STAGE編集部

STAGE編集部

「お金」や「人生」をキーワードにした著名人インタビューや、金融経済のコラムをわかりやすく、楽しく発信することに日々奔走中。理想のライフスタイルを実現し、自分の人生の舞台(STAGE)で輝いてもらうためのヒントを提供しています。

フォロー

0 人にフォローされています

〈杉村太蔵〉「お金とは、やっかいなものである。」

〈杉村太蔵〉「お金とは、やっかいなものである。」

派遣社員から26歳にして衆議院議員に。稀に見るシンデレラストーリーで国会議員にまで登りつめた男は、単なるラッキーボーイだったのだろうか? 実はそこには、人生の大いなる夢を自らの力で手繰り寄せるような確固たる信念があった。
仕事の質は食事で決まる!IT企業のイットな社食に行ってみたい

仕事の質は食事で決まる!IT企業のイットな社食に行ってみたい

昔、スタートアップデーティングというIT系ピッチ(プレゼン)の週1イベントがありました。1,000円で手作り晩御飯付きでした。「ITの人は美味しい御飯食べてるな」と思ったものです。聞けば、IT企業の社食はヘルシーで高レベルが続出とのこと!私もいつかは行ってみたいものです。
〈デューク更家〉「お金とは、愛。」

〈デューク更家〉「お金とは、愛。」

ウォーキングトレーナーのデューク更家さん。独特の呼吸法が話題を呼んだ「デュークズウォーク」を考案。気功や運動生理学、武道、ヨガ、バレエ、ピラティスなどの要素を取り入れたデュークさんオリジナルのメソッドで、日本にウォーキング文化を広めた第一人者。2002年からはモナコに居を構え、日本とモナコを行き来する憧れの生活を送っています。そんなデュークさんの人生観を、「お金」を切り口に紐解きます。
〈井川沙紀〉「お金とは、選択肢を増やすもの。」

〈井川沙紀〉「お金とは、選択肢を増やすもの。」

井川沙紀、36歳。2014年11月にブルーボトルコーヒーに入社し、翌15年6月に現在のポジションである日本法人の代表に就任。今では本国のブルーボトルコーヒーUSでクリエイティブ・ディレクターも兼任するほど、創業者ジェームス・フリーマンからの信頼も厚い。サードウェーブコーヒーの旗頭として注目を浴び続けるコーヒーブランドの、日本法人トップの仕事へのスタンス。それは、真っ直ぐで、とても自然体でした。彼女が考える仕事の価値、生き方とは?
〈エドワーズ壽里〉「お金とは、可能性。」

〈エドワーズ壽里〉「お金とは、可能性。」

凛とした意思のある眼差しに人懐っこい笑顔。そこにいるだけで、周りをポジティブな空気に変えるパワーウーマン、エドワーズ壽里(じゅり)さん、32歳。ヨガインストラクターであり、スポーツウェアブランド『ルルレモン』の日本ブランドマネージャー、そしてハワイのコールドプレスジューススタンド『シャカプレスジュース』のオーナーという多彩な顔を持つ彼女。場所、業種、職種を問わず活躍する彼女の、大切にしている価値観、仕事観、金銭観を聞きました。
〈植松 努〉「お金とは、体の中に蓄積されているマンパワー。」

〈植松 努〉「お金とは、体の中に蓄積されているマンパワー。」

北海道・赤平町で世界最先端の宇宙ロケット開発事業を行い、「NASAよりも宇宙に近い町工場」と呼ばれる植松電機の代表取締役社長、植松努さん。2017年2月5日に開催された「お金の教養フェスティバル2017」の講演から、熱いメッセージを贈ります。
〈辻 庸介〉「お金とは、夢を実現できるツール。」

〈辻 庸介〉「お金とは、夢を実現できるツール。」

ソニーの経理部門からキャリアをスタートし、証券会社勤務や米国留学を経て起業。自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」や、ビジネス向けクラウドサービス「MFクラウドシリーズ」など様々なお金のサービスを世に提供する株式会社マネーフォワードの代表取締役社長CEO・辻 庸介氏。
〈森本 正治〉「お金とは、使うもの。」

〈森本 正治〉「お金とは、使うもの。」

アメリカでは、その名を知らない人はいない。かつて一世を風靡したテレビ番組「料理の鉄人」や、そのアメリカ版 「Iron Chef America」にも登場し、日米ともに“鉄人”として名を馳せているのが、シェフの森本正治だ。
〈児玉隆洋〉誰とやるか。サイバーエージェントで学んだこと

〈児玉隆洋〉誰とやるか。サイバーエージェントで学んだこと

「お金の不安に終止符を打ちたい。」 そう語るのは、新しいファイナンスサービスをスタートさせた株式会社bookee (ブーキー) 代表取締役社長の児玉隆洋さん。 前職はファイナンスとはほぼ無関係の、IT企業のサイバーエージェント。「アメブロ」の事業部長、「AbemaTV」の広告開発責任者を歴任したというキャリアの持ち主です。このITでの経験をファイナンス領域でどう活かすのか、起業の経緯や今後のビジョンについてもお聞きしました。
〈杉山知之〉「お金とは、自分らしく生きるためのシステム。」

〈杉山知之〉「お金とは、自分らしく生きるためのシステム。」

ますますデジタルが発展する未来に、コンピュータと共存しながら、私たちが人間らしく生きるには、どうすればいいのか――。デジタルと人間のあり方の変遷を40年以上にわたって世界の最前線で見てきた、デジタルハリウッド大学学長の杉山知之氏。2015年10月12日(祝)に開催された「お金の教養フェスティバル2015」での講演から、21世紀の「人間らしい生き方」のヒントを学ぶ。
〈高澤義明〉「お金とは、安心。」

〈高澤義明〉「お金とは、安心。」

「日本の良き風土・人・食材、伝統的な世界を再構築してモダンに供する」というテーマを掲げ、世界のありとあらゆる要素を盛り込んだ最先端の料理を生み出し続ける高澤。その情熱は一体どこからくるのか。そして、何に支えられているのか。世界中の富裕層や美食家をうならせている高澤の原動力に迫る。
話題の経営者、佐藤航陽氏が考える「未来の経済のカタチ」!

話題の経営者、佐藤航陽氏が考える「未来の経済のカタチ」!

みなさんは起業家、佐藤航陽(かつあき)氏をご存じでしょうか? 手数料ゼロパーセントのインターネット決済サービス「SPIKE(スパイク)」や、時間を売買できるアプリ「タイムバンク」と言った画期的な仕組みを持つサービスの生みの親であり、今やアジア全域、世界をまたにかけて事業を展開するITベンチャー企業の代表です。1986年生まれながら、フォーブス誌が選ぶ「日本を救う起業家ベスト10」に選出。「次世代を牽引する日本人起業家」との呼び声高い起業家です。
〈大江千里〉「お金とは、トランプみたいなもの。」

〈大江千里〉「お金とは、トランプみたいなもの。」

幼いころから抱いていた新たな夢である「ジャズ」を追い求めるため、国民的シンガーソングライターとして日本で築き上げた実績を捨てて単身ニューヨークへと渡った大江千里さん。大江さんにゼロから新たなステージへと向かうものを決意させたものは何だったのか、インタビューしました。
250 件