2017年10月23日 更新

日本から一歩も出ないで本格的な英国留学体験できる場所

留学の夢はあるけれど、社会人になるとお金はあっても自由がない…。そんな人に、日本にいながら英国留学が叶う場所があります。その場所の名前は「ブリティッシュヒルズ」。施設の中は英語が公用語で、本物の英国にいるようです。

ブリティッシュヒルズを知っていますか?

福島県の南に位置している羽鳥湖高原の中にあるブリティッシュヒルズは1994年に設立されました。羽鳥湖高原を選んだ理由は、高原の雰囲気や天候がスコットランドのハイランド地方に近かったからだそうです。コンセプトは、「パスポートのいらない英国」で、英国が最も繁栄していた中世の時代を再現した施設にすることで、英国文化を実感できます。7万3000坪もの敷地内にある施設は、建築資材を英国から取り寄せ建てられました。建築様式も、インテリアも中世英国を研究し忠実に再現。ブリティッシュヒルズまでは、東京駅から東北新幹線を利用して新白河駅で下車し送迎バスを利用するのがおすすめ。
※送迎バスは要予約。利用予定日の前日17:00 までにお申し込みください。

建物は中世英国に存在した建物様式を再現しています。

ブリティッシュヒルズの建物内部。外装も内装も、英国から建築資材を取り寄せ、内装も中世英国の建築仕様を研究して作られています。

英国文化を体感できる施設の数々

ブリティッシュヒルズ内にある施設の中に、「マナーハウス」があります。ここでは、宿泊者専用の「エグゼクティブラウンジ」でアルコールや挽きたてコーヒーを楽しむことができるほか、「リフェクトリー」というメインダイニングで本格的なディナーを味わえます。ゲストハウスと呼ばれる宿泊施設は、英国民家を再現し建てられました。全部で7つあるゲストハウスには、中世英国時代に活躍した文豪や建築家、国王などの名前が付けられています。ブリティッシュヒルズの施設は他にも、ティールームやパブ、庭園、テニスコートやスヌーカーというスポーツができる部屋など楽しめる施設が満載です。

マナーハウスは、ドラマの撮影にも使用される、ブリティッシュヒルズを象徴する建物です。晴れた日は夕刻になると空に星が輝き、建物が荘厳さを増します。

ゲストハウスのひとつ、ターナー(Turner)は、英国出身の風景画家の名前。

ゲストハウスに揃えられている家具も全て中世英国をイメージしたものです。

公用語は英語!敷地内ではスタッフと積極的に会話を楽しむ

ブリティッシュヒルズで働いているスタッフは、ほとんどが外国人です。ここでは、働いている人も訪れる人も、公用語は英語。マナーハウスでチェックインした時から、コミュニケーションは全て英語になります。日本語の対応も可能ですが、ここでは思い切って英語を使ってみましょう。フレンドリーなスタッフたちとの会話も、ブリティッシュヒルズに滞在している間の楽しみ。英語にどっぷり浸かりたいという人は、英国伝統文化を学ぶことができるカルチャーレッスンへの参加がおすすめです。

滞在した人に聞いてみた、ブリティッシュヒルズの魅力

21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フィジーでのんびりお安く英語留学。ユニーク体験の宝庫でした

フィジーでのんびりお安く英語留学。ユニーク体験の宝庫でした

皆さんフィジーと聞いて何をイメージされますか?フィジーはリゾート地としても有名ですが、留学先としても魅力がたくさん詰まった国なのです。しかも、物価や学費が非常に安い為、欧米諸国での留学の3分の1の費用で留学できるとも言われています。
コーヒーソムリエを目指すならカナダ留学がおすすめ!

コーヒーソムリエを目指すならカナダ留学がおすすめ!

日本社会のグルーバル化が進む中、多くの日本人が留学を視野にキャリアアップしようと考えています。そんな中、カナダでは最短1週間でバリスタの留学ができるようになっています。内容的には、午前中英語の学習を行い午後からバリスタの学習を行うようになっており、時間を無駄にせずに滞在中は充実したカリキュラムとなっています。
セブ島IT×英語留学が人気のワケと二つ同時に学ぶ重要性とは?

セブ島IT×英語留学が人気のワケと二つ同時に学ぶ重要性とは?

近年、お手軽に行けるということで人気のセブ島英語留学。ただ、AIが発達して自動翻訳も日々進化を遂げている中で”英語だけ”を学ぶのではなく、同時にITを学ぶことの重要性が注目されています。最近、人気急上昇のセブ島のIT留学が出来る学校と、セブ島のIT業界人が集まる交流会の様子を紹介します。
ワインや本格イタリア料理が体験できるおいしいイタリア語留学

ワインや本格イタリア料理が体験できるおいしいイタリア語留学

数千年も前から進化を続けてきたイタリアの食文化。その歴史や概念は非常に奥深いものがあります。時間をかけ、切磋琢磨するシェフやワイナリーのオーナーたちの不断の努力は、イタリアの食文化を進化させ続けています。イタリア語を学びながら深い食文化に触れてみませんか。
国宝級の美術品にあふれたフィレンツェの街で語学+アートが学べるイタリア留学

国宝級の美術品にあふれたフィレンツェの街で語学+アートが学べるイタリア留学

イタリアでは、バカンスと語学習得を兼ねてやって来る外国人向けの留学先があります。イタリア語の習得だけでなく、美術やオペラ鑑賞、ワインや料理など様々な選択ができます。なにより、歴史ある街に住み、現地のライフスタイルに触れる、この醍醐味にまさるものがあるでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座