2018年5月7日 更新

10年間でたった1000時間——日本人の英語学習が非効率的なワケ

英語を勉強しているのにいつまでも上達しない——その原因は、中高時代に慣れ親しんだ非効率的な英語学習法かもしれません。成果を上げている英語学習法の特徴は、音読による大量で丁寧なインプット。英語学習の常識を見直し、今年こそ使える英語を習得しませんか。

私達が中学高校、さらには大学で学習してきた英語の総時間では全く足りないということが一目瞭然。毎週3時間というペースで続けても、到底ネイティブと会話できるようにはなりません。
そして、使える英語を習得するには、英単語の学習方法や読解の方法も変える必要があると言います。齋藤氏が推奨するのは、子供用の辞書(ピクチャー・ディクショナリー)を使って英単語を日本語ではなくイメージで覚えること。簡単な英単語をイメージ化できるようになったら、「一文一絵」で英文を1文ずつイメージ化していく——最終的にはこれを拡げて、日本語で文章を読んで頭に思い描くのと同じように、英語で文章を読んで頭に内容を思い描けることを目指します。

この他いくつかのトレーニングを繰り返すことで、ネイティブスピードに近づくことができると言います。

イングリッシュカンパニーの英語学習法

gettyimages (14085)

「第二言語習得研究」の成果を取り入れた英語トレーニングで大きな話題を集めているイングリッシュカンパニーも、学校英語とは全く異なる学習法で受講者を3カ月間みっちりトレーニングします。
イングリッシュカンパニーが重要視するメソッドは、英文をチャンク(意味のまとまり)で捉え、内容を理解したらしつこく音読を繰り返して英語を身体に染みこませること。すると、最初は半分も理解することができなかった英語のリスニング課題が、2倍の速さでもすべて理解できるようになります。
課題文の音読を繰り返すと言っても、ただダラダラと読み上げるわけではありません。チャンクを意識することで英語のリズムや英文の構造を捉え、英語を文頭から理解していく練習をしつつ、発音を矯正します。課題文の単語や表現を覚えるために、文の一部が空欄になっており、日本語訳を参考にしながら穴埋めしつつ音読を繰り返し、最終的には課題文すべてを暗唱できるまでに染み込ませていくのです。
しかも宿題が大量に出る上、毎日教師とLINEでコミュニケーションをとります。これによって持続的な英語のインプットとアウトプットが行われ、英語を聞く耳や英語を話す口がどんどん育っていくという仕組みなのです。

インプットの量と質を上げて今年こそ使える英語を習得

gettyimages (14086)

こうして見ると、学校英語で行われるインプットは量も質も遠く及びません。文脈を無視した単語暗記では文章の中で単語を使えないし、英文和訳中心の英文解釈では日本語を経由しないと理解できないから、ナチュラルスピードのコミュニケーションにいつまでも追いつけないのも道理です。効率的なインプットに最も適した音読も、教科書を数回読み上げるだけでリズムや発音の矯正はほとんどありません。大したインプットをしていないから、使えるアウトプットが出来ないのだと言えるでしょう。
効率的な学習方法は、課題文を何度も音読してインプットしていくこと。単語も表現も発音もリズムも、あるいは英語のロジックでさえ、しつこい音読で少しずつ身についていきます。
使える英語の習得には最低1000時間が必要と言いましたが、毎日3時間続ければ約1年で達成可能。今年こそ、使える英語を習得してみませんか。
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

こころとお金に“ゆとり”が生まれる1分+5分のプチ習慣

こころとお金に“ゆとり”が生まれる1分+5分のプチ習慣

新しい年の到来は、誰にとっても気持ちが改まるもの。「今年は、こんな1年にしたい」「今年こそ、こういう自分に成長したい」と、声を大にして言わないまでも、心の中で自分なりの目標を掲げた人は多いはず。実は、そんな想いを実現に導くために年始にやっておきたい意外な“あること”があるんです。──『美しく生きる女のお金の作法』特別編集[第8回]
AIによって「新たに生まれる」職業とは。 「人間の仕事はなくなる」を恐れる必要はない理由。

AIによって「新たに生まれる」職業とは。 「人間の仕事はなくなる」を恐れる必要はない理由。

AIの台頭で失業者が将来続出するという恐ろしい予測。自動改札機の登場で切符切りがいなくなったように、AIによって失われる仕事があるというのです。 これを聞くといつも「ぼやぼやしていられないな」と思わされてしまいます。 AIの台頭は本当に多くの失業者を生むのでしょうか。
〈清水直哉〉「お金とは、 やりたいことをやるための『道具』。」

〈清水直哉〉「お金とは、 やりたいことをやるための『道具』。」

世界一周を通じて知り合った数人の若者が集まり創業した世界一周団体「TABIPPO」。代表取締役の清水直哉氏は、齢26歳という若さで大好きな「旅」を生業にした。自分がやりたいことを仕事にした彼の人生を作ったきっかけとは何だったのか、世界一周のエピソードとともに話を聞いた。
人生が劇的に変わる富裕層が大切にしていること3選

人生が劇的に変わる富裕層が大切にしていること3選

日本には、200万人を超える富裕層がいると言われています。富裕層は、彼らだからこそ知っている3つのことを心掛けながら生活しています。この記事では、彼らが実践している3つのことを紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座