2018年12月3日 更新

「いつかは住みたい」チューリッヒの生活費

日本から直行便も出ているスイスのチューリッヒは、銀行や証券会社などが集まる世界有数の金融都市です。さらに、文化・芸術の中心地でもあり、大都市でありながら湖などの豊かな自然が望めることも、大きな魅力として知られています。 この様な点からも「住みたい都市」「生活の質が高い都市」といったランキングでも常に上位に名が挙げられており、憧れを抱いたことがある方も多いのではないでしょうか?

家賃に加えて「Nebenkosten」と呼ばれる費用を支払う必要がありますが、これは日本で言う所の水道光熱費・管理費などを指すと考えて問題ありません。
ちなみに…アパートやマンションに住む場合は“騒音トラブル”に注意して下さい。海外にしては珍しく、スイス人は日本人よりも“音に神経質”だと言われています。夜間のシャワー、時には掃除機の使用時間までについて、厳格にルール化されている物件が多く見られます。子育てを考えている場合は、角部屋やメゾネットタイプの物件も検討してみるとよいでしょう。

市内の移動はバス・トラムが便利

gettyimages (26121)

市内最大の駅は「チューリッヒ中央駅」で、ヨーロッパ随一のターミナル駅として知られています。地下にはショッピングセンターも併設しており、空の玄関口「クローテン国際空港」までは、国鉄でわずか12分あれば移動できてしまいます。各国を股にかけるビジネスマンなどは、この様な点からも、チューリッヒへの移住にメリットを感じる場合も多いです。
市内の移動はバスやトラムが中心で、料金は地域によって「zone」で分けられています。
料金は、1〜2区間の「zone」の移動で4.4 CHF(約484円)。これを日本の初乗り程度の移動距離と考えると、運賃は2〜3倍程度が相場だと言えます。
1日に何度も利用する場合や、通勤に利用する場合は、24時間券や定期券を購入することをオススメします。
以上から、チューリッヒで満足な生活を送るには、月々40万円以上の費用が必要となるでしょう。しかし、これらの生活費の高さは、暮らしや就労のメリットの高さの裏返しとも言えます。十分な貯蓄や転職の準備をし、ぜひ憧れの移住ライフを手に入れて下さい。

たけやま

理工学部出身のライター。ダンスミュージック好き。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」コペンハーゲンでの生活費

「いつかは住みたい」コペンハーゲンでの生活費

デンマークは、バルト海に突き出すユトランド半島とその周りを囲む島々からなる、世界有数の海運国家です。例えば、世界最大の海運会社と言われるマークスラインもデンマークに本社を置いています。皆さんが手にしている輸入製品にも、デンマークを通じて運ばれたものが少なからずあることでしょう。
「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

アフリカ大陸最南端に位置する南アフリカは“虹の国”と称され、多彩な魅力に溢れています。「アフリカ」と聞くと野生動物や大自然を想像する方も多いと思いますが、それだけでなく、華やかな街並みや近代都市が共存していることが大きな特徴です。
「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

マルタ共和国は、佐渡島の半分の面積しかない地中海に浮かぶ小さな島国です。マルタ島、ゴゾ島、コミノ島の3つの島からなるこの国は、透き通るような美しい海、様々な文化が入り組んだ風光明媚な街並み、街を闊歩する猫など、フォトジェニックなスポットが数多くあり、知る人ぞ知る観光国として人気になっています。
「いつかは住みたい」デリーでの生活費

「いつかは住みたい」デリーでの生活費

インドは、世界2位の13億の人口を抱える国家で、様々な民族・言語・宗教で溢れています。公用語はヒンディー語の他に約20もあり、それを表すものとして「15マイルごとに方言が変わり、25マイルごとにカレーの味が変わる。100マイル行けば言葉が変わる。」ということわざもあります。
「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

ブータンは、北は中国・南はインドに挟まれる南アジアの国家で、「世界一幸福度が高い国」とも言われています。独特の仏教文化を色濃く残しており、他の国にはない魅力で溢れています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座
お金と投資のセミナー情報(無料)

お金の教養講座

おすすめ

お金の教養講座

⼤⼈として知っておきたいお⾦の知識。
⼈⽣そのものを充実させるためのお⾦の基礎講座

月5万円で資産1億円を目指すゴイチセミナー

1億円を作った人が実践してきた「資産運用のルール」を真似しよう


ファイナンシャルアカデミー公式SNS