2018年7月10日 更新

70万PVブログ記事「子育てを大変だと感じる本当の理由」のLICOさんに聞く身近な人と良い関係を築く方法

記事が70万超えでシェアされる人気ママブロガーのLICOさん。3人の子育てをしながら、ブログ更新、本の執筆、講演と多忙な日々を送ります。そんなLICOさんの子どもとの付き合い方は、それは私たちビジネスパーソンの人間関係作りにも大切なことだと気づかされます。子育てと仕事をしなやかに両立させているママからのメッセージをお届けします。

2018.4.24

妊娠中にスタートさせたブログは、目標を持って計画的に進めました

STAGE編集部:LICOさんがブログを始めたきっかけを教えてください。
3年半くらい前になるのですが、友達限定のSNSで子どもとのやり取りを日記のようなかたちで載せていたんです。
すると、友達から「よくそんな声かけができるよね」とか「いつも子どもとのやり取りがおだやかだよね」と言われるようになって。
その時に、もしかしたら私が当たり前だと思ってしていることが、誰かにとっては新しい発見なのかもしれないということに気が付いたことがきっかけです。
そして、それを記事にして公開しようとブログを開設し、Fecebookとも連動させてスタートさせました。
STAGE編集部:友達の反応の影響が大きかったのですね。子育てをしながらの更新は大変ではなかったですか。
そうですね。ただ、ブログを開設するときは3人目の子がまだお腹にいたんです。
ブログを始めたとしても、産後の慌ただしさで記事を更新しない日が続くと読者が定着しにくくなると思って、半年前から記事を書き溜めておいて、8月から計画的にリリースしていくことにしました。

初めのうちは、1日1、2本の記事を午前中、午後とアップしていました。すると、十数人から100人へと読者さんが増えていったんです。
もちろん、子どもが何か不安を抱えていたり、寂しさを訴えているときには、意識して一緒に過ごす《漠然とした時間》を作ってあげることも大切です。

とにかく子どもが“自分はちゃんと大事に思われているんだ”“ママの気持ちは私に向いているんだ”という自信を持てていることが大前提だと思っていますが、お母さんが何をしているかわからないし、家にいない、というのは、子どもには不安しかなくなってしまう。
だからこそ、お母さんが信念を持って頑張っている姿を、子どもたちに見せていきたい。『ママがお仕事を頑張れるのは、あなたたちがいてくれるからだよ』という素直な気持ちは、これからも伝え忘れないでいたいですね。
ブログ開始後半年ほど経った2014年の12月くらいに、『子育てを大変だと感じる本当の理由」という記事をFecebookでたくさんの読者の方がシェアしてくれたんですね。
それが爆発的に(現在は70万超えのシェア)広がって、それで私のブログの存在を知ってくださる方が増えたと実感しました。
“他の記事も読んでみたら自分の知りたかったことが書いてあった”“考え方に共感しました”という声をいただいて、きっかけはシェアされた記事でしたが、その前に書き溜めた記事があったからこそ、多くの方に読んでいただけるようにできたのかなと思っています。
STAGE編集部:自分がこうなっていこう、という目標を持って計画的に進められたのが成功のポイントなのですね。それは自分自身で考えられたことなのですか?

そうですね。私の子育てについての考え方をたくさんの人に知って欲しいという思いがあり、多くの人に届けるにはどうしたらいいだろうと考えていました。そこでほかのブログを見ながら自分に合うやり方を模索している中でたどり着いたのが、自分が書きたい言葉で書き続けるという方法でした。

STAGE編集部:ブログを続けていって波に乗ったら、本を出版したいというようなことも意識されていたのですね。新しいことを始めて、続けていける自信はあったのですか?
私自身伝えたいこともたくさんありますし、子どもたちの成長に合わせて日々やり取りも反応も変わるので、ネタが尽きることはないということが大きな要素でした。

 声かけひとつをとっても、今日は効いたけど次の日は機嫌が悪くてダメで、じゃあ、その時はどうしようと本気で考えますから書くことがないと思ったことがありません。時間が足りなくて伝えたいことが書ききれないというのはありますけど(笑)

仕事への思い、頑張りを子どもたちと共有。感謝の気持ちは言葉で伝えています

55 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

米国のマネー教育:夏の風物詩レモネードスタンドで稼ぐ子供達

米国のマネー教育:夏の風物詩レモネードスタンドで稼ぐ子供達

私は今年で在米3年目になります。 娘はまだ幼いのですが、近所に住む、小〜中学生くらいの子供達から学んだ、米国のマネー教育についてお話したいと思います。
お金 |
【リバースプロジェクト龜石太夏匡】未来づくりとお金のジレンマを抱えて進む

【リバースプロジェクト龜石太夏匡】未来づくりとお金のジレンマを抱えて進む

社会的事業を多く手がけるリバースプロジェクトは、株式会社として利潤も追求します。そこに存在するジレンマとは? そして、同社代表である龜石太夏匡氏の波乱万丈な人生から導き出した「お金」とは?を問います。価値観が揺さぶられるインタビュー後半。
【リバースプロジェクト龜石太夏匡】社会的課題への取り組みは、まじめに楽しい

【リバースプロジェクト龜石太夏匡】社会的課題への取り組みは、まじめに楽しい

リバースプロジェクトは、俳優の伊勢谷友介氏が代表を務める株式会社です。アーティストを中心に、2009年に設立されました。テーマは「人類が地球に生き残るためにはどうするべきか?」という壮大なもの。同社の共同代表である龜石太夏匡氏にインタビューをしました。
〈DaiGo〉 「お金とは、自由と交換するための引換券。」

〈DaiGo〉 「お金とは、自由と交換するための引換券。」

動画サイトやブログで圧倒的なフォロワーを集め、書店では山積みにされた著書が 次々に売れていく── 若くして多くの人が 知る存在となったDaiGoさん。しかし、その生業を正確に知る人は多くないのではないでしょうか。
本当の幸せとは?哲学と名言には人生を生き抜くヒントが

本当の幸せとは?哲学と名言には人生を生き抜くヒントが

本当の幸せとは何か? 何のための人生か? 哲学には人生を生き抜くヒントが隠されています。仕事や生活に日々葛藤していると、ふとした拍子に虚無感に襲われることもありますね。何もかも投げ出したくなることだってあります。名言も交えながら、今を生きるためのヒントを紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部