2019年3月18日 更新

todoリストの使い方 2019年は時間管理を見直そう!

pc、ノート、手帳、時間管理の方法は人それぞれです。今回は、スケジュール管理に欠かせないtodoリストの作り方をあらためて見直し、効率的な使い方と注意点をお伝えします。

2018.12.13

2018.12.13

todoリストの作り方 優先順位を決める

gettyimages (26436)

todoリストは、非常にポピュラーな時間管理の方法です。塾通いの小学生でも使っているでしょう。ただ、todoリストには、タスクの数が少ないうちは便利でも、増えると収拾がつかなくなるという欠点があります。
タスクが増えると混乱する原因は、重要度と優先順位がまぜこぜになるからです。ここで役に立つのが、「時間管理マトリックス」。ルーツはアイゼンハワー元アメリカ大統領の「意思決定マトリックス」ですが、のちにスティーブン・コヴィー博士が「7つの習慣」という書籍で紹介して有名になりました。
時間管理マトリックスを利用したtodoリストの作り方を紹介します。以下の条件に照らし合わせて、今あるタスクを第1領域から第4領域に分類してみましょう。優先順位は上から下です。
  • 第1領域 重要で緊急なタスク
  • 第2領域 重要だが緊急ではないタスク
  • 第3領域 重要ではないが緊急のタスク
  • 第4領域 重要でも緊急でもないタスク
緊急度は期日を逆算すればいいのでわかりやすいのですが、重要度の判断は慣れるまで大変です。最初のうちは、ふと仕分けに悩む瞬間が何度も訪れるかもしれません。
しかし、重要なタスクを見極めるとは、正確な先読みができるということ。長期的なスケジュール管理が得意になりますから必要不可欠なステップです。

todoリストの使い方 細分化する

Plan Do Act · Free image on Pixabay (26437)

todoリストを時間管理マトリックスで4つに分類し、優先順位に応じてタスクを処理していきます。サクサク進まないし時間もかかるタスクは、作業を細分化することで解決します。
たとえば、重要だが緊急ではない第2領域のタスクの期日が3日後なら、終日かかりきりになる必要はありません。今日は資料をそろえてヒナ型を作る、明日は仕上げる、明後日は見直して午前中に提出。このように細分化してもいいのです。
第3から第4の領域は、基本的に細分化しません。アイゼンハワーは、第3領域を「誰かに任せる」、第4領域を「どうでもいい」と分類しました。彼にならって、任せられる人がいればお願いするか、休憩時間を利用しましょう。
第1から第2領域のタスクに絞った時点で、突発的な業務やスケジュールの変更に対応できる余裕ができますが、くれぐれも、ここに第3から第4領域のタスクを落とし込もうとしないでくださいね。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【仕事効率化】作業効率が上がるライフログのおすすめ活用方法

【仕事効率化】作業効率が上がるライフログのおすすめ活用方法

「ライフログ」とは、生活のすべてを手帳やアプリを活用し記録することで、注目されてから多くの人に取り入れられています。効果は様々ですが、その中でも、時間短縮の改善効果は高いとされ、活用方法によって仕事などの生産性が大きく向上します。
【女性リーダーの心得】家庭と仕事を両立するための処世術

【女性リーダーの心得】家庭と仕事を両立するための処世術

「家族と過ごす時間も、仕事をしている時間も同じくらい大切。」女性リーダーにとって、家庭と仕事はどちらも手放せない大切な存在といえるでしょう。しなやかに仕事をこなす女性リーダーになるための、家庭と仕事の両立方法をご紹介します。
成功者の睡眠時間に法則性はない?自分に合うパターンこそ大切

成功者の睡眠時間に法則性はない?自分に合うパターンこそ大切

成功者の睡眠時間を眺めてみると、ロングスリーパー、ショートスリーパー、分割型など様々です。もちろん、一般的な睡眠時間の成功者もいます。性別や業界、専門領域もバラバラで、成功者と睡眠時間との間には法則性はないようです。自分に合う睡眠パターンこそが大切です。
眠りの質を改善!理想の睡眠時間とショートスリーパー

眠りの質を改善!理想の睡眠時間とショートスリーパー

10時間以上寝ないとつらいロングスリーパーもいれば、6時間以下の睡眠でも平気ないショートスリーパーもいますが、睡眠で重要なのは「眠りの質」です。眠りの質を改善することで、効率的に活動できるショートスリーパーになれる可能性があります。
幸せで豊かな黒字の人生を歩むために 必要な考え方とは

幸せで豊かな黒字の人生を歩むために 必要な考え方とは

この春、新しく社会人になった人、転職して新天地で頑張っている人。この時期はそんなビジネスパーソンが多いのかもしれません。そして、お金に対する認識も、生活とともに変わる一面があることでしょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しらとはる しらとはる