経済

経済

日々の株式や為替の相場。それを動かす政治や経済の動向。事実はひとつでも、視点は無限大にあります。 どんな視点にめぐり逢えるかで、世の中の見え方はがらりと変わる。STAGEならではの視点から事実を捉えることで、世の中に新たな潮流を創り出します。

金融リテラシーで変わる社会 金融リテラシーで変わる社会

経済の記事 最近投稿された記事

ディズニーが21世紀フォックス買収 その狙いや市場の影響は?

ディズニーが21世紀フォックス買収 その狙いや市場の影響は?

【経済】
映画シュガー・ラッシュ:オンラインでは歴代ディズニープリンセスや、スター・ウォーズ、マーベルキャラクターをカメオ出演させる等、斬新なアイデアを披露し注目を集めるウォルト・ディズニー社。フォックスの買収にはどんな意図があるのでしょうか。その狙いについて迫ります。
ミレニアル世代の消費行動は「いいね!」という共感がつくる

ミレニアル世代の消費行動は「いいね!」という共感がつくる

【経済】
「モノよりコト」の消費という言葉が浸透しはじめて久しいですが、最近では「トキ」の消費という言葉も耳にするようになり、時代は「経験」価値にお金を使う、経験経済に移行しています。そして、それを加速させているのがミレニアル世代です。今回はその実態について探ります。
11人の社長が語る 素敵で売れるモノを作る良いビジネスの形とは

11人の社長が語る 素敵で売れるモノを作る良いビジネスの形とは

【経済】
今、注目されていて流行っているこだわりのモノやコト。その会社を経営する社長は、何か普通ではない特別な経営センスがあるのでしょうか。「売れる」「売れない」の差はどこにあって、どうしたら売れるモノを作ることができるのか。それは、自分目線ではなく、お客様のニーズや要望の中に、大きなカギがあるようです。一田憲子著『キッチンで読むビジネスのはなし』 より、11人の社長が語る、ビジネスへの向き合い方をご紹介します。
ファンタスティックビーストも好調 JKローリングの逞しい商魂

ファンタスティックビーストも好調 JKローリングの逞しい商魂

【経済】
「ハリー・ポッター」シリーズに続き、新シリーズ2作目の映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』も大当たりのJKローリング。今回は彼女の人生を大逆転させた「ハリー・ポッター」の成功、そしてJKローリングの逞しい商魂について迫ります。
行動経済学とは?経済学との違いや身近な例を解説

行動経済学とは?経済学との違いや身近な例を解説

【経済】
行動経済学というと、難しい数式や堅苦しい論文、聞き慣れない学問というイメージがあるかもしれません。しかし、行動経済学は私たちの生活と密接な関係にあります。上手に取り入れることで、ビジネスを円滑にし、目標達成を加速させることができます。今回は、そんな行動経済学を解説します。
マークザッカーバーグなどベーシックインカム支持者たちの提言

マークザッカーバーグなどベーシックインカム支持者たちの提言

【経済】
フィンランドでは実際に実験が行われたベーシックインカム。ユーロ圏初の取り組みは注目を集めました。 ベーシックインカム支持者といえば、イーロン・マスクや、Facebook共同設立者クリス・ヒューズなどがいます。 今回は著書やスピーチで支持を表明した3人の提言をまとめてみました。
広まる日本のブラックフライデー 本場アメリカの状況から今後を考える 

広まる日本のブラックフライデー 本場アメリカの状況から今後を考える 

【経済】
ブラックフライデーを知っていますか?アメリカで最も買い物されると言われる店舗セールの日です。日本でもイオンやトイザらスでブラックフライデーセールが取り入れられ、認識されつつあります。今後盛り上がりを見せるのか、本場アメリカの動向から考えます。
米国の景気の先行指標はどう動いているのか

米国の景気の先行指標はどう動いているのか

【経済】
米国の景気を見るときに、住宅関連の指標は先行指標となりえます。全米不動産協会が11月21日に発表した10月の中古住宅販売件数は年率換算で522万戸となり、前月比で1.4%の増加(7か月ぶりの増加)になりました。
株式市場はGAFAとともに長い調整に入る

株式市場はGAFAとともに長い調整に入る

【経済】
S&P500の2013年~2018年9月末までの上昇分のうち、実にその4割弱はアマゾン、アップル、アルファベット(グーグルの持ち株会社)、フェイスブック、マイクロソフト、ネットフリックスの6社がもたらしたものです。
孫社長の狙いは?ソフトバンク、アメリカの敏腕広報を常務に 

孫社長の狙いは?ソフトバンク、アメリカの敏腕広報を常務に 

【経済】
ソフトバンクの上場が12月に承認予定となり、親会社、ソフトバンクグループの孫正義社長の目標も1つ達成されようとしています。そして、11月には新たに世界で最も力のある広報と言われる、ゲーリー・ギンズバーグ氏を常務として迎えました。さて、孫社長の次の狙いとは。
混乱する仮想通貨の行方ーウォーレン・バフェット やビル・クリントンの影響は

混乱する仮想通貨の行方ーウォーレン・バフェット やビル・クリントンの影響は

【経済】
行方の不安定な仮想通貨。ウォーレン・バフェットやビル・クリントンのような著名人の発言による影響や、10月11日には仮想通貨に関する上院委員会の公聴会も開かれ有識者が議論を交わし合うなど、益々注目されるアメリカでの仮想通貨の動向について探ります。
世界の30代資産家ランキング、1位はあの人

世界の30代資産家ランキング、1位はあの人

【経済】
皆さんは世界のトップに君臨する経営者がどの位の資産を保有しているか知っていますか? (1ドル=112円で換算)
日銀は次の景気後退時に打つ手がない

日銀は次の景気後退時に打つ手がない

【経済】
FOMCが公表している政策金利の見通しでは、2020年には金利引き上げを終了することが示唆されています。2020年の利上げ回数はわずかに1回の見通しであり、2020年1-3月期にFRBの利上げがストップするシナリオもありえるのです。さらに2021年には景気後退に陥るという展開を意識して、利下げも視野に入ってくる状況にあるというわけです。
読書量は一般人の38倍!?ビルゲイツや柳井正など富裕層に共通する「読書習慣」とは

読書量は一般人の38倍!?ビルゲイツや柳井正など富裕層に共通する「読書習慣」とは

【経済】
「ビリオネア」という言葉をご存知ですか?ビリオネアとは1ビリオン=10億ドル、日本円で1100億円以上の資産を持つ超富裕層を指し、アメリカの経済誌フォーブス「世界の長者番付」によると、現在世界には2208人のビリオネアが存在しています。(2018年3月6日付)
米国の長期金利が示す「景気減速の兆候」と「株式市場の調整」

米国の長期金利が示す「景気減速の兆候」と「株式市場の調整」

【経済】
米国の長期金利が9月下旬から上昇基調となり、10月に入るとこれまで壁として跳ね返されてきた3%のラインを突破してきました。その後は3%の壁を明確に突き抜けて3.2%台まで上昇し、2011年5月以来の水準にまで戻ってきています。今の長期金利は「これまでの上限が下限になる」というチャートの理論を体現する形となってきているようです。
41 件

経済で人気のキーワード