2018年8月1日 更新

社内イベントで孤独が深まる? 真っ当な社会的つながりを築くには

従業員同士を孤立させないため行われる社内交流イベント。しかしそれが逆に孤独感を強めてしまう場合があると言います。孤独が心身を蝕み、生産性を低下させることはよく知られた事実。間違った社内イベントを廃し、働く人の孤独感を和らげるには、どうしたらよいのでしょうか。

gettyimages (18725)

2018.8.1

職場の孤独感とその悪影響

gettyimages (18731)

職場の人間関係は、働く人々に大きな影響を与えます。特に職場での孤立は仕事を辞める理由としては十分。職場で孤立しないよう嫌われそうな言動を直すべし、「ありがとう」などの声かけを増やすべし、といったアドバイスもよく聞かれます。
もちろん、職場で「一人で過ごす」ことは決して悪いことではありません。仕事に集中したり昼寝をしたり、ただそうしたいからという理由で主体的に「ぼっち」を選ぶのは問題ありません。そうではなく、「人とつながりたいのにつながれない」という孤独感が問題なのです。職場での孤独感は、従業員のモチベーションを下げ、健康に悪影響を与え、生産性も低下など良いことなし。
孤独感をもつ人が増えていることは1980年代から指摘されており、2005年になるとOECD(経済協力開発機構)の報告書にも「孤独」についての調査が加わりました。職場での孤独が注目され、従業員同士が「親睦を深める」ために社内交流イベントを実施する会社も多く見られます。中には、イベント成功させるべく「全員参加」を強調する会社さえあるのだとか。

社内イベントがコミュニケーションを促進?

gettyimages (18727)

「職場の孤独」と題する特集を行った『ハーバード・ビジネス・レビュー』2018年6月号では、孤独がもたらすデメリットと孤独を和らげる方法が多く紹介されました。
その中で、ノースウェスタン大学の経営大学院准教授のアダム・ウェイツは社内イベントの参加者が犯しがちな過ちを指摘。すなわち、「異なる関係性の混合」——「共同的関係」と「交換的関係」をごちゃまぜにしてしまうこと——です。
「共同的関係」とは、家族や友人との関係のように、見返りを求めずに要求に応えるような関係。「交換的関係」は、いわゆるギブ・アンド・テイクを期待する関係。「今度その仕事手伝うから、このプロジェクトを助けてくれない?」という、同僚との間などで成り立つ関係です。
社内イベントでは、普段は交換的関係にある人が突然共同的関係を持ち出すことがあります。たとえばプライベートの悩み相談や突然の打ち明け話、悪くすれば交際の申し込み・・・コミュニケーション促進どころではない、気まずい空気が流れることは想像に難くありません。

他にも、人は共通の話題がない人とは話しにくいこと、自分と違う傾向にある人を敬遠する傾向があることなどを挙げ、社内交流イベントも結局は馴染みの顔同士が集まってワイワイするだけになってしまうと指摘しています。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お金持ちの考え方は普通の人と何が違う?判断・行動に投資家目線

お金持ちの考え方は普通の人と何が違う?判断・行動に投資家目線

お金持ちの考え方(マインド)は、実はとてもシンプルです。結論から言えば、あらゆることを「投資目線」で検討・判断して即実行に移す、これに尽きます。お金持ちほど、投下したお金・時間(コスト)を上回るリターン(メリット)が期待できることならばGO、という考え方なのですね。
あのマイセンが動物園?300年の職人技と情熱を味わおう!

あのマイセンが動物園?300年の職人技と情熱を味わおう!

私の仕事場には、白茶ネコが一匹。福利厚生部長として、ワークライフバランスを重視した自由な毎日を送っています。
ギリシャ「エーゲ海」のロマンチックな旅。一度は行きたいおすすめスポット

ギリシャ「エーゲ海」のロマンチックな旅。一度は行きたいおすすめスポット

令和になって1カ月半が過ぎましたね。新しい時代を記念して結婚するカップルも増えているようです。そこでご紹介したいのがロマンチックなギリシャ「エーゲ海」の旅。7月・8月は気候が良くベストシーズンです。カップルで一度は行って見たい観光スポット!その魅力に迫ります。
富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層の暮らしと一般人の暮らしには、多くの相違点があります。これは行動の理由に違いがあるためですが、今回は衣食住でどんな違いがあるのかをみていきます。
なぜFRBは利下げに追い込まれつつあるのか

なぜFRBは利下げに追い込まれつつあるのか

FRBのパウエル議長の基本的なスタンスは、FOMC後の記者会見のたびに述べられています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座