インタビュー

インタビュー

スパイキーに生きる。自分の人生の舞台(STAGE)で輝く。 生き方、仕事、ライフスタイル、人間関係、お金、そして将来の夢。様々な切り口から人生をスパイキーに生きている著名人へ、ここでしか聞けない話をインタビューします。

インタビューの記事 最近投稿された記事

「やったことがないこと」へのチャレンジを繰り返せば、お金を超える価値がたまっていく〜後編〜(植松 努)

「やったことがないこと」へのチャレンジを繰り返せば、お金を超える価値がたまっていく〜後編〜(植松 努)

北海道・赤平町で世界最先端の宇宙ロケット開発事業を行い、「NASAよりも宇宙に近い町工場」と呼ばれる植松電機の代表取締役社長、植松努さん。2017年2月5日に開催された「お金の教養フェスティバル2017」の講演から、熱いメッセージを贈ります。
夢をも越える自分になるために必要なこと(杉村太蔵)

夢をも越える自分になるために必要なこと(杉村太蔵)

派遣社員から26歳にして衆議院議員に。稀に見るシンデレラストーリーで国会議員にまで登りつめた男は、単なるラッキーボーイだったのだろうか? 実はそこには、人生の大いなる夢を自らの力で手繰り寄せるような確固たる信念があった。
「やったことがないこと」へのチャレンジを繰り返せば、お金を超える価値がたまっていく〜前編〜(植松 努)

「やったことがないこと」へのチャレンジを繰り返せば、お金を超える価値がたまっていく〜前編〜(植松 努)

北海道・赤平町で世界最先端の宇宙ロケット開発事業を行い、「NASAよりも宇宙に近い町工場」と呼ばれる植松電機の代表取締役社長、植松努さん。「お金の教養フェスティバル2017」の講演から、熱いメッセージを贈ります。
桁外れの夢に向かって、ひたすら歩み続ける(デューク更家)

桁外れの夢に向かって、ひたすら歩み続ける(デューク更家)

ウォーキングトレーナーのデューク更家さん。独特の呼吸法が話題を呼んだ「デュークズウォーク」を考案。気功や運動生理学、武道、ヨガ、バレエ、ピラティスなどの要素を取り入れたデュークさんオリジナルのメソッドで、日本にウォーキング文化を広めた第一人者。2002年からはモナコに居を構え、日本とモナコを行き来する憧れの生活を送っています。そんなデュークさんの人生観を、「お金」を切り口に紐解きます。
新たな挑戦と継続が、未知なる世界を拓く(渡部 建)

新たな挑戦と継続が、未知なる世界を拓く(渡部 建)

「お金とは、通知表のようなもの。(渡部 建)」
“ラブレター代筆”の仕事を通じて触れる、「誰か」の想いと、「誰か」の人生。(小林慎太郎)

“ラブレター代筆”の仕事を通じて触れる、「誰か」の想いと、「誰か」の人生。(小林慎太郎)

“ラブレター”という言葉すら聞くこともなくなった現代において、“ラブレター”の“代筆”という特異な仕事を行う一人の男性。彼のその仕事に対する想いと、彼のもとに寄せられる依頼内容や、そこにあるそれぞれのドラマについておうかがいしました。
国境を超え、ニューヨークのブロードウェイ街で感動を与え続ける孤高の演劇人(出口最一)

国境を超え、ニューヨークのブロードウェイ街で感動を与え続ける孤高の演劇人(出口最一)

最高峰のエンターテインメントが結集し、大小さまざまな劇場がひしめくニューヨーク・ブロードウェイ。42丁目に演劇プロデューサー・出口最一(でぐちまこと)のSTAGE(舞台)がある。日本人であるということ、アジア人であるということがハンデになる厳しい世界。出口はそこで、自らの理想を追い求め、劇場を訪れたすべての人に感動を与えるために孤高の闘いに挑み続けている。出口を世界の舞台で闘えるまでに導いたものとは一体何なのか。そしてここからどこへ向かうのか。その人生の舞台裏の真髄に迫る。
すべてを捨ててニューヨークへ。夢の原点に戻ることで次のステージに辿り着いた ~前編~(大江千里)

すべてを捨ててニューヨークへ。夢の原点に戻ることで次のステージに辿り着いた ~前編~(大江千里)

幼いころから抱いていた新たな夢である「ジャズ」を追い求めるため、国民的シンガーソングライターとして日本で築き上げた実績を捨てて単身ニューヨークへと渡った大江千里さん。大江さんにゼロから新たなステージへと向かうものを決意させたものは何だったのか、インタビューしました。
川島永嗣が育てた自分自身。その7つの秘訣とは。〜前編〜 (川島永嗣)

川島永嗣が育てた自分自身。その7つの秘訣とは。〜前編〜 (川島永嗣)

今では、世界で活躍し、日本の守護神と呼ばれている、サッカー日本代表の川島永嗣。 でも昔から今の状態だったわけではない。 川島永嗣が自分自身を育ててきた秘訣を、聞いてみた。 ビジネスにも、そして人生にも、大きなヒントを見つけるために。
川島永嗣が育てた自分自身。その7つの秘訣とは。〜後編〜 (川島永嗣)

川島永嗣が育てた自分自身。その7つの秘訣とは。〜後編〜 (川島永嗣)

今では、世界で活躍し、日本の守護神と呼ばれている、サッカー日本代表の川島永嗣。 でも昔から今の状態だったわけではない。 川島永嗣が自分自身を育ててきた秘訣を、聞いてみた。 ビジネスにも、そして人生にも、大きなヒントをみつけるために。
静かなる情熱で次なるSTAGEの扉を開ける、若きフレンチのカリスマ(岸田周三)

静かなる情熱で次なるSTAGEの扉を開ける、若きフレンチのカリスマ(岸田周三)

それは、喩えていうなら打ち上げ花火に似ているかもしれない。お客様が来店する何時間も前から丁寧に低温でローストされた素材は、口に運ばれるその瞬間に、最高に美味しい状態となって大輪の花を咲かせ、広がっていく。ミシュランの三ツ星を獲得し、国内外の食通を魅了し続けている「カンテサンス」のオーナーシェフ・岸田周三。“華麗な芸術美”とも称される打ち上げ花火が繊細かつ高度な職人技に支えられているように、岸田の生み出す芸術的な料理もまた、その一瞬のために全神経を集中させる、ひたむきな努力の結晶だ。静かだけれど、決して途絶えることのない情熱で、ひとつひとつ次なるSTAGEの扉を開けていく──そんな岸田の素顔に迫った。
“ギラギラする”ことが人生を救うチカラになる(奥田修史)

“ギラギラする”ことが人生を救うチカラになる(奥田修史)

かつて「偏差値がつかないほど」落ちぶれ、経営的にも破綻寸前にまで追い込まれていた長崎県諫早市の創成館高等学校。窮地から奇跡の復活劇を見せ、教育業界のみならず広く世間を驚かせた、3代目理事長でもある奥田修史校長。皆から“ヤンチャ校長”と呼ばれる異端の校長に、教育について、経営について、そして“ギラギラ”に沸き立つその生き方について熱く語っていただきました。
27 件

インタビューで人気のキーワード

AD