2017年11月28日 更新

富裕層と結婚する女性の共通点

一昔前の女の子の将来の夢は「お嫁さんになること」が一番でした。素敵な旦那様と幸せな結婚をして、幸せな家庭をつくることです。夢はシンデレラになること。現在のアメリカ大統領ドナルド・トランプ氏の奥様メラニア・トランプ夫人などはその典型ですよね?

istockphoto (7337)

2017.11.28
近年富豪と呼ばれる成功者の結婚観が変化しつつあります。どのように変化してきているのでしょうか。

結婚観の現代化

thinkstock (7286)

少し前までは結婚観と言えば、富豪に見初められて玉の輿にのる…いわゆるシンデレラドリームが理想の結婚観でした。
現代社会において女性の社会進出が進むにつれ、そういったこれまでの結婚観にかわる新しい結婚観が生まれています。それが「アソータティブ・メイティング(同類婚)」です。王子様がシンデレラを選ぶのではなく、王子様はお姫様を選択するのがアソータティブ・メイティングであるといえばわかりやすいかと思います。ですから富豪(成功者)が選ぶ女性も従来とは異なる傾向があります。

具体例から考察する現代の富豪の妻

thinkstock (7292)

フェイスブック創業者マーク・ザッカーバーグ氏の妻「プリシア・チャン夫人」

1984年生まれで若干33歳のフェイスブック創業者マークザッカーバーグ氏は世界で一番若い富豪といっても過言はありません。2016年には「フォーブス」の世界長者番付で総資産約446億ドル・世界第6位の富豪にランクインし、世界最年少でトップ10入りを果たしました。
この現代の若き大富豪が選んだ女性が「プリシア・チャン夫人」です。プリシア・チャン夫人はハーバード大学の同級生でした。プリシア・チャン夫人のカリフォルニア大学サンフランシスコ校医学校卒業と博士号取得を祝うパーティーをマークザッカーバーグ氏の裏庭で行いました。このパーティーのサプライズ演出で2人の結婚式も行われることになりました。プリシア・チャン夫人は小児科医として、自分の仕事を持ち続けています。

米マイクロソフトの共同創業者のビル・ゲイツ氏の妻「メリンダ・ゲイツ夫人」

米マイクロソフトの共同創業者のビル・ゲイツ氏は「フォーブス」の世界長者番付で1994年~2006年までの13年間連続の世界一の記録の持ち主です。
ビル・ゲイツ氏が選んだメリンダ・ゲイツ夫人は、マイクロソフトでマネージャーをしていました。その間に会社の創業者であるビル・ゲイツ氏と出会い、結婚することになりました。メリンダ・ゲイツ夫人はビル&メリンダ・ゲイツ財団で途上国のエイズ・マラリアなどの病気の根絶や教育・貧困などの問題に取り組んでいます。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

人生が劇的に変わる富裕層が大切にしていること3選

人生が劇的に変わる富裕層が大切にしていること3選

日本には、200万人を超える富裕層がいると言われています。富裕層は、彼らだからこそ知っている3つのことを心掛けながら生活しています。この記事では、彼らが実践している3つのことを紹介します。
ワインを愛する富裕層のバカンススタイル「エノツーリズモ」

ワインを愛する富裕層のバカンススタイル「エノツーリズモ」

古代ローマ時代の富裕層が愛した「ワイン」と「閑暇」。 この奥の深いふたつのキーワードを体現したのが、「エノツーリズモ」といわれる観光です。世界各地にあるワイナリーは、豊かな自然に囲まれているという立地条件により、すでにそれだけで閑雅な閑暇を過ごすには絶好のシチュエーション。これを利用した観光業が、昨今のブームとなりつつあるのです。
イタリア富裕層が電車の旅に回帰する理由は「パスタが美味しいから」

イタリア富裕層が電車の旅に回帰する理由は「パスタが美味しいから」

一時期廃れていたイタリア国鉄の「食堂車」が復活しました。カリスマシェフとの夢のコラボが実現し、時間とお金に余裕のある富裕層も電車の旅に戻りつつあります。
富裕層が南半球に移住している理由

富裕層が南半球に移住している理由

経済的に豊かであるということは、選択肢が広がることを意味しますが、そんな選択肢を利用して海外に移住する富裕層が増えていることはご存知でしょうか。ではそうした富裕層たちはなぜ自国を離れ、海外に移住するのでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部