カルチャー

カルチャー

一流の映画を見ろ、一流の音楽を聞け、一流の芝居を見ろ、一流の本を読め。そして、それから自分の世界を作れ(手塚治虫)。 身体に栄養を与えるように、心にも栄養を。ときには真面目に、ときにはおもいっきりエンターテインメントに、選りすぐりの本や映画を紹介します。

宇宙が好き 宇宙が好き

お金持ち男子はみんな優しい お金持ち男子はみんな優しい

カルチャーの記事 最近投稿された記事

資産230億円!伝説の投資家cisの投資哲学

資産230億円!伝説の投資家cisの投資哲学

【カルチャー】
皆さんはcis(しす)という名の個人投資家をご存知でしょうか?21歳のときに300万円の資金を元に投資を始めると、デイトレードを主戦場に稼ぎまくり、なんと2018年現在の資産230億円に到達!デイトレードには手を出していない私は知りませんでしたが、その世界では「伝説」の冠が付くほどの方。メディア露出は過去に「笑っていいとも!」の1回だけ、著書の出版もしたことが無かったにもかかわらずツイッターのフォロワーは28万人を超えています。
投資をはじめたい人必見!知っておきたい相場格言6選

投資をはじめたい人必見!知っておきたい相場格言6選

【カルチャー】
今年も残りわずか。「来年こそは投資にチャレンジするぞ!」と決意された方もいらっしゃるのではないでしょうか。でも、やってみたいけどリスクも怖い……となかなか踏み切れない人も多いはず。そんな人は、まずは投資の心構えや本質を言い表した「相場格言」から知ってみるのはいかがでしょうか。相場格言は、遠く米相場の時代から言い伝えられてきたもので、いまでも投資家の間で人気があります。リスクはありながらも遠い昔から続いてきている投資です。格言を肝に銘じながらトライすれば、きっとあなたも来年こそは投資デビューできますよ。
【君主論】優れたリーダーが避けるべき2つのこと

【君主論】優れたリーダーが避けるべき2つのこと

【カルチャー】
従来の道徳や倫理から切り離してリーダーシップを論じたマキァヴェリの「君主論」。君主論では、君主は愛されるよりも怖れられるほうが好ましいとするほか、怖れられる君主であっても、憎まれたり蔑まれてはならないと述べています。それはなぜなのでしょうか。
プライベートを充実させる時間管理のコツ 時間泥棒を捕まえろ!

プライベートを充実させる時間管理のコツ 時間泥棒を捕まえろ!

【カルチャー】
仕事は順調なのに達成感がない、休日なのに何もかもがおっくう。その原因はプライベートの充実をないがしろにしているからではないでしょうか?プライベートの幸福度を上げるタイムマネジメントスキルを身につけましょう。
メルティンMMIが目指すヒトとサイボーグの未来とは

メルティンMMIが目指すヒトとサイボーグの未来とは

【カルチャー】
粕谷昌弘氏は、2018年「30 Under 30」で世界の注目すべきアジアの30人に選ばれました。「AIやロボットの先を行くサイボーグを研究開発しています」と語る粕谷氏は、サイボーグスタートアップとして設立された株式会社メルティンMMIのCEO。MMIはマン・マシン・インターフェースの略です。
心地よい人付き合いの秘訣

心地よい人付き合いの秘訣

【カルチャー】
幸せ自作人こと島津信枝です。今日は人付き合いについて書きます。人間は他人との関わりで喜んだり失望したりして多くを学びます。私の人生を振り返って見ると、子供の頃はよくけんかをしました。またその頃はけんかは子供の特権でした。子供のけんかに大人は口を挟まないという暗黙のルールもありました。のどかな時代でした。
モバイル通信5G電波に死角あり 2019年に技術開発は間に合うか

モバイル通信5G電波に死角あり 2019年に技術開発は間に合うか

【カルチャー】
「5G(第5世代移動通信)」は2025年までに世界で11億回線に達すると見込まれます。周波数は従来の「センチ波」に「ミリ波」が加わりますが、ミリ波は直進性が強すぎ建物内に死角ができる弱点があります。5Gの普及でも死角になるかどうかは技術開発や各社の取り組み次第です。
世界のトップリーダーに学ぶ新しい時代の働き方とは

世界のトップリーダーに学ぶ新しい時代の働き方とは

【カルチャー】
世界の第一線で活躍するトップリーダーは、どんな働き方をしているのでしょう。トニー・ブレア元英首相ら3,000人を超すVIPにインタビューしたフォーブスジャパン副編集長の谷本有香さんの「世界のトップリーダーに学ぶ 一流の『偏愛』力」から、新時代の働き方を考えます。
【論語】仕事で活躍できる向学心を持つための孔子の教え

【論語】仕事で活躍できる向学心を持つための孔子の教え

【カルチャー】
変化の著しい現代においては、常に学び、新しいことを吸収することが求められます。論語を遺した孔子は、常に向学心にあふれていました。孔子はどのような行動が向学心を生み出すといっているのでしょうか。論語から自己研鑽を積むための格言をみてみましょう。
【女性リーダーの心得】家庭と仕事を両立するための処世術

【女性リーダーの心得】家庭と仕事を両立するための処世術

【カルチャー】
「家族と過ごす時間も、仕事をしている時間も同じくらい大切。」女性リーダーにとって、家庭と仕事はどちらも手放せない大切な存在といえるでしょう。しなやかに仕事をこなす女性リーダーになるための、家庭と仕事の両立方法をご紹介します。
湊音 |
ゴーン氏逮捕で考えた「日本の刑事司法は異常なの?」

ゴーン氏逮捕で考えた「日本の刑事司法は異常なの?」

【カルチャー】
>日産のゴーン社長が逮捕され、その後、長期間勾留されています。さらに、再逮捕との報道がありました。これに対して、海外のメディアから、日本の制度はおかしいのではないかという声が聞こえてきます。
名画鑑賞では身体変化を意識しよう!感性を磨くアート研修

名画鑑賞では身体変化を意識しよう!感性を磨くアート研修

【カルチャー】
アート研修の目的は、今ビジネスにおいても重要視されている「感性」を磨き表現能力を開発することです。感性が磨かれると人生は豊かに彩られるでしょう。名画を鑑賞するときに身体感覚を意識することで、独自の体験として語ることができます。 今回は「名画に温度を感じる」です。
ニューヨーク流 人生100年時代に若々しく生きていくための考え方

ニューヨーク流 人生100年時代に若々しく生きていくための考え方

【カルチャー】
いつまでも若々しくありたいという願いは、人生100年時代を迎えるにあたって、男女問わず持っているものでしょう。特に女性は、ついつい若さや美貌に価値を求めたくなりますが、世界の女性たちの価値観は、また少し違っているようです。ニューヨークで活躍の場を持つカツア・ワタナベ著『いくつになっても綺麗でいられる人の究極の方法』 より、見た目の若さだけではない、本当に意味で若々しく生きていくための生活習慣の見つめ方をご紹介します。
外国人労働者受け入れ拡大 外国人労働者と良好な関係を築く方法とは

外国人労働者受け入れ拡大 外国人労働者と良好な関係を築く方法とは

【カルチャー】
「高度外国人材」の予備軍の外国人留学生と受け入れ企業への意識調査では、お互いの意識に食い違いがありました。同僚として心がけたいのは、会社の同化圧力から彼らを守る防波堤になり、相談に乗りながら彼らの優れた部分を引き出すような姿勢でしょう。
下重暁子『極上の孤独』より 本当の孤独とは何なのかを知る

下重暁子『極上の孤独』より 本当の孤独とは何なのかを知る

【カルチャー】
一人で過ごすことが好きな人、意外といるはずです。しかし、世の中的には「孤独=悪」。年を重ねたときに一人でいることは、寂しくて憐れ。そんな偏った見方を、他人にも自分にもしてしまう傾向があるものです。そもそも、孤独でいるということは、成熟した人間だけが到達できる境地。下重暁子著『極上の孤独』 は、一人でいることをこよなく愛している著者が、本当の孤独とは何なのか、そして、孤独の効用について語った一冊です。
159 件

カルチャーで人気のキーワード