2017年8月20日 更新

「いつかは住みたい」NYでの生活費

自由の国アメリカ。そのニューヨークで暮らしていくための生活費をシミュレーション。ジャンルごとにどのくらいお金がかかるのか、その目安をご紹介します。憧れのNYライフを目指すみなさんの参考になれば幸いです。

gettyimages (2456)

2017.6.19
お笑いコンビ・ピースの綾部祐二さんがコンビとしての活動を一時休止し、「アメリカで勝負したい」というかねてからの強い意向で、この春からニューヨークを拠点に活動することが話題になっています。綾部さんのように、いつか渡米してエンターテインメントの本場で生活しながら長年の夢を叶えるために頑張りたいと考えている人は多いのではないでしょうか。
しかし、夢だけでは食べていけないのが現状。生活していくためにはある程度のお金が必要になってきます。ましてや慣れない土地ですから、お金以外の不安もあることでしょう。

ニューヨークで暮らしていくための生活費をシミュレーション。ジャンルごとにどのくらいお金がかかるのか、その目安をご紹介します。

ニューヨークの家賃相場はアメリカの中でも高め

gettyimages (2473)

ニューヨークに住むにあたり、やはり一番気になるのが生活費の多くを占める家賃ではないでしょうか。ニューヨークはアメリカの中でもサンフランシスコに次いで家賃相場が2番目に高く、例えばニューヨークで1人暮らし・ワンルームを借りるとすると最低でも1,000ドル(約11万円)はかかると言われています。(※1ドル=110円で換算)
東京と比べてもはるかに高いニューヨークの家賃。そこで、家賃を少しでもおさえるために、2人以上のシェアルームを借りるのが一般的のようです。シェアルームの場合は、家賃のほか光熱費なども折半できるというメリットがあります。シェアルームでは光熱費などが家賃に含まれている場合が多く、その場合の家賃はおよそ650~750ドル(約7万2,000~8万3,000円)となっています。

ニューヨークでの食費は1日10ドルを目安に

家賃の次に出ていくのが多いお金と言えば食費。ニューヨークの中でもエリアによって物価はさまざまで、マンハッタンなどは物価が高く、クイーンズなどは比較的物価が安いと言われています。やはり自炊すると食費は抑えられますが、たまに自炊する程度だと、買った食材を余らせてしまうなどかえって高くついてしまうので、自炊する場合は続けることが大前提です。
中には節約生活を実践して1日1ドルしか使わないという人もいるようですが、平均すると1日10~15ドルは食費に消えていく場合が多いようです。平均的な食費を考えると1か月およそ300~400ドル(約3万3,000~4万4,000円)はかかると見ておいた方がよさそうです。

30日間地下鉄・バス乗り放題のメトロカード

gettyimages (2478)

ニューヨーク市内で生活するのに欠かせない交通手段が地下鉄です。ニューヨークの地下鉄とバスはMTA(メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティー)という会社が運営しており、MTAが販売している「メトロカード」を使えばニューヨーク市内のほとんどの地域に行くことができます。
30日間乗り放題のメトロカードは120ドル(約1万3,000円)なので、これが1か月の交通費の目安となります。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」ロンドンでの生活費

「いつかは住みたい」ロンドンでの生活費

「いつかは住みたい」ロンドン篇。伝統や格式がありつつ、流行を先取りした文化などが発達し、世界中にその強い影響を発揮する街・ロンドン。
先入観を脱ぎ捨てる〜『お金原論』[第8回]〜

先入観を脱ぎ捨てる〜『お金原論』[第8回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
節約と引き換えに失っている大切なもの〜『お金原論』[第7回]〜

節約と引き換えに失っている大切なもの〜『お金原論』[第7回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
欲求を制御するもの〜『お金原論』[第6回]〜

欲求を制御するもの〜『お金原論』[第6回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
実は浪費家ではなかった?  マリー・アントワネットのお金の真実

実は浪費家ではなかった? マリー・アントワネットのお金の真実

なぜか、誤解ばかり受ける女性がいる。フランス王妃マリー・アントワネットは、生きている間もそうだったが、死んでからも自分が言ったセリフではない「パンがなければ、ケーキ(orブリオッシュ)を食べればいいじゃない」という言葉が一人歩きをして、彼女の評判を死後も貶められていました。ようやく近年になって、このセリフの出典が彼女ではないという事実が一般層にも広まってきています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部