2019年8月6日 更新

モチベーションを上げる方法を知っているだけで人生が変わる

モチベーションを上げることで、同じ仕事でも成果は大きく変わります。その結果、高い評価を受けたり収入が増えたりと、人生にも大きく作用します。そこでモチベーションを上げるための方法を具体的に説明します。

2019.8.6

1 モチベーションとは?やる気とどう違うの?

gettyimages (43970)

「モチベーション」と「やる気」は似ている言葉ですが、明確な違いがあります。

1-1 やる気の源泉がモチベーション

やる気とは「行動しようとする気持ち」です。その気持ちを引き出すのが、モチベーションとなります。

星野リゾート社長の星野佳路氏は、赤字経営の老舗温泉旅館を再生するにあたり、従業員と徹底的にディスカッションを重ねてモチベーションを引き出しています。顧客に満足して欲しいという気持ちはありながらも実践できなかった従業員は、具体的に何をすればよいのかを考え出すことで、モチベーションを高めてやる気を生み出したのです。(※1)

1-2 モチベーションが上がれば、やる気が出るという関係 

心理学ではモチベーションとは、「意欲が特定の行動を選択し、それを実行につなげる状態」を意味します。つまりモチベーションが上がることで、行動につながる「やる気」が出るということです。

2 すべての行動は動機づけされている

gettyimages (43984)

モチベーションの和訳は「動機づけ」です。そして動機づけにつながる要因には、外部からのものと内部から沸き上がる欲求とがあるとされています。(※2)

2-1 強制力のある外発的動機づけ

外発的動機づけには、強制・懲罰・評価・報酬といったものがあります。

「これをしなければ困る、あるいは怒られる」「これを達成すれば喜ばれる、あるいは出世できる」といったものがそうです。

これらはみな、いろんな意味での「報酬」を受けるために行動するという共通点があります。

たとえばもっと給料が欲しいとか、異性にもてたいといった気持ちも、実は外発的動機づけというわけです。あるいは逆に行動しなければペナルティを受ける、不自由になるといった理由も同じです。

外発的動機づけは強制力があり、行動しやすいのがメリットですが、持続性がなく自主性も生まれにくいというデメリットがあります。

2-2 持続性のある内発的動機づけ

40 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

20~30代で早期リタイアする“FIRE”族の暮らし方・人生観とは

20~30代で早期リタイアする“FIRE”族の暮らし方・人生観とは

アメリカでは、20代、30代の若さで職業生活を早期リタイアし、働くことに縛られずに生きる「FIRE」のムーブメントが起きています。貯金があり支出を抑えれば「4%ルール」で生活していけるといいますが、彼らはどんな暮らし方をしているのでしょうか?
アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

クリティカル・シンキングの力や国際性が重視されるビジネス環境となった今、リベラル・アーツ研修や講習に参加する社会人が増えています。リベラル・アーツの知識を深めることも大切ですがその知識をアウトプットする力が重要です。
パーソナルブランディングとは|会社員にも必須の時代が来る!

パーソナルブランディングとは|会社員にも必須の時代が来る!

近年注目が集まっている「パーソナルブランディング」。個人をブランド化するということでフリーランス・起業家などに必要だと考えられる一方、会社員にも重宝するポイントがたくさんあります。どのように活用するといいのでしょうか?
タスク管理が必要な理由とは?業務を効率化するメリットと方法

タスク管理が必要な理由とは?業務を効率化するメリットと方法

業務を効率化できるタスク管理。その名前は知っているけれども、実践の方法がわからないという方は少なくないかと思います。そこで今回はタスク管理のメリットと、その方法を説明します。業務を効率化すれば、プライベートを充実させることもできるでしょう。
ビジネスでの人間関係は「明るい笑顔」が武器になる!

ビジネスでの人間関係は「明るい笑顔」が武器になる!

人間関係に悩んでいる人ほど、表情にもその様子があらわれがち。なんとなく沈んだ気持ち・暗い表情で毎日を過ごしていませんか?今回は、ビジネスシーンでも重要になる「明るい表情・笑顔づくり」のコツをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部