2019年1月11日 更新

「いつかは住みたい」モスクワでの生活費

日本の約45倍の面積を誇る、世界で最も大きな国・ロシア。広さや気候などに関する知名度はもちろん、近年では盛り上がりを見せるフィギュアスケートの話題でも耳にすることが多いのではないでしょうか。

gettyimages (28495)

2019.1.11
東西に広がる国土の中で、最も発展を遂げている都市が人口約1,200万人を有する首都・モスクワです。政治の中枢を担いながらも歴史的建造物などの観光名所が多く、クレムリン(宮殿・城塞)は世界遺産にも登録されています。
そこで今回は、いつかモスクワで暮らしてみたいという人のために、実際に暮らす上で必要な生活費などを紹介します。一カ月あたり一体どのくらいのお金が必要なのか? 日本の暮らしとどんな点が異なるのか? 今後の人生設計の参考にしてみて下さい。
(※ 記事では、1ルーブル(RUB)=1.6円として計算しています)
(※ 2018年 年末時のレート)

市内のほとんどは集合住宅

gettyimages (28506)

モスクワで住まいを探す場合、ほとんどがアパートやマンションといった集合住宅となります。一戸建ては、市外の農村地域まで行かない限り、あまり目にすることはありません。
一人暮らしのアパートを借りる場合、30,000ルーブル前後(約48,000円)が相場となります。これが、広めの1LDKや2DKとなると、40,000ルーブル前後(約64,000円)に。新しいマンションや中心部に近い物件となると、日本の都心部とあまり変わらない値段となります。
一方で、多くの物件は家具や家電が付いており、水道・光熱費は日本と比べて安く済みます。“極寒”というイメージから、真冬の暮らしが不安になるところですが…多くの集合住宅ではセントラルヒーティング(全館暖房・中央暖房)が主流となっており、室内で生活する分に関しては心配ありません。
これは、各部屋ではなく、建物全体を暖めることで、効率よく室内の温度を上げる仕組みです。氷点下となる日も多いモスクワですが…真冬の室内でも半袖だけで過ごしてしまう住民も少なくありません。

また、現代人が居住する上で欠かせない通信費ですが、ロシアは世界有数の安さを誇ることで知られています。各社によってプランは異なりますが、インターネット回線は毎月350ルーブル(約560円)程度で済ませることが可能です。

交通は格安で便利

gettyimages (28512)

市内は地下鉄・バスなどの公共交通機関が発達しており、いずれも「トロイカ」という共通ICカードで利用することができます。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」コペンハーゲンでの生活費

「いつかは住みたい」コペンハーゲンでの生活費

デンマークは、バルト海に突き出すユトランド半島とその周りを囲む島々からなる、世界有数の海運国家です。例えば、世界最大の海運会社と言われるマークスラインもデンマークに本社を置いています。皆さんが手にしている輸入製品にも、デンマークを通じて運ばれたものが少なからずあることでしょう。
「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

アフリカ大陸最南端に位置する南アフリカは“虹の国”と称され、多彩な魅力に溢れています。「アフリカ」と聞くと野生動物や大自然を想像する方も多いと思いますが、それだけでなく、華やかな街並みや近代都市が共存していることが大きな特徴です。
「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

マルタ共和国は、佐渡島の半分の面積しかない地中海に浮かぶ小さな島国です。マルタ島、ゴゾ島、コミノ島の3つの島からなるこの国は、透き通るような美しい海、様々な文化が入り組んだ風光明媚な街並み、街を闊歩する猫など、フォトジェニックなスポットが数多くあり、知る人ぞ知る観光国として人気になっています。
「いつかは住みたい」デリーでの生活費

「いつかは住みたい」デリーでの生活費

インドは、世界2位の13億の人口を抱える国家で、様々な民族・言語・宗教で溢れています。公用語はヒンディー語の他に約20もあり、それを表すものとして「15マイルごとに方言が変わり、25マイルごとにカレーの味が変わる。100マイル行けば言葉が変わる。」ということわざもあります。
「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

ブータンは、北は中国・南はインドに挟まれる南アジアの国家で、「世界一幸福度が高い国」とも言われています。独特の仏教文化を色濃く残しており、他の国にはない魅力で溢れています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部