カルチャー

カルチャー

一流の映画を見ろ、一流の音楽を聞け、一流の芝居を見ろ、一流の本を読め。そして、それから自分の世界を作れ(手塚治虫)。 身体に栄養を与えるように、心にも栄養を。ときには真面目に、ときにはおもいっきりエンターテインメントに、選りすぐりの本や映画を紹介します。

宇宙が好き 宇宙が好き

お金持ち男子はみんな優しい お金持ち男子はみんな優しい

カルチャーの記事 最近投稿された記事

時間に追われるあなたへ 充実した「今」が手に入るブレインノートのすすめ

時間に追われるあなたへ 充実した「今」が手に入るブレインノートのすすめ

【カルチャー】
はかどらない予定に追われて、肝心の「今」に注力できない人におすすめなのが、日々の気がかりを整理してくれるブレインノートです。来年の手帳を買うときは新しいノートも1冊用意して、最初のページに「Brain」(脳)と書いてみませんか?
「10年後の仕事図鑑」を読んで、未来の働き方を考えてみる

「10年後の仕事図鑑」を読んで、未来の働き方を考えてみる

【カルチャー】
AIに関する最新ニュースが毎日のように伝えられていますが、同時に「人工知能に仕事を奪われる」という問題についても見聞きする機会が増えたように感じます。例えばテレビ朝日の歴史ある討論番組『朝まで生テレビ』でもAIを3時間丸ごと特集していましたが、その論客のひとりに落合陽一氏の姿もありました。
3Dプリンターの可能性とは(住居問題や宇宙開発に貢献/銃製造法は公開すべきか)

3Dプリンターの可能性とは(住居問題や宇宙開発に貢献/銃製造法は公開すべきか)

【カルチャー】
話題の3Dプリント技術。その最大の特徴は、金型を必要としない造形技術であることです。そのため工程を大幅にカットし、製造コストを削減できるメリットがあります。3Dプリンター製フィギュアの精巧さに感心していたら、もはや家やロケットの製造にも取り入れられていました!
賢い消費者になるためには?-  行動経済学のトリックを知る

賢い消費者になるためには?- 行動経済学のトリックを知る

【カルチャー】
「こんなもの買うつもりじゃなかったのに!」このように後悔した経験はありませんか。それは行動経済学の「ナッジ理論」を活かしたマーケティングに惑わされてしまったのかもしれません。どうすれば惑わされないか、それは「ナッジ」のトリックを知ることです。
ズボラさん必見!ながら運動で運動不足を解消しよう!

ズボラさん必見!ながら運動で運動不足を解消しよう!

【カルチャー】
多忙になるにつれ、運動不足を感じる人は増えてきます。しかし、体を動かす頻度が低下すると血流の悪化や活力の低下などを招く恐れがあるため、できるだけ日常生活に運動を取り入れていきましょう。 そこで今回は、運動不足を解消するための「ながら運動」の方法を紹介します。
孫正義氏も認めた男が教える!「1分で話す」技術

孫正義氏も認めた男が教える!「1分で話す」技術

【カルチャー】
2011年。ソフトバンクを率いる孫正義氏は、自身の後継者を育てるための育成機関「ソフトバンクアカデミア」を設立して社内はもとより社外から優秀な人材を集めました。倍率100倍とも言われた選考試験の内容は「3回のプレゼン」。筆記試験や面接はなく、すべてプレゼン。いかに孫氏が「伝える技術」を重要視しているのか分かります。
一歩先を行く!!できるビジネスマンの歩き方

一歩先を行く!!できるビジネスマンの歩き方

【カルチャー】
ピンと背筋を伸ばしさっそうと歩く姿は、他人からかっこ良く見えることだけがメリットではありません。自信がつく、前向きな気持ちになるなど、精神面でも大きなメリットがあります。 そこで今回は、できるビジネスマンの歩き方を身につけるために必要な習慣やトレーニングをご紹介します。
東京ウォーカーに出てます_お金持ち男子はみんな優しい#20

東京ウォーカーに出てます_お金持ち男子はみんな優しい#20

【カルチャー】
漫画家の矢島光さんが、慶應義塾大学卒→サイバーエージェント新卒入社の経歴を存分に活かしつつ、お金持ち男子の観察をするゆるゆるマンガ連載です。今回は箸休め。東京ォーカーさんに取材してもらったので宣伝しまーす!
失敗は怖くない!落ち込みから立ち直るための論語の教え

失敗は怖くない!落ち込みから立ち直るための論語の教え

【カルチャー】
仕事の上で失敗して落ち込むことは誰にでもあることです。しかし、いかにそこから立ち直ることができるか、ということも、良い仕事をするために不可欠の素養であると言えます。この記事では『論語』を紐解きながら、そうした落ち込みから立ち直るための考え方を紹介していきます。
「美術研修」を導入する企業が増えている?! 30代からの感性解凍エクササイズ

「美術研修」を導入する企業が増えている?! 30代からの感性解凍エクササイズ

【カルチャー】
初めまして。かってんともこと申します。 美術展用映像・コンテンツ企画製作という、 “美術展のクロコ業”十余年。 広告から日本語教師、面接官等々、流浪の末にたどり着いたこの仕事には、離れられない魅力あり・・美術展にまつわる“クロコなお話”、お届けいたします。
チームラボでデジタルアートを体感しよう

チームラボでデジタルアートを体感しよう

【カルチャー】
チームラボは、自称ウルトラテクノロジスト集団・デジタルコンテンツ制作会社。デジタル分野の専門家で構成されるこの会社を率いるのは、日本のスティーブジョブスとの呼び声高い猪子寿之氏。 彼らのデジタルテーマパーク「お台場ボーダレス」「豊洲プラネッツ」は体験済みですか?
イタリアのイクメン事情 男子トイレでのおむつ替えやPTA活動にも積極的

イタリアのイクメン事情 男子トイレでのおむつ替えやPTA活動にも積極的

【カルチャー】
母が強いといわれるイタリア。その一方で、イタリアはヨーロッパでも男尊女卑が残る国としても有名という矛盾があります。映画『ゴッドファーザー』の男性像がそれ。 しかし、母親に支配されていたり、男性優位を振りかざしていたイタリア男子たちが変わりつつあるのです。
デジタルデトックスでリフレッシュ!スマホを断ち切り直感力を研ぎ澄ます旅2選

デジタルデトックスでリフレッシュ!スマホを断ち切り直感力を研ぎ澄ます旅2選

【カルチャー】
最近よく耳にするようになった「デジタルデトックス」。スマホなどの電子機器を断ち切り自分と対話する時間を持つことで、脳疲労の回復やストレス低減などの効果があるとして、今や世界各地でも注目を浴びています。ここでは国内と海外のデジタルデトックスの例をご紹介します。
バチェラー小柳津_お金持ち男子はみんな優しい#19

バチェラー小柳津_お金持ち男子はみんな優しい#19

【カルチャー】
漫画家の矢島光さんが出会ったお金持ち男子たちとのメモリーをゆるゆるでお届けする連載です。今回はちょっと有名人登場。「バチェラー!」とお呼びください。ちなみに、矢島光さんは、慶應義塾大学→サイバーエージェント就職の経歴を存分に活かしつつ、お金持ち男子の観察を続けています!
本音が言えない人は必見!堀江貴文流「本音で生きる」術

本音が言えない人は必見!堀江貴文流「本音で生きる」術

【カルチャー】
堀江貴文氏の著書『本音で生きる』。堀江氏と言えば2017年に上梓した『多動力』が1年余りで30万部超えのベストセラーを記録したのも記憶に新しいですが、『本音で生きる』は2015年の初版から足掛け3年で30万部超え。『多動力』に劣らぬロングセラーとなっています。
123 件

カルチャーで人気のキーワード