2018年10月25日 更新

富裕層はギャンブルでなく戦略で勝利し続けている

一代で財をなした富豪たちは、少なからず大きな勝負に出て勝利をおさめています。しかし大きな勝負は時にギャンブル的要素を伴うために、挑戦者が勝利する保証はありません。そこで、これから富豪を目指す方のために、戦略とギャンブルの違いについてご紹介します。

gettyimages (23625)

2018.10.18

富豪となるためには勝負も必要

gettyimages (23633)

ソフトバンクグループの孫正義氏は、常に大きな勝負をすることでも有名です。ソフトバンクが時価総額6,000億円であった時、ボーダフォンジャパンを1兆8,000億円で買収しました。けた外れの借入による買収は当時、お金を“どぶ”に捨てるようなものだとも揶揄されましたが、結果的に成功したことは今日のソフトバンクグループを見れば明白です。
オラクルの共同創始者兼CEOであるラリー・エリソン氏は、リレーショナルデータベース(複数のデータを関連付けるもの)の開発に向けて、シリコンバレーの優秀なエンジニアを集めました。当時はコンピュータの専門家が、リレーショナルデータベースの開発は理論的には可能だが実現は難しいとしていました。その中であえて挑戦し、その結果オラクルという巨大な企業を生み出したのです。

マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツ氏も世界初の“パーソナル”コンピュータ用の開発言語BASICを完成前に売り込み、大学を辞めてマイクロソフト社を作りました。一見無謀ともいえるこれらの挑戦により、富豪(ビリオネア)が誕生したのです。
莫大な富を得るためには時に大きな勝負も必要です。しかし確実に富豪となる道を探す方は、ギャンブルを伴うような勝負は避けなければなりません。

勝負とギャンブルの違い

gettyimages (23634)

よくカジノのゲーム=ギャンブルと認識されますが、これは半分当たりで半分外れです。カジノにはごく一部ですがプロとして生計を立てている人がいます。このような人は、ギャンブルをしていません。
ギャンブルとは運を天にまかせて勝負することです。一方でプロは戦略を立てて勝負しています。一見すると運に結果が左右されるようなゲームでも、勝率の高い戦略を立てることが可能ということです。
しかしカジノ=ギャンブルという世間一般の意見を信じていると、そのような戦略の存在にすら気づきません。つまり勝機を得る機会を失うことになります。
世の中には一見するとギャンブルに見えることでも、実は収益を生み出す源泉となるものが存在します。しかしその多くはリスクを伴いますし、リスクを恐れる人からは否定的な意見が出ます。しかしリスク=絶対的な損失ではありません。リスクとリターンの比率をみて、そこに勝機があれば挑戦する価値があります。これが戦略というものです。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部