経済

経済

日々の株式や為替の相場。それを動かす政治や経済の動向。事実はひとつでも、視点は無限大にあります。 どんな視点にめぐり逢えるかで、世の中の見え方はがらりと変わる。STAGEならではの視点から事実を捉えることで、世の中に新たな潮流を創り出します。

金融リテラシーで変わる社会 金融リテラシーで変わる社会

中原さんの経済の視点/賢者の投資 中原さんの経済の視点/賢者の投資

「額歴」がぐんぐん上がる経済ホットレ 「額歴」がぐんぐん上がる経済ホットレ

野口悠紀雄ブロックチェーン基調講演 野口悠紀雄ブロックチェーン基調講演

経済の記事 最近投稿された記事

世界各国が傾斜する金融緩和と為替の関係

世界各国が傾斜する金融緩和と為替の関係

【経済】
最近の経済指標を見ていると世界的な景気の減速傾向が確認できます。そのため、各国の中央銀行より金融緩和を進める発言や、実際にいくつかの国においては緩和策(利下げなど)が採用されています。ところで、金融緩和策の打つ手が限られている日本円の今後の見通しはいかに。
ネスレやポケモンが参入!「睡眠改善」に注目する企業の取組み

ネスレやポケモンが参入!「睡眠改善」に注目する企業の取組み

【経済】
『ポケモンスリープ』を始め「睡眠」をキーワードとした企業が注目を浴びています。 睡眠不足は個人の健康リスクだけではなく、社会的な経済損失が15兆円にもなると言われています。そんな有害だらけの睡眠不足を真剣に取り組む時期がやってきたようです。
米FRBの決断はいかに

米FRBの決断はいかに

【経済】
この記事が出ているときには、6月18~19日の米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催され結果は公表されているであろう。今回、政策金利引下げは見送られ、もし利下げになるとサプライズとされるであろう。7月以降のFRBの政策と米国経済の見通しを考えてみたい。
なぜFRBは利下げに追い込まれつつあるのか

なぜFRBは利下げに追い込まれつつあるのか

【経済】
FRBのパウエル議長の基本的なスタンスは、FOMC後の記者会見のたびに述べられています。
Uberがお手本?高齢者ドライバーが送迎してくれる「ささえ合い交通」

Uberがお手本?高齢者ドライバーが送迎してくれる「ささえ合い交通」

【経済】
高齢者ドライバーによる痛ましい死亡事故が起きて運転免許証の自主返納が話題になっていますが、京都府京丹後市には高齢者ドライバーが高齢者をマイカーに乗せて送迎する「ささえ合い交通」があります。電話で依頼でき現金払い可のアナログなUberです。
FRBの利下げが景気を押し上げ、株価の高水準を延命する

FRBの利下げが景気を押し上げ、株価の高水準を延命する

【経済】
FRBが2019年に入り利上げを停止したことで、実際に米国の景気は大きく下支えされています。現在も過去も不動産(とくに住宅)は景気拡大のエンジン役を果たしていますが、利上げの停止によって米国の長期金利はいっそう下がり、住宅ローン金利も下がったので、下降の傾向にあった住宅関連指標が総じて持ち直してきているのです。
タリフマンとイールドカーブの本質

タリフマンとイールドカーブの本質

【経済】
自称タリフマン(関税の男)ことトランプ大統領の言動と米国のイールドカーブが逆イールドになったというニュースが繰り返され米国の景気後退という悲観論が台頭していますが本当でしょうか。記事に流されず冷静にきちんと分析する必要がありそうです。
6月施行の改正消費者契約法で「ノークレーム・ノーリターン」は消える?

6月施行の改正消費者契約法で「ノークレーム・ノーリターン」は消える?

【経済】
6月15日に改正消費者契約法が施行されます。契約に「消費者からの解除権」を放棄させるような不当条項がついていたら契約を無効にする規定が強化されます。個人間売買の「ノークレーム・ノーリターン」はその範囲外ですが、民法572条では無効にされます。
トレンドによってリスクをコントロールする

トレンドによってリスクをコントロールする

【経済】
株式投資で資産を堅実に増やす極意は、大怪我をしないということです。大怪我さえしなければ、株式市場は何回でもチャンスを与えてくれるからです。
決算発表で投資成果を上げる方法

決算発表で投資成果を上げる方法

【経済】
今は決算発表の真っ只中です。日経新聞の記事によると、上場企業の2020年3月期の純利益は28兆4,500億円程度と前期比で1.4%減となり、19年3月期に続いて2期連続での最終減益の見通しだそうです。さて、このように難しい局面で投資の精度が上がる、決算分析のコツをお伝えします。
株式投資において積極的にリスクを取ってもいい時期とは

株式投資において積極的にリスクを取ってもいい時期とは

【経済】
資産運用で最も重要なのは、リスク管理(リスクのコントロール)です。 たとえば、資産を株式で運用する場合、いつも積極的にリスクを取っていては、期待できる結果を得ることは難しいでしょう。積極的にリスクを取っていいのは、次の3つのケースにおいてのみだからです。
経済情報のファスティング・ダイエット

経済情報のファスティング・ダイエット

【経済】
GWが始まる前に資産運用で成功している富裕層の方にGW活用術を聞いてみたところ、「日々の経済動向を追わない」、「数年先に思いをめぐらせる」「歴史を振り返る」といったコメントが多くありました。それを信じて最新の経済情報に極力触れない情報ファスティング・ダイエットを試した結果、ある面白い気づきがありました。
【アートで資産形成】保険は?贋作対策は?オークションのメリットは?

【アートで資産形成】保険は?贋作対策は?オークションのメリットは?

【経済】
美術品はお持ちでしょうか? 数百万もするような、高価な物でなくともあなたかご家族が趣味で集めた掛け軸や壺や茶器など意外に価値のあるものをお持ちの方多いのではないでしょうか?
不動産市場が低迷期に入る初期の兆候

不動産市場が低迷期に入る初期の兆候

【経済】
近年、不動産投資がブームであったのは、地方銀行が金融緩和により溢れたマネーをリスク度外視で不動産投資を始める人々に融資してきたからです。
ゴールデンウィーク前に把握しておきたい3つの投資家目線

ゴールデンウィーク前に把握しておきたい3つの投資家目線

【経済】
残すところ1週間でゴールデンウィークに突入しますね。長い人で10連休ということですが、その間の証券市場取引がほぼ停止することが投資家の間で話題になっています。巷では若干投資家を煽るようなレポートやコラムも見かけますが、ここでは事実にフォーカスしてGW前に把握しておくべき3つの目線をお伝えします。
133 件

経済で人気のキーワード