2018年12月3日 更新

「いつかは住みたい」チューリッヒの生活費

日本から直行便も出ているスイスのチューリッヒは、銀行や証券会社などが集まる世界有数の金融都市です。さらに、文化・芸術の中心地でもあり、大都市でありながら湖などの豊かな自然が望めることも、大きな魅力として知られています。 この様な点からも「住みたい都市」「生活の質が高い都市」といったランキングでも常に上位に名が挙げられており、憧れを抱いたことがある方も多いのではないでしょうか?

gettyimages (26114)

2018.12.3
そこで、将来的にチューリッヒへ移住したいという方のために、実際に生活する際に掛かる生活費などを紹介します。1カ月あたりどのくらいのお金が必要なのか?今後の人生設計の参考にしてみて下さい。
(※ 記事では、1CHF(スイスフラン)=110円として計算しています)

物価・賃金ともに世界トップレベルの高さ

gettyimages (26117)

生活水準の高いスイスでは、特に人の手を介したものは割高な傾向にあります。中心都市であるチューリッヒの物価は特に高く、そのレベルはパリやシンガポールに匹敵しています。
例えば外食では、大手ファーストフードチェーン店で昼食をとるだけでも15CHF(約1,650円)と、ちょっとリッチなランチ並みの価格が相場。一般的なレストランでディナーをするにも、1人あたり50CHF(約5,500円)程度のお金が必要となってきます。
しかし、こうした物価の背景には、労働者の賃金の高さがあります。スイスは「世界一給与が高い国」と言われており、国民の平均年収は日本の倍以上です。すでに30歳前後で5,000〜6,000CHF(約60万円)の月収を手にしている人も、そう珍しくありません。
このため、観光客ではなく、元から現地で働いている人にとっては、一概に物価が高いという実感は無いとも見て取れます。
また、全ての物価が日本よりも割高なわけではなく、国産の良質なワインなどは1本あたり4フラン(約440円)程度で購入することが可能です。他にも、パン・じゃがいも・牛乳・チョコレートなどは、日本と同程度かそれ以下の価格で手に入れることもできます。

家賃を抑えたければ「北」が狙い目?

gettyimages (26115)

物価の高いスイスでは、居住にかかる費用も高額です。持ち家に暮らしている人の比率は他のヨーロッパ諸国よりも低く、国民の半数以上が賃貸物件で暮らしているというデータも発表されています。
チューリッヒの家賃は、例えば2DK(3部屋)程度の広さでは1カ月あたり2,500フラン(約27.5万円)前後が相場。州の南方面でチューリッヒ湖の景観が望める場所に住むとなると、さらに高額となる覚悟が必要です。家賃を抑えたい場合は、湖からは離れてしまいますが、なるべく北方面の物件を探すことをオススメします。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

カナダ ワーキングホリデー体験談 救急歯科で仕事してみた

カナダ ワーキングホリデー体験談 救急歯科で仕事してみた

ワーキングホリデーでイギリス、オーストラリアに並び大人気のカナダ。その理由は、「安全」「親日」「移民大国のため英語が苦手でも何とかなる」などが挙げられます。新たな体験を求め、カナダでのワーキングホリデーを選んだ理由や、一味違ったワーキングホリデー経験までご紹介します。
「いつかは住みたい」モスクワでの生活費

「いつかは住みたい」モスクワでの生活費

日本の約45倍の面積を誇る、世界で最も大きな国・ロシア。広さや気候などに関する知名度はもちろん、近年では盛り上がりを見せるフィギュアスケートの話題でも耳にすることが多いのではないでしょうか。
「いつかは住みたい」ケニアでの生活費

「いつかは住みたい」ケニアでの生活費

アフリカ東部、赤道直下に位置するケニア。広大なサバンナや、ライオンやゾウといった野生動物など、日本では決して味わえない魅力がつまった国です。一方でケニアは、アフリカ経済の中心地としての側面も持っており、近年では首都・ナイロビを筆頭に多くの多国籍企業などが進出しています。少子高齢化の日本とは反対に“若年人口”が圧倒的に多く、将来的な消費・生産力の拡大も一層期待されています。
「いつかは住みたい」ポルトガルでの生活費

「いつかは住みたい」ポルトガルでの生活費

ユーラシア大陸最西端に位置するポルトガルは、日本が古くから交流を持った西洋の国です。その関係は1543年にポルトガル人が種子島に漂着した時にまで遡り、2010年には修好通商条約締結150周年を迎えるなど、友好な関係が続いています。
「いつかは住みたい」エストニアでの生活費

「いつかは住みたい」エストニアでの生活費

バルト三国の最北に位置するエストニアは、人口約130万人、国土は日本の約9分の1の小さな国です。以前に、元大関・把瑠都の活躍で国名を耳にした方も多くいらっしゃると思います。 そのエストニアですが、近年“IT先進国”として大きな注目を浴びていることをご存知でしょうか? 実は、あの「Skype」もエストニアから生まれたサービスなのです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部