2019年3月4日 更新

モバイル通信5G電波に死角あり 2019年に技術開発は間に合うか

「5G(第5世代移動通信)」は2025年までに世界で11億回線に達すると見込まれます。周波数は従来の「センチ波」に「ミリ波」が加わりますが、ミリ波は直進性が強すぎ建物内に死角ができる弱点があります。5Gの普及でも死角になるかどうかは技術開発や各社の取り組み次第です。

gettyimages (27194)

2018.12.20
2019年から商用化が始まる5G(第5世代移動通信)」では、現行の4G・LTE方式で使われる3.6GHz以下の「センチ波」に加えて「ミリ波」(26/28GHz帯、38/42GHz帯)の電波が新たに使われます。しかし、ミリ波は直進性が強い性質があり雨にも弱い弱点があります。それによってiPhoneのような一般のスマホの利用にも不都合が生じる可能性があります。モバイル各社はそれをどう乗り越えるのでしょうか?

5Gは2025年までに全世界で11億回線に

gettyimages (27196)

モバイル通信の新通信方式「5G(第5世代移動通信)」は、立ち上がり時期が2019年に前倒しされ、総務省「平成30年版情報通信白書」の予測によれば、2025年までに回線数は全世界で11億、人口カバー率は34%に達すると見込まれています。
(図表 5Gの回線数、人口カバー率の将来予測)
2019年の「5G元年」を前に、急成長が予想される5Gの主導権争いが激化しています。モバイル基地局で世界トップシェアを占める中国のファーウェイ(華為技術)の副会長が12月にカナダで拘束され、セキュリティの欠陥を理由にアメリカ、日本など先進各国で中国製5G機器ボイコットの動きがひろがると、メディアは「5Gをめぐる暗闘」という論調で報じました。その真実はともかく、5Gが爆発的に成長することは確かです。
5Gの特徴は「超高速・大容量」「超低遅延」「多数同時接続」で、スマホで大容量の動画やゲームを楽しむようなモバイル通信の範囲を超え、IoT(モノのインターネット)や自動車の自動運転の通信方式としても利用され、社会の基本インフラになります。だからこそ爆発的な成長が見込めるわけです。

ミリ波の死角は、5G普及の死角になる?

gettyimages (27199)

モバイル通信は基地局と端末の間で電波が交わされます。周波数は、4G・LTEは3.6GHz以下の「センチ波」が使われますが、5Gはセンチ波とともに「ミリ波」(26~28GHz帯、38~42GHz帯)の電波も新たに利用されます。5Gのメリットを実現するにはミリ波のほうが都合がいいとされています。
ところがレーダーにも使われるミリ波はセンチ波より直進性が強いので、端末の利用に不都合をきたす可能性が指摘されています。
iPhoneのようなスマホが建物内の窓のある部屋で使えても、廊下やトイレのような奥まった場所では電波が届かず、使えなくなる可能性があります。センチ波はコンクリートの柱や壁を回り込めても、ミリ波はそれができず、反射してしまうからです。
空気中の水滴や水蒸気で反射し雨の日に使えないことも起こります。直進性が強いミリ波は人体も障害物で、端末を両手で包むと電波が届かないという実験結果もあります。
このようにミリ波の直進性によって「死角」ができることは、5Gの普及を阻む「死角」にもなりうるといわれています。

2019年「5G元年」に技術開発は間に合うか

23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ブロックチェーン、AIで先行くエストニア!「つまらなくない未来」の作り方

ブロックチェーン、AIで先行くエストニア!「つまらなくない未来」の作り方

欧州バルト三国の一国として知られる「エストニア」について紹介した本。と言っても、観光情報を紹介するのではなく、今この国が世界の注目を集めている“あるモノ”についての貴重な現地レポートです。
富裕層の資産運用の世界的トレンドは?仮想通貨投資とIT活用に注目

富裕層の資産運用の世界的トレンドは?仮想通貨投資とIT活用に注目

富裕層による資産運用の世界的トレンドは、現在どのようになっているのでしょうか。日本では超低金利が続き、資産運用のポートフォリオにも頭を悩ませる方が少なくないはずです。今、世界の富裕層が何に注目して資産運用を行い、高いパフォーマンスを叩き出しているのか、参考になることもありそうです。
AIは日常風景へ。暮らしの中のAIから森ビルの実証実験まで

AIは日常風景へ。暮らしの中のAIから森ビルの実証実験まで

AIなんて遠い世界のことだと思っていませんか。AIを活用した機能やサービスは世界中で広まっており、私たちの普段の生活の意外なところでAI技術が使われています。森ビル株式会社が行う実証実験も日本のAI時代を切り拓く一つの鍵となりそうです。
「天才」と「AI時代人材」の育て方がわかる!落合陽一の教育本

「天才」と「AI時代人材」の育て方がわかる!落合陽一の教育本

筑波大学准教授、経営者、メディアアーティストと多方面に才を持つ落合陽一氏。 “触れて変形させられるプラズマ光”や「ピクシーダスト」という“音で物を浮かべる技術”は、STAGEでも紹介しました。そんな彼が「学び」について執筆。自身が受けた教育にも触れ話題になっています。
メルティンMMIが目指すヒトとサイボーグの未来とは

メルティンMMIが目指すヒトとサイボーグの未来とは

粕谷昌弘氏は、2018年「30 Under 30」で世界の注目すべきアジアの30人に選ばれました。「AIやロボットの先を行くサイボーグを研究開発しています」と語る粕谷氏は、サイボーグスタートアップとして設立された株式会社メルティンMMIのCEO。MMIはマン・マシン・インターフェースの略です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部