2019年5月28日 更新

トレンドによってリスクをコントロールする

株式投資で資産を堅実に増やす極意は、大怪我をしないということです。大怪我さえしなければ、株式市場は何回でもチャンスを与えてくれるからです。

株式投資の極意は大怪我をしないこと

株式投資で資産を堅実に増やす極意は、大怪我をしないということです。大怪我さえしなければ、株式市場は何回でもチャンスを与えてくれるからです。

大怪我を負うケースのほとんどは、トレンドを意識していない売買によって起こります。典型的な例としては、上昇トレンドが転換しても、押し目だと思い中途半端な株価で買いを入れることで、含み損がみるみる拡大していくことがあげられます。

次のトレンドがまだボックストレンドであれば救いようがあるのですが、下降トレンドであれば再起不能にまで追い込まれてしまいます。投資経験が30年以上という人のなかには、1990年代のバブル崩壊で厳しい体験をした方がいるでしょうし、2000年代初めにはITバブル崩壊で辛い経験をした方もいるでしょう。

上昇トレンドが次のトレンドに転換した直後にすべきこと

損失をいかに最小限に抑えられるかは、上昇トレンドが次のトレンドに転換した直後にどのような対応が取れるのかで決まってきます。それは、次のトレンドに転換した直後(トレンドが転換した直後には、次のトレンドがボックストレンドか下降トレンドかはわからない)に、できるだけ迅速に保有株の現金化を進めることです。

上昇トレンドの転換が確認できたら、リスク管理が容易にできるポートフォリオに変更し、次のトレンドの確定を待つことがベストな選択になります。相場を冷静に眺めながら次のチャンスをゆっくり待てばいいのです。焦ることはまったくありません。「休むも相場」というありがたい格言が、こういうときにこそ生きてきます。

リスクをとるべき局面は?

それとは逆に、いかに利益を最大限にあげられるかは、ボックストレンドから上昇トレンドに転換した直後、または下降トレンドから上昇トレンドに転換した直後(トレンドが転換した直後には、次のトレンドが上昇トレンドかボックストレンドかはわからない)に、積極的にリスクを取って買いを入れることです。

トレンドによってリスクの取り方を変える手法は、ぜひ学んでほしいと思っております。

(お知らせ)私のブログ『経済を読む』においては、経済や投資の大事な局面ではその流れを分析しているので、ぜひ参考にしてみてください。
http://blog.livedoor.jp/keizaiwoyomu/

5月・6月開催!平均運用実績は+443万円

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

2 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

起業家を助ける「エンジェル投資家」はどこにいる?探し方や注意点は

起業家を助ける「エンジェル投資家」はどこにいる?探し方や注意点は

資金を出して起業志望者を手助けする「エンジェル投資家」はどこにいるのでしょうか?どこを探せば見つかるのでしょうか?もし見つかって「資金を出すよ」と言われても、それが本当に信用できる人物なのかどうか、どう判断すればいいのでしょうか?
お金 |
今、世界の投資家は一番何に気をつけているのか

今、世界の投資家は一番何に気をつけているのか

7月10日にパウエルFRB議長が議会証言を行いました。その内容が「7月利下げ」を強く示唆したことで、FRBが次回の7月末FOMCで利下げを行うと織り込んでいます。これを踏まえ代行業平均は2万7,000ドルの大台を超えました。決して危うく見えない市況において世界の投資家はどのようなことに気をつけているのでしょうか。
チャート分析や経済指標では見抜けない「投資家の心理」とは

チャート分析や経済指標では見抜けない「投資家の心理」とは

FXや株式投資をしていると、相場が意に反した動きをして驚くことばかりですよね。相場の動きが読めるようになるためチャートを読むテクニカル分析を学んだり、経済指標を読むファンダメンタル分析を学んだりしている人も多いはずです。
経済 |
決算発表で投資成果を上げる方法

決算発表で投資成果を上げる方法

今は決算発表の真っ只中です。日経新聞の記事によると、上場企業の2020年3月期の純利益は28兆4,500億円程度と前期比で1.4%減となり、19年3月期に続いて2期連続での最終減益の見通しだそうです。さて、このように難しい局面で投資の精度が上がる、決算分析のコツをお伝えします。
株式投資において積極的にリスクを取ってもいい時期とは

株式投資において積極的にリスクを取ってもいい時期とは

資産運用で最も重要なのは、リスク管理(リスクのコントロール)です。 たとえば、資産を株式で運用する場合、いつも積極的にリスクを取っていては、期待できる結果を得ることは難しいでしょう。積極的にリスクを取っていいのは、次の3つのケースにおいてのみだからです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部