2019年4月23日 更新

不動産市場が低迷期に入る初期の兆候

近年、不動産投資がブームであったのは、地方銀行が金融緩和により溢れたマネーをリスク度外視で不動産投資を始める人々に融資してきたからです。

貸家の空き家が増えていく

私はこれまでリスクのある貸家への融資に傾斜している地方銀行に対して、警鐘を鳴らし続けてきました。貸家の需要が高まっていないのに供給を増やし続けるというのは、これから本格的な人口減少社会が到来するなかで、空き家が増え続けていく結果を招くことになるからです。

供給過多にある貸家の供給がさらに増え続けるのは、長い目で見れば、全国的に貸家の賃料が大きく値下がりすることを決定づけてしまっているといえます。全国ではすでに500万戸以上の貸家が空き家となっていると推計されていますが、今後も貸家の空き家は加速度的に増えていくことになるでしょう。

それは、不動産投資をしている人々にとって、将来的に融資の返済原資である家賃収入が落ち込むということを意味しています。すなわち、地方銀行が貸家への融資を増やせば増やすほど、将来に発生する不良債権予備軍を増やしているというわけです。

不動産業者が在庫圧縮を進めている

不動産市場が早めに低迷期に入る契機となっているのが、社会問題化したスルガ銀行の不適切な融資です。この不適切な融資が表面化したことで、地方銀行が個人に杜撰な不動産向け融資をするのが困難となり、投資用物件の相場が下げに転じ始めているのです。

そのような流れのなかで、不動産業者のあいだではアパートやマンションといった投資物件の在庫を圧縮する動きが広がり始めています。多くの不動産業者が投資物件の在庫圧縮を進めると、「売るから下がる、下がるから売る」という悪循環にはまり込む可能性が高まっていきます。

地方銀行が個人への融資を絞りつつある環境下では、投資資金のほぼすべてを融資で賄う不動産投資に悪影響が大きいのは間違いありません。融資を受けられない個人による物件購入のキャンセルが増えて、在庫が増えた不動産業者は実に多いのです。そのため、不動産業者は経営リスクとなる在庫を減らそうとして、大幅な値下げも辞さない販売を強いられています。

不動産市場に低迷の兆し

不動産業者が在庫圧縮を進めて売っている影響もあり、投資用物件の価格は下落基調に入ったと見られています。不動産アナリストのあいだでは、投資用物件の価格はしばらく下がり続けるだろうという意見が増えてきています。

融資を必要としない個人までもが投資用物件の価格下落によって近づかなくなると、不動産市場全体の価格下落にも結び付きかねないとの懸念が現実のものとなるかもしれません。今のところ不動産市場はオフィスビルを中心に成長を持続していますが、低迷期に入る初期の兆候は表れ始めているといっても差し支えないでしょう。

私のブログ『経済を読む』においては、経済や投資の大事な局面ではその流れを分析しているので、ぜひ参考にしてみてください。
http://blog.livedoor.jp/keizaiwoyomu/

7割以上がプラスの運用実績

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

2 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(前編)

資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(前編)

私の基本的な投資スタンスについては、2007年に出版した『株式市場「強者」の論理』という著書のなかの「長期的な計画を立てる」という項目のなかで、その原型ともいえる文章を書いております。
投資の世界のFACT

投資の世界のFACT

2019年の投資環境は目まぐるしく変わりそうです。英国ブレグジット、米国の金融政策、米中貿易問題などに振り回されそうです。それでも、投資の世界にはFACTがあります。今話題のFACTを見ていきましょう。
Omise長谷川氏ブロックチェーン技術で起業家ランキング9位に 

Omise長谷川氏ブロックチェーン技術で起業家ランキング9位に 

経済誌Forbes JAPAN日本の起業家ランキング2019で日本を動かす起業家20名に選ばれた長谷川潤氏。2度の起業と、仮想通貨OmiseGOの発行を経て、2018年12月7日にブロックチェーン関連の新会社BUIDL(ビルド)を設立。さらに注目を集めています。
お金 |
今、世界の投資家は一番何に気をつけているのか

今、世界の投資家は一番何に気をつけているのか

7月10日にパウエルFRB議長が議会証言を行いました。その内容が「7月利下げ」を強く示唆したことで、FRBが次回の7月末FOMCで利下げを行うと織り込んでいます。これを踏まえ代行業平均は2万7,000ドルの大台を超えました。決して危うく見えない市況において世界の投資家はどのようなことに気をつけているのでしょうか。
チャート分析や経済指標では見抜けない「投資家の心理」とは

チャート分析や経済指標では見抜けない「投資家の心理」とは

FXや株式投資をしていると、相場が意に反した動きをして驚くことばかりですよね。相場の動きが読めるようになるためチャートを読むテクニカル分析を学んだり、経済指標を読むファンダメンタル分析を学んだりしている人も多いはずです。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部