カルチャー

カルチャー

一流の映画を見ろ、一流の音楽を聞け、一流の芝居を見ろ、一流の本を読め。そして、それから自分の世界を作れ(手塚治虫)。 身体に栄養を与えるように、心にも栄養を。ときには真面目に、ときにはおもいっきりエンターテインメントに、選りすぐりの本や映画を紹介します。

宇宙が好き 宇宙が好き

お金持ち男子はみんな優しい お金持ち男子はみんな優しい

カルチャーの記事 最近投稿された記事

【書評】仮想通貨とは、信用の新たなる形である『仮想通貨3.0』

【書評】仮想通貨とは、信用の新たなる形である『仮想通貨3.0』

【カルチャー】
2014年に発生したマウントゴックス事件。当時世界最大だったビットコイン取引所マウントゴックスで75万BTC(当時レートで約480億円)と顧客の資金だった28億円を消失する事件が発生した。
ミッフィーが誘ってくれる“誰といってもそれぞれ楽しい”美術展!

ミッフィーが誘ってくれる“誰といってもそれぞれ楽しい”美術展!

【カルチャー】
「美術作品を自分の思うままに楽みましょう。」 「美術館で、本物の迫力や繊細さをじっくり味わってみてください」 ・・・と毎回力強くお勧めし、それはもちろん心からの思いではありますが、実際に“美術館に行く”って、結構いろいろな選択ハードルがあるのですよね。
突然辞める若者たち マネジメント層が知っておくべき考え方

突然辞める若者たち マネジメント層が知っておくべき考え方

【カルチャー】
入社したばかりの若者が早々に退職してしまい、困り果てているという話を耳にする時期です。少し注意しただけなのにパワハラだと言われたり、頑張っているように見えたのに突然会社に来なくなったり。 平賀充記著『なぜ最近の若者は突然辞めるのか』 より、現代の若者に対して無駄に気を使うことなく、円滑にマネジメントするための考え方をご紹介します。
48億円資金調達したピクシーダスト落合陽一の「空間開発型事業」とは

48億円資金調達したピクシーダスト落合陽一の「空間開発型事業」とは

【カルチャー】
「ピクシーダストテクノロジーズ(代表:落合陽一氏)、38億4,600万円の資金調達」5月23日付けのこのニュースは記憶に新しいはずです。3月、商工組合中央金庫からの融資10億円と合算すれば総額48億以上にもなる大型資金調達をおこなったピクシーダストの、目指すものとは?
問題解決力を高めるために必要な「問題設定力」とは

問題解決力を高めるために必要な「問題設定力」とは

【カルチャー】
私たちを取り巻く環境は、ますます複雑になってきています。さまざまな現象が起きたときに、その問題の本質を正しく見抜いて、解決に向かう一番効果的な方法を見つけ出す力は、必須スキルであるといえるでしょう。 苅野進著『考える力とは、問題をシンプルにすることである。』 より、問題設定力を高めるために大事な考え方をご紹介します。
【書評】一人の夢が夢で終わらず現実になる『渋谷ではたらく社長の告白』

【書評】一人の夢が夢で終わらず現実になる『渋谷ではたらく社長の告白』

【カルチャー】
本書の内容は、株式会社サイバーエージェントの創業ストーリーだ。著者の生い立ちから、どのようにして起業家を目指すようになったのか。また、創業時の苦悩やインターネットバブルの崩壊、 買収の危機など過去に起こった数々の出来事についてまとめられている。
伝え方で意識するコツは3つだけ!勝負どころはスイッチONが大切

伝え方で意識するコツは3つだけ!勝負どころはスイッチONが大切

【カルチャー】
商談やプレゼンなど、ビジネスの場で伝えるという機会は山のようにあります。結果に結びつく伝え方は、どんな職種であっても最重要スキルであるといえるでしょう。 深沢真太郎著『少ない言葉+ていねい+正しそうでOK! 伝わるスイッチ』 より、相手の理解と納得を生む伝え方のコツをご紹介します。
あのマイセンが動物園?300年の職人技と情熱を味わおう!

あのマイセンが動物園?300年の職人技と情熱を味わおう!

【カルチャー】
私の仕事場には、白茶ネコが一匹。福利厚生部長として、ワークライフバランスを重視した自由な毎日を送っています。
会社を休みたいのに休めない。心のメカニズムの真相を究明する

会社を休みたいのに休めない。心のメカニズムの真相を究明する

【カルチャー】
定時で帰るということがテーマになったドラマが話題になっています。しかし、会社を休みたいのに休めないという人は、まだまだ多くいるのではないでしょうか。 志村和久著『頑張りすぎるあなたのための 会社を休む練習』 より、「休めない」を解決するための考え方をご紹介します。
【書評】仕事を私事にすると毎日がワクワクして楽しんでいられる『考えないヒント~アイデアはこうして生まれる~』

【書評】仕事を私事にすると毎日がワクワクして楽しんでいられる『考えないヒント~アイデアはこうして生まれる~』

【カルチャー】
本書には、人々の日常を変えるような発想のヒントが、たくさんつまっている。その一つが、いいアイデアの出し方だ。それは常に「面白いことがないか」と考えることだという。
リーダーシップを発揮するには?自分らしさの活かし方

リーダーシップを発揮するには?自分らしさの活かし方

【カルチャー】
近年、女性活躍推進の波に乗って管理職になることを会社から打診される女性が多いようです。しかし、土壌が整っていない現実に対して昇進に尻込みしてしまう女性が多いということもよく聞く話です。男女関係なく働く人にとってリーダーシップについては、常に悩まされる課題でしょう。 有冬典子著『リーダーシップに出会う瞬間』 より、自分固有のリーダーシップを作るための考え方をご紹介します。
【書評】2018年1番売れた翻訳ビジネス書第2弾!『1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365~人物編~』

【書評】2018年1番売れた翻訳ビジネス書第2弾!『1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365~人物編~』

【カルチャー】
本書はシリーズ累計136万部突破した『1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365』の第2弾。今回は「人物編」だ。
【夏の和歌】心に癒しを。爽やかな初夏に詠みたい万葉集

【夏の和歌】心に癒しを。爽やかな初夏に詠みたい万葉集

【カルチャー】
日本では古くから四季折々の情景を和歌で表現してきました。日本最古の和歌集として知られる「万葉集」は、身分の上下関係なく約4,500首以上もの歌が編纂されています。なかでも今回は、「夏の歌」をピックアップしてお届けします。
湊音 |
自分本来の仕事に集中するための「超集中」ライフハックとは

自分本来の仕事に集中するための「超集中」ライフハックとは

【カルチャー】
あれもこれもやることが増えて散漫になってしまうことがあります。もっとタスクをスリムにして、集中しながら良い仕事をしたいものです。 秋好陽介著『超集中ハック』 より、自分のするべき仕事に集中するための方法をご紹介します。
新元号「令和」の意味や由来、元号の役割とは~平成から令和へ

新元号「令和」の意味や由来、元号の役割とは~平成から令和へ

【カルチャー】
2019年4月1日に新元号が「令和」となることが発表されました。そして5月1日、「平成」に終わりを告げ、いよいよ令和の時代がスタートしました。元号は、普段の生活でもよく使用する身近な存在。今回は新元号「令和」の意味について考えていきます。
湊音 |
215 件

カルチャーで人気のキーワード