2018年11月24日 更新

孤独は怖くない ひとりサイズでのびのびと生きていく人生

全世代でおひとりさまが以前よりも増えつつあります。老後のおひとりさまは孤独で寂しい、何かと不安がつきまとうというイメージがありますが、それは本当なのでしょうか。

今までしてきたことも楽しみながら、だんだんとできなくなっていくことにはこだわらない。自分らしいひとりサイズの上手な暮らし方がきっとあるはずです。

阿部絢子著『ひとりサイズで、気ままに暮らす』 より、老後にのびのびと暮らすための考え方のコツをご紹介します。

自分ルールで生活をきちんと締める

ひとり暮らしの何がいいのか、と聞かれたら即答できる。なんでも気ままに決める自由が持てることだ。食事なら、好きなものを好きな時間に、好きに食べられる。昼寝も、夜中に仕事をするのも、誰にも遠慮がいらないのだ。これを楽しまない手はない。
<8ページより引用>

生活研究家であり消費生活アドバイザー・薬剤師である著者。洗剤メーカー勤務を経て、百貨店の消費生活アドバイザーとして30年勤務。

現在は70代になり、家事や生活全般にわたっての出版や講演を行なっています。これまで40年ひとり暮らしをしてきた著者ですが、少しずつコツを掴んできて、ひとり暮らしが今、おもしろくて仕方がないのだといいます。

当然のことではありますが、ひとり暮らしは同居者に気を使うことなく生活ができるものです。生活をすり合わせる必要がないということは、たしかにノーストレスであるといえるでしょう。

しかし、あえて自分ルールやルーティンを作るようにしていると著者はいいます。たとえば、朝起きたらコーヒータイム、そしてシャワー。

できないものや、やりたくないものではなく、数少なく、生活をきちんと締めて刻めるルールを作っているのだとか。それだけでも、ひとり暮らしの動かし方がうまくいくようです。

90分で学べる、定年後の不安を解消したい方必見!

全ての基本はひとりである

ところで、「ひとり」とはそもそも何なのだろう?ひとりとは、家族や社会などからすると、基本の構成員だ。ひとりの自分があり、ほかのひとりと寄り添って、協力し、助け合うことで集まりとなっていると私は思っている。だから、ひとりの自分の、身体、気持ち、経済、生活、つきあい、労働がしっかり成り立っていないと、ひとりを基本にしている集まりは、どこかがゆるみ、時には崩れる。
<124ページより引用>

ひとり暮らしの場合、不安や悩みの自己処理法を持っておくことが大事であると著者はいいます。これがあると、悩んだときもグズグズと長く抱え込まなくてすむのだとか。

たとえば病気に対する不安や怯え。そのような悩みが起きた場合は、何かに書き出して吐き出すようにしているのだといいます。

「なぜ、どこが不安なのか」「もしものときはどうしたいか」「その具体的な方法」を書き出して具体的な道筋をつけて考えることが大事なようです。

そして、すべての基本はひとりで考えることにあると著者はいいます。家族や社会の基本構成員はひとり。たとえば、自分の身体をひとりで考えるということは、ほんのわずかな変化を見逃さずに自分に問いかけること。

医者に行くのか、応急手当てをするのか。少し考えるだけでその対応方法は大きく違ってきます。

ひとりの自分がしっかり成り立っていないと、集団に入ってもうまくやっていくことは難しいでしょう。

孤独は怖くない

孤独は怖くないと語る著者。若いときからひとりでいた著者をかわいそうと言っていた友人も、年を重ねて夫婦二人きりになったときに、孤独を漂わせている人がいるのだといいます。

孤独で寂しいかどうかなど、他人にはわかるものではない。自分の暮らしに満足しているかどうかがカギであるといえるでしょう。

ひとりでいても、二人でいても、満足した暮らしを送っていれば、孤独とは縁遠い毎日です。

どういう生き方をするにしても、経済的に、精神的にしっかりと自立して、自分らしく生きていきたいものです。

タイトル:ひとりサイズで、気ままに暮らす
著者:阿部絢子
発行:大和書房
定価:1,512円(税込)

【前回の記事はこちら】
幸せかどうかは自分で決める 80歳現役イラストレーターの生き方
101歳の精神科医がすすめる 自分を支えてくれる習慣
スウェーデン発「終いじたく」という考え方に学ぶ 人生の片付け法

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

豪華列車で行くカナディアンロッキー夏の旅|観光スポットをご紹介

豪華列車で行くカナディアンロッキー夏の旅|観光スポットをご紹介

雄大な自然と絶景で知られる「カナディアンロッキー」。今度の夏のお休みに、このカナダの世界遺産に出かけてみるのはどうでしょう。それにはバンクーバーから出発する豪華列車の旅がおすすめです。美しい公園のあるバンクーバーもあわせ、観光の見どころをご紹介します。
結局、幸せとは?今すぐ自分でコントロールできる40%に注目!

結局、幸せとは?今すぐ自分でコントロールできる40%に注目!

結局のところ、幸せとは何なのでしょうか。憧れの企業に就職したり、世間より多い年収を提示されたりすれば、幸せを感じる人がほとんどですね。それでも、その幸せな気持ちは長続きしません。最近の研究では、自分で幸せをコントロール可能なことが分かってきました。
インドの大富豪から教わった「運がいい人」になる習慣のコツ

インドの大富豪から教わった「運がいい人」になる習慣のコツ

成功するためのコツや方法について、誰しも知りたいものです。サチン・チョードリー著『「運がいい人」になるための小さな習慣』 より、ちょっとだけ習慣を変えることで運がいい人になるための思考の方法をご紹介します。
ミッフィーが誘ってくれる“誰といってもそれぞれ楽しい”美術展!

ミッフィーが誘ってくれる“誰といってもそれぞれ楽しい”美術展!

「美術作品を自分の思うままに楽みましょう。」 「美術館で、本物の迫力や繊細さをじっくり味わってみてください」 ・・・と毎回力強くお勧めし、それはもちろん心からの思いではありますが、実際に“美術館に行く”って、結構いろいろな選択ハードルがあるのですよね。
今注目の「食育」に関する資格9つ!自分に合った資格の選び方

今注目の「食育」に関する資格9つ!自分に合った資格の選び方

政府が国民運動として推進する「食育」は、農水省の調査によると国民の4分の3以上が関心を持っています。食育関連の民間資格は乱立気味ですが、うまく選べば仕事に役立ったり、肩書を活かして食育セミナーの講師の声がかかり、報酬が望めるかもしれません。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部