2019年8月19日 更新

気が利く人の3つの共通点とは?職場で輝く気づかいスキルの高め方

どんな仕事においても、気づかいがうまくできる人は、周りも自分も輝いて見えます。良い人間関係を育み、仕事を円滑に回すための気づかいスキルを高めていきたいものです。 能町光香著『もっと誰からも「気がきく」と言われる46の習慣』 より、気づかいの心構えをご紹介します。

gettyimages (44773)

2019.8.19

「気づかい」のコツは観察すること

いくらマナーが美しくても、どんなにマナーが正しくても、そこに「心」が伴っていなければ、相手に「気づかい」として届くことはありません。
004ページより引用
株式会社リンク代表取締役であり、日本秘書アカデミー代表の著者は、ティファニーなどの一流企業において、社長や重役といったトップマネジメントを補佐するエグゼクティブ秘書を務めてきました。
起業後は、講演や企業研修、執筆活動を精力的に行い、「気がきく社員の仕事術」などのセミナーが好評を博しているのだといいます。
10年もの間、「気づかいのプロ」といわれる秘書として活躍。その後は、「気づかいの専門家」として、その本質を伝えている著者は、多くの人たちから相談を受けてきました。特に多かった内容は、「なぜ、うまく気づかいができないのか、自分でもよくわからない」といったこと。マナーを教えてくれる専門家はいても、気づかいについて教えてくれる人は、なかなかいないようです。
本著では、表層的なマナーではなく、気づかいの基本となる46の心構えや考え方がまとめられています。
相手に喜んでもらえる気づかいのコツは、相手をよく観察することであると語る著者。気づかい上手になるためには、試行錯誤を繰り返していくこと。こうしたら喜んでもらえるのではないかと想像し、実践していくところにポイントがあるようです。
gettyimages (44779)

気がきく人になるための3つのキーワード

私は、気づかいの始まりは“相手のことをリスペクト(尊敬)すること”だと思っています。
014ページより引用
いつでも気がきく人には、3つの共通点があると著者はいいます。
キーワードは「相手ありき」「尊敬する」「先読みする」。当然のように感じるキーワードですが、意外と基本ができていない人が多いのかもしれません。
秘書の仕事は、上司の仕事の生産性を最大化するための補佐をすること。その内容は、お茶くみや出張の手配といった仕事だけではなく、上司の代わりにチームを動かしたりするシビアな内容まで多岐にわたるようです。
しかし、それはあくまで上司が望んでいるというということが条件になります。
上司が何を求めるかによって、内容や範囲が大幅に変わってしまう仕事であるといえるでしょう。相手の趣味嗜好と、自分がしていることの方向性が一致していなければ、気がきくことにはなりません。
そして、本物の気づかいに大事なことは、リスペクトであるという著者。上司の人となり、していることも含めて、あらゆることに配慮していくことが尊敬につながるといえそうです。
また、できる上司の中には、先読みができる人が多いものです。自分のするべきこと、人にしてもらうことの何十手も先を見ている。著者の場合は、そんな上司の姿勢から、学ぶことが多かったようです。
信頼されるコミュニケーションには、一歩や二歩、常に先を読んだ行動がある。相手を尊敬し、先読みしていくことで、気がきくスキルを高められるといえそうです。
gettyimages (44786)

24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

自己確立 多数の成功体験から自分のかたちをつくっていく

自己確立 多数の成功体験から自分のかたちをつくっていく

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
声で印象は決まる!ビジネスで大切な「人を動かすいい声」の磨き方

声で印象は決まる!ビジネスで大切な「人を動かすいい声」の磨き方

自分の考えをもっとスムーズに伝えられたら、ビジネスはもっとスムーズに流れていくのかもしれません。実は、人に与える印象は、内容だけではなくどんな声で話すかということにカギがあるようです。 近藤名奈著『一流の人は、なぜ話し方よりも「声」を大切にするのか』 より、正しい姿勢で印象のいい声を出すコツをご紹介します。
自分から売り込まない 人生100年時代に小さく始める大人の週末起業

自分から売り込まない 人生100年時代に小さく始める大人の週末起業

人生100年時代、定年後に少しでも自分で稼ぐ力をつけておきたいと考え始めている人は多いのかもしれません。とはいえ、何をどう始めたらいいのかがわからないという一面もあることでしょう。 藤井孝一著『大人の週末起業』より、大人が始めるにあたって知っておきたい週末起業の考え方をご紹介します。
ビジネスリーダーが知るべきモノを売るより重要な「ブランディング戦略」

ビジネスリーダーが知るべきモノを売るより重要な「ブランディング戦略」

ブランディングという言葉は、既に耳慣れた印象です。しかし、クリエイティブやアートに関わる分野ではない限り、自分と関係がないような気がしてしまうのも実情です。 小山田育・渡邉デルーカ瞳著『ニューヨークのアートディレクターがいま、日本のビジネスリーダーに伝えたいこと』 より、ビジネスにおけるブランデイングの重要性についてご紹介します。
技術力だけでは生き残れない 伝える力を高めて最強のエンジニアになる

技術力だけでは生き残れない 伝える力を高めて最強のエンジニアになる

現代は、どんな職業であっても技術が高いだけでは生き残っていけない時代です。技術力に「伝える力」が加われば、パフォーマンスは大きく改善されるでしょう。 亀山雅司著『最強のエンジニアになるための話し方の教科書』 より、エンジニアが身につけるべき話し方のコツをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ナカセコ エミコ ナカセコ エミコ