2018年5月8日 更新

「いつかは住みたい」ロンドンでの生活費

「いつかは住みたい」ロンドン篇。伝統や格式がありつつ、流行を先取りした文化などが発達し、世界中にその強い影響を発揮する街・ロンドン。

thinkstock (3196)

2017.8.2
イギリスは日本と同じ島国であり気候もよく似ているため、日本人が好んで訪れる外国の都市のひとつではないでしょうか。

そこで、今回は将来的にロンドンへ移住したいという人のために、ロンドン移住にかかる費用を試算し、一か月あたりの生活費を項目ごとにご紹介します。一体どのくらいのお金が必要なのか見ていきながら、今後の人生設計の参考にしてみてはいかがでしょうか。

ロンドンの住宅費は東京と比べると少し高め

大都市のため、ロンドンは他の大都市と同様に物価は高めとなっており、家賃相場は日本の中で高額な東京よりも少し高めです。また、ワンルーム物件の気になる家賃ですが、最低ラインが600ポンド(約8万7,000円)で、相場はだいたい800~1,200ポンド(約11万6,000~17万4,000円)といったところです。(※1ポンド=145円で換算)ただEU離脱などの影響で、今後家賃相場も高騰すると予測されています。
istockphoto (3220)

ロンドン市内の物件では、ベッドやソファー、日常生活で使う家電類などの家具付きの物件が一般的のようです。また、ワンルーム契約の際には日本と同じく敷金が必要で、家賃の1~3ヵ月分を支払わなくてはなりません。さらに、これらに加えてカウンシルタックスと呼ばれる、いわゆる日本での住民税にあたるものがあります。これは住んでいる部屋のグレードなどにより1ヵ月あたりの金額が変わります。
そんな中、住宅にかかる費用を少しでも抑えたいという人にはフラットシェアと呼ばれる、ルームシェアがおすすめです。ルームシェアの利点は基本的に光熱費が家賃に含まれているものが多いので、生活費を比較的リーズナブルにすることができます。フラットシェアの家賃相場は平均して400~700ポンド(約5万8,000~10万1,500円)くらいとなっています。

ロンドンの外食は少なくとも1000円以上かかる

thinkstock (3230)

生活するために欠かせない食費ですが、ロンドンでの外食は少なくとも1食あたり10ポンド(約1,450円)かかるとみておきましょう。イギリス料理はあまり美味しくないと言われていますが、最近では世界的に評価も高いレストランも登場。またマクドナルドなどの有名チェーン店やフィッシュ・アンド・チップス系のファストフード店もたくさんあるので、外食する時の心強い味方になってくれるでしょう。
そして外食する時に気を付けてほしいのが、イートイン(店内飲食)とテイクアウト(持ち帰り)で金額が違う場合があるということです。イートインの方がテイクアウトより高い場合が多いので、もし外食する際はテイクアウトを選択すると少し価格を抑えることができます。さらにレストランなどでは、当然支払う金額の1割ほどにあたるチップもかかります。
また食材を買って自炊する場合ですが、ロンドンのスーパーマーケットでは日本と同じくらいの値段で購入することができます。また品物によっては日本より安く仕入れることができ、例えば紅茶はさすが本場だけあって品揃えも豊富で値段もリーズナブルです。その一方で、日本ならではの食材となると輸入品なので、その分割高になってしまいます。
よって1ヵ月にかかる食費はおよそ150~250ポンド(約2万1,000~3万6,000円)を目安にするといいでしょう。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」ニューヨークでの生活費

「いつかは住みたい」ニューヨークでの生活費

自由の国アメリカ。そのニューヨークで暮らしていくための生活費をシミュレーション。ジャンルごとにどのくらいお金がかかるのか、その目安をご紹介します。憧れのNYライフを目指すみなさんの参考になれば幸いです。
「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

アフリカ大陸最南端に位置する南アフリカは“虹の国”と称され、多彩な魅力に溢れています。「アフリカ」と聞くと野生動物や大自然を想像する方も多いと思いますが、それだけでなく、華やかな街並みや近代都市が共存していることが大きな特徴です。
「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

マルタ共和国は、佐渡島の半分の面積しかない地中海に浮かぶ小さな島国です。マルタ島、ゴゾ島、コミノ島の3つの島からなるこの国は、透き通るような美しい海、様々な文化が入り組んだ風光明媚な街並み、街を闊歩する猫など、フォトジェニックなスポットが数多くあり、知る人ぞ知る観光国として人気になっています。
幸せで豊かな黒字の人生を歩むために 必要な考え方とは

幸せで豊かな黒字の人生を歩むために 必要な考え方とは

この春、新しく社会人になった人、転職して新天地で頑張っている人。この時期はそんなビジネスパーソンが多いのかもしれません。そして、お金に対する認識も、生活とともに変わる一面があることでしょう。
準富裕層になるには? 生活スタイルは? 早期リタイアも可能?

準富裕層になるには? 生活スタイルは? 早期リタイアも可能?

準富裕層の生活は堅実? 富裕層へのステップとして、準富裕層を目指す方も多いことでしょう。野村総合研究所(NRI)などの定義では、世帯の純金融資産が5,000万~1億円未満を準富裕層としています。準富裕層になる方法や生活スタイル、早期リタイアの可能性を見てみましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部