2019年1月11日 更新

「いつかは住みたい」モスクワでの生活費

日本の約45倍の面積を誇る、世界で最も大きな国・ロシア。広さや気候などに関する知名度はもちろん、近年では盛り上がりを見せるフィギュアスケートの話題でも耳にすることが多いのではないでしょうか。

gettyimages (28495)

2019.1.11
東西に広がる国土の中で、最も発展を遂げている都市が人口約1,200万人を有する首都・モスクワです。政治の中枢を担いながらも歴史的建造物などの観光名所が多く、クレムリン(宮殿・城塞)は世界遺産にも登録されています。
そこで今回は、いつかモスクワで暮らしてみたいという人のために、実際に暮らす上で必要な生活費などを紹介します。一カ月あたり一体どのくらいのお金が必要なのか? 日本の暮らしとどんな点が異なるのか? 今後の人生設計の参考にしてみて下さい。
(※ 記事では、1ルーブル(RUB)=1.6円として計算しています)
(※ 2018年 年末時のレート)

市内のほとんどは集合住宅

gettyimages (28506)

モスクワで住まいを探す場合、ほとんどがアパートやマンションといった集合住宅となります。一戸建ては、市外の農村地域まで行かない限り、あまり目にすることはありません。
一人暮らしのアパートを借りる場合、30,000ルーブル前後(約48,000円)が相場となります。これが、広めの1LDKや2DKとなると、40,000ルーブル前後(約64,000円)に。新しいマンションや中心部に近い物件となると、日本の都心部とあまり変わらない値段となります。
一方で、多くの物件は家具や家電が付いており、水道・光熱費は日本と比べて安く済みます。“極寒”というイメージから、真冬の暮らしが不安になるところですが…多くの集合住宅ではセントラルヒーティング(全館暖房・中央暖房)が主流となっており、室内で生活する分に関しては心配ありません。
これは、各部屋ではなく、建物全体を暖めることで、効率よく室内の温度を上げる仕組みです。氷点下となる日も多いモスクワですが…真冬の室内でも半袖だけで過ごしてしまう住民も少なくありません。

また、現代人が居住する上で欠かせない通信費ですが、ロシアは世界有数の安さを誇ることで知られています。各社によってプランは異なりますが、インターネット回線は毎月350ルーブル(約560円)程度で済ませることが可能です。

交通は格安で便利

gettyimages (28512)

市内は地下鉄・バスなどの公共交通機関が発達しており、いずれも「トロイカ」という共通ICカードで利用することができます。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」クロアチアでの生活費

「いつかは住みたい」クロアチアでの生活費

近年、日本でも人気急上昇の旅先となっているのがクロアチアです。アドリア海に面するバルカン半島に位置しており、その美しい自然と中世の街並みが調和した景観は、ヨーロッパ随一とも。特にドブロブニクは“アドリア海の真珠”とも称され、映画「紅の豚」のモデルになった街としても有名です。
「いつかは住みたい」セブ島での生活費

「いつかは住みたい」セブ島での生活費

白い砂浜に広がるエメラルドグリーンの海…セブ島は、世界中から観光客が集まる有数のリゾート地として知られています。マリンスポーツを楽しめるビーチやフォトジェニックなスポットが多いこともあって、近年はハネムーンの旅行先として日本でも人気を博しています。
「いつかは住みたい」ミラノでの生活費

「いつかは住みたい」ミラノでの生活費

ファッションの中心地、ミラノ。ミラノコレクションの開催地であり、中心街には一流ブランドの本店や旗艦店がずらり。洗練されたショーウィンドウを見ているだけでも気分がアガります。
カナダ ワーキングホリデー体験談 救急歯科で仕事してみた

カナダ ワーキングホリデー体験談 救急歯科で仕事してみた

ワーキングホリデーでイギリス、オーストラリアに並び大人気のカナダ。その理由は、「安全」「親日」「移民大国のため英語が苦手でも何とかなる」などが挙げられます。新たな体験を求め、カナダでのワーキングホリデーを選んだ理由や、一味違ったワーキングホリデー経験までご紹介します。
「いつかは住みたい」ケニアでの生活費

「いつかは住みたい」ケニアでの生活費

アフリカ東部、赤道直下に位置するケニア。広大なサバンナや、ライオンやゾウといった野生動物など、日本では決して味わえない魅力がつまった国です。一方でケニアは、アフリカ経済の中心地としての側面も持っており、近年では首都・ナイロビを筆頭に多くの多国籍企業などが進出しています。少子高齢化の日本とは反対に“若年人口”が圧倒的に多く、将来的な消費・生産力の拡大も一層期待されています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部