スーパースターのお金の流儀

スーパースターのお金の流儀

歴史的偉人から現代のビッグネームまで。誰もが知る「あの人」のお金にまつわるトリビアを集めました。

スーパースターのお金の流儀の記事 最近投稿された記事

宝塚歌劇団は失敗から生まれた〜小林一三が見た夢〜

宝塚歌劇団は失敗から生まれた〜小林一三が見た夢〜

【スーパースターのお金の流儀】
一月三日に生まれたから、一三(いちぞう)。のちに関西経済界のみならず、日本の文化・生活面にも大きな影響を彼は与えましたが、一般的には宝塚歌劇団を最初に作った男と知られています。
実は浪費家ではなかった?  マリー・アントワネットのお金の真実

実は浪費家ではなかった? マリー・アントワネットのお金の真実

【スーパースターのお金の流儀】
なぜか、誤解ばかり受ける女性がいる。フランス王妃マリー・アントワネットは、生きている間もそうだったが、死んでからも自分が言ったセリフではない「パンがなければ、ケーキ(orブリオッシュ)を食べればいいじゃない」という自由奔放な言葉が一人歩きをして、彼女の評判を死後も貶められていました。ようやく近年になって、このセリフの出典が彼女ではないという事実が一般層にも広まってきています。
借金王ジュリアス・シーザー 借金で、世界の半分を手にした男

借金王ジュリアス・シーザー 借金で、世界の半分を手にした男

【スーパースターのお金の流儀】
今では、歴史の教科書に当然載っている有名なシーザーですが、意外なことに彼は40歳を過ぎるまで、公職につくこともなければ、手柄を挙げて有名になることはありませんでした。でも、別の意味で有名でした。彼は、借金と女性関係で有名だったのです。
やっぱりビヨンセの旦那はすごかった! Jay-Zのビジネスセンス

やっぱりビヨンセの旦那はすごかった! Jay-Zのビジネスセンス

【スーパースターのお金の流儀】
いまや押しも押されぬナンバーワン・ディーバとなったビヨンセ。2017年のグラミー賞で最優秀賞アルバム賞でノミネートされた「レモネード」というアルバムでは、パートナーである男性にどうしても嫉妬してしまう女性の繊細な気持ちを歌い上げ、全世界で250万枚のCDセールスを記録しました。
4 件

スーパースターのお金の流儀で人気のキーワード