いつかは住みたい世界の街の生活費

いつかは住みたい世界の街の生活費

誰もが一度は住んでみたいと思ったことがあるはず! そんな世界の憧れ都市の生活費を調査しました。読むだけで夢がふくらみます。

いつかは住みたい世界の街の生活費の記事 最近投稿された記事

「いつかは住みたい」コペンハーゲンでの生活費

「いつかは住みたい」コペンハーゲンでの生活費

【いつかは住みたい世界の街の生活費】
デンマークは、バルト海に突き出すユトランド半島とその周りを囲む島々からなる、世界有数の海運国家です。例えば、世界最大の海運会社と言われるマークスラインもデンマークに本社を置いています。皆さんが手にしている輸入製品にも、デンマークを通じて運ばれたものが少なからずあることでしょう。
「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

【いつかは住みたい世界の街の生活費】
アフリカ大陸最南端に位置する南アフリカは“虹の国”と称され、多彩な魅力に溢れています。「アフリカ」と聞くと野生動物や大自然を想像する方も多いと思いますが、それだけでなく、華やかな街並みや近代都市が共存していることが大きな特徴です。
「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

【いつかは住みたい世界の街の生活費】
マルタ共和国は、佐渡島の半分の面積しかない地中海に浮かぶ小さな島国です。マルタ島、ゴゾ島、コミノ島の3つの島からなるこの国は、透き通るような美しい海、様々な文化が入り組んだ風光明媚な街並み、街を闊歩する猫など、フォトジェニックなスポットが数多くあり、知る人ぞ知る観光国として人気になっています。
「いつかは住みたい」デリーでの生活費

「いつかは住みたい」デリーでの生活費

【いつかは住みたい世界の街の生活費】
インドは、世界2位の13億の人口を抱える国家で、様々な民族・言語・宗教で溢れています。公用語はヒンディー語の他に約20もあり、それを表すものとして「15マイルごとに方言が変わり、25マイルごとにカレーの味が変わる。100マイル行けば言葉が変わる。」ということわざもあります。
「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

【いつかは住みたい世界の街の生活費】
ブータンは、北は中国・南はインドに挟まれる南アジアの国家で、「世界一幸福度が高い国」とも言われています。独特の仏教文化を色濃く残しており、他の国にはない魅力で溢れています。
「いつかは住みたい」ストックホルムの生活費

「いつかは住みたい」ストックホルムの生活費

【いつかは住みたい世界の街の生活費】
スウェーデンは、ノルウェーとフィンランドの中間に位置する北欧の国です。スタイリッシュな雑貨や衣類などでも知られており、「IKEA」や「H&M」などもスウェーデン発祥のブランドです。
「いつかは住みたい」サンパウロでの生活費

「いつかは住みたい」サンパウロでの生活費

【いつかは住みたい世界の街の生活費】
ブラジルは、日本のほぼ反対側、約17,000km離れた場所に位置する南米の国です。 サッカーの国…などといったイメージが先行しがちですが、その人口は日本よりも多い約2億人で、世界5位。豊富な労働力と資源を持ち、現在はBRICS(Brazil、Russia、India、China、South Africa)の1つに数えられるなど、経済大国として注目を浴びています。
「いつかは住みたい」クロアチアでの生活費

「いつかは住みたい」クロアチアでの生活費

【いつかは住みたい世界の街の生活費】
近年、日本でも人気急上昇の旅先となっているのがクロアチアです。アドリア海に面するバルカン半島に位置しており、その美しい自然と中世の街並みが調和した景観は、ヨーロッパ随一とも。特にドブロブニクは“アドリア海の真珠”とも称され、映画「紅の豚」のモデルになった街としても有名です。
「いつかは住みたい」セブ島での生活費

「いつかは住みたい」セブ島での生活費

【いつかは住みたい世界の街の生活費】
白い砂浜に広がるエメラルドグリーンの海…セブ島は、世界中から観光客が集まる有数のリゾート地として知られています。マリンスポーツを楽しめるビーチやフォトジェニックなスポットが多いこともあって、近年はハネムーンの旅行先として日本でも人気を博しています。
「いつかは住みたい」ミラノでの生活費

「いつかは住みたい」ミラノでの生活費

【いつかは住みたい世界の街の生活費】
ファッションの中心地、ミラノ。ミラノコレクションの開催地であり、中心街には一流ブランドの本店や旗艦店がずらり。洗練されたショーウィンドウを見ているだけでも気分がアガります。
「いつかは住みたい」モスクワでの生活費

「いつかは住みたい」モスクワでの生活費

【いつかは住みたい世界の街の生活費】
日本の約45倍の面積を誇る、世界で最も大きな国・ロシア。広さや気候などに関する知名度はもちろん、近年では盛り上がりを見せるフィギュアスケートの話題でも耳にすることが多いのではないでしょうか。
「いつかは住みたい」ケニアでの生活費

「いつかは住みたい」ケニアでの生活費

【いつかは住みたい世界の街の生活費】
アフリカ東部、赤道直下に位置するケニア。広大なサバンナや、ライオンやゾウといった野生動物など、日本では決して味わえない魅力がつまった国です。一方でケニアは、アフリカ経済の中心地としての側面も持っており、近年では首都・ナイロビを筆頭に多くの多国籍企業などが進出しています。少子高齢化の日本とは反対に“若年人口”が圧倒的に多く、将来的な消費・生産力の拡大も一層期待されています。
「いつかは住みたい」ポルトガルでの生活費

「いつかは住みたい」ポルトガルでの生活費

【いつかは住みたい世界の街の生活費】
ユーラシア大陸最西端に位置するポルトガルは、日本が古くから交流を持った西洋の国です。その関係は1543年にポルトガル人が種子島に漂着した時にまで遡り、2010年には修好通商条約締結150周年を迎えるなど、友好な関係が続いています。
「いつかは住みたい」チューリッヒの生活費

「いつかは住みたい」チューリッヒの生活費

【いつかは住みたい世界の街の生活費】
日本から直行便も出ているスイスのチューリッヒは、銀行や証券会社などが集まる世界有数の金融都市です。さらに、文化・芸術の中心地でもあり、大都市でありながら湖などの豊かな自然が望めることも、大きな魅力として知られています。 この様な点からも「住みたい都市」「生活の質が高い都市」といったランキングでも常に上位に名が挙げられており、憧れを抱いたことがある方も多いのではないでしょうか?
「いつかは住みたい」エストニアでの生活費

「いつかは住みたい」エストニアでの生活費

【いつかは住みたい世界の街の生活費】
バルト三国の最北に位置するエストニアは、人口約130万人、国土は日本の約9分の1の小さな国です。以前に、元大関・把瑠都の活躍で国名を耳にした方も多くいらっしゃると思います。 そのエストニアですが、近年“IT先進国”として大きな注目を浴びていることをご存知でしょうか? 実は、あの「Skype」もエストニアから生まれたサービスなのです。
40 件

いつかは住みたい世界の街の生活費で人気のキーワード