易摩擦の不確実がある限り悪化傾向が継続する可能性が高く、ここに大きな問題が潜んでいます。
エコノミストの予想と実情が乖離しているということは、エコノミストの景気が強いというレポートを前提に投資判断が進んでいるわけですが、消費者は景気減速を肌で感じ始めており、そのためどこかの時点では消費者の景気拡大に対する信頼を損なう可能性を示唆しています。

弱気材料に目を向けよう

gettyimages (48332)

現在の株高は世界的な量的緩和が支えです。しかし、世界的な量的緩和の最中にノルウェー中銀が逆行し利上げを行いました。また、日銀、スイス中央銀行は政策金利の据え置きを発表しています。通常、米欧中銀が緩和政策を行うと日銀やスイス中央銀行は自国通貨高を阻止すべく政策を追随するのが常套手段です。
しかし、今回の据え置きの背景には、「非常時へのカード温存」が目的ではないかと考えられます。政策金利での「手」が限られている日銀とスイス中銀は、何かしらの予兆を感じ取って不透明な経済見通しに備えカードを温存しているのではないかと見ています。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

11月11日は「電池の日」。10月9日、「リチウムイオン電池」開発の功績で吉野彰博士がノーベル化学賞を受賞しました。「全樹脂電池」「リチウム空気電池」「全固体電池」など次世代電池の開発競争もますます盛んで、最前線では日本人科学者も活躍しています。
経済 |
プチプラの次は?フォーエバー21の破綻に見るファッション業界の行方

プチプラの次は?フォーエバー21の破綻に見るファッション業界の行方

断捨離した後の服の行方を考えたことがありますか。経済的な成長の裏にはほとんど犠牲が伴い、堅調な成長を見せるファストファッション市場もその一例です。しかし今、利益追求を優先しすぎたファストファッション業者のモラルと、消費者の良識が問われる時期がきたようです。
経済 |
欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

9月12日に欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が発表した総合的な金融緩和策では、欧州の低成長と低インフレの長期化を阻止するのに不十分であると市場の評価は冷ややかです。いかなる金融政策を講じても経済回復に至らない「低成長」「低インフレ」「デフレスパイラル」という日本化が本当に欧州圏で進んでいるのでしょうか。
ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

マインドフルネスをはじめとした、ウェルネス(健康を維持、増進させようとする生活活動)に興味を持つ人が増えつつあります。ウェルネスツーリズム、アプリなど新たな商品が出回り、今やウェルネス産業の市場規模は4.2兆ドル以上。このブームの実態や背景、昨今のトレンドについて解説します。
経済 |
米中貿易摩擦は来年まで引っ張れば、中国のほうが有利になる

米中貿易摩擦は来年まで引っ張れば、中国のほうが有利になる

アメリカ大統領選の歴史を振り返ってみると、勝利の方程式はやはり経済が好調であるということです。2020年11月の大統領選までのスケジュールから判断すれば、トランプ大統領は遅くとも直前の2020年7-9月期のGDP(速報値は10月末頃の発表予定)で3.0%以上の成長を達成し、経済が好調であることをアピールしたいところです。そこから逆算すると、6月がタイムリミットになります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊