2019年9月9日 更新

お金持ちは言葉を選んでいる!金運を逃す口グセには要注意?

お金持ちの成功者ほど言葉を大切にする、としばしば耳にします。「言霊(ことだま)」とも言われ、言葉には想像以上のパワーがあると言われます。そうであれば、お金持ちを目指す人が使ってはいけない言葉もありそうです。今日は、お金持ちが避けている言葉を調べてみました。

gettyimages (46273)

2019.9.4

お金持ちほど発する言葉のパワーを知っている?

gettyimages (46278)

成功者など、お金持ちほど意識して言葉を選んで使っているな、と感じることは誰にでもありますね。また、日常何気なく使っている言葉が良くも悪くも自己暗示として働いてしまうことは、昨今では一般にも広く知られるようにもなってきました。

例を挙げれば、「自分は何をやっても満足にできない人間!」「自分は誰からも受け容れられない人間!」などのようなネガティブなイメージを心に抱いていると、日常発する言葉にも反映されて自己暗示となり、潜在意識が自らの行動を制約することになるのですね。
結果的に失敗したり、挫折したりすることが多くなってしまうのは、自明の理だと言えます。そもそも、ネガティブな言葉を心に抱いていれば、ここぞというタイミングで踏ん張りが利きませんし、思い切った勝負にも出られなくなる経験は、相当数の方が経験しているのではないでしょうか。
そのような訳で、成功したお金持ちほど心に抱くイメージ、発する言葉を大切にする傾向があるのは、至って自然なことです。実業家であり、日本有数の高額納税者としても知られる斎藤一人さんも、発する言葉の大切さを常々説かれていますね。

お金持ちが使わない3つの言葉とは?

gettyimages (46283)

成功者などお金持ちほど言葉遣いには気を付けている訳ですが、彼ら・彼女らが極力使わないようにしている言葉があります。言わずもがな、心に抱くことで、また発することで自らに悪い自己暗示をかけるリスクが高い言葉ですね。以下に、お金持ちが極力使わないようにしている言葉の例を紹介してみましょう。

・忙しい

日本人は、この言葉を口グセにしている方が多い印象です。漢字の「忙」は、「心を亡くす」と読めます。つまり、自身の心の余裕を失わせ、自らのキャパシティ(知的能力)の限界を宣言するような言葉です。実際、この言葉を多用する方ほどキャパシティが小さく、仕事のクオリティも高くない印象を受けるものです。

できない理由を「忙しいから」としがちな方は、そもそも時間があってもやらないですし、物事の段取りが下手なケースも少なくないようです。一方、本当に忙しいにも関わらず、高いパフォーマンスを発揮している方ほど、この言葉は滅多に口にしない感がありますね。

・困った

無意識に発する方も多い言葉。何か問題を感じると、反射的に心に抱きやすい言葉でもあります。しかし、これは自身を二進も三進もゆかない状況に追い詰める、悪い自己暗示をかける言葉です。実際には打開策があるのに、頭が真っ白になって、キチンと思考できなくなってしまう悪い効果があります。

本来存在するチャンスや、自身のポテンシャルを封じ込め、使えないようにしてしまう暗示をかける言葉とも言えますね。お金持ちを目指す方ならば、「自分ならクリアできる!」「きっとやり方はある!」と言い換えるのが良さそうです。

・疲れた

多くの方が何気なく発している言葉です。しかし、自身にも周囲にも悪い影響を与える言葉で、「私はもう限界なのだ」という自己暗示をかけ、先に進む気力を奪ってしまいます。その上、心に抱いているだけで、口に出さなくても、確実に周囲にもネガティブな「気」が伝播してしまう怖い言葉でもありますね。

かつて一緒に仕事をしていた先輩で、この言葉を口グセにしていた方がいたのですが、程なくしてメインの業務から外され、閑職に就く羽目になりました。
「店の経営に疲れた」「仕事に疲れた」などの使われ方もする言葉ですから、お金持ちを目指すならば禁句と言えるでしょう。この言葉の代わりに、「自分頑張ってるな!」「何のこれしき!」などをポジティブな言葉を使ってみるのも良いと思います。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

億万長者というと、自分とは関係がないような気がしてしまいます。さらに、幸せとは言い難い人生を送っている印象が強いものです。しかし、世の中には、知名度は高くなくても、幸せな生き方をしている億万長者もいるようです。 岡崎太郎著『億万長者のすごい習慣』 より、上品で素敵な人生を送る億万長者の習慣をご紹介します。
お金持ちは「節約」でなく「倹約」している!資産を増やす鉄則とは

お金持ちは「節約」でなく「倹約」している!資産を増やす鉄則とは

お金持ちの多くが「倹約」を心掛けています。質素に生活するお金持ちが少なくないということは、広く知られるようになってきました。それでも、「節約」と「倹約」との違いはあまり知られていません。お金持ちが「倹約」によって資産を増やす心得を紹介します。
富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層が欲しいものと聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。都心部の高級マンションやクルーザー、節税対策にもなる高級リゾートホテルの会員権でしょうか。ところが、実際の富裕層が欲しいものは、「目に見えないもの」が大半なのですね。一般層とは発想から異なっています。
富裕層の趣味「乗馬」はどう始めればいい?ビジネススキル向上も期待

富裕層の趣味「乗馬」はどう始めればいい?ビジネススキル向上も期待

「馬術」はオリンピック競技ですが、貴族、上流階級のたしなみだった趣味の「乗馬」は、日本では各地にある乗馬クラブで入門できます。名門クラブもリーズナブルなクラブもありますが、乗馬それ自体、ビジネスリーダーに必要な素養を養える要素を持っています。
富裕層はなぜ高級賃貸マンションに住むのか|気になる家賃や間取りは?

富裕層はなぜ高級賃貸マンションに住むのか|気になる家賃や間取りは?

富裕層と言えば、高級住宅街に豪奢な一戸建てを建築して住まうのが、従来のステレオタイプ的イメージでしょうか。昨今の富裕層では、ビジネス面・プライベート面の利便性や、変化するライフスタイルへの対応に注目し、都心部の賃貸物件に住まうケースも少なくありません。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座