2018年10月25日 更新

富裕層はギャンブルでなく戦略で勝利し続けている

一代で財をなした富豪たちは、少なからず大きな勝負に出て勝利をおさめています。しかし大きな勝負は時にギャンブル的要素を伴うために、挑戦者が勝利する保証はありません。そこで、これから富豪を目指す方のために、戦略とギャンブルの違いについてご紹介します。

gettyimages (23625)

2018.10.18

富豪となるためには勝負も必要

gettyimages (23633)

ソフトバンクグループの孫正義氏は、常に大きな勝負をすることでも有名です。ソフトバンクが時価総額6,000億円であった時、ボーダフォンジャパンを1兆8,000億円で買収しました。けた外れの借入による買収は当時、お金を“どぶ”に捨てるようなものだとも揶揄されましたが、結果的に成功したことは今日のソフトバンクグループを見れば明白です。
オラクルの共同創始者兼CEOであるラリー・エリソン氏は、リレーショナルデータベース(複数のデータを関連付けるもの)の開発に向けて、シリコンバレーの優秀なエンジニアを集めました。当時はコンピュータの専門家が、リレーショナルデータベースの開発は理論的には可能だが実現は難しいとしていました。その中であえて挑戦し、その結果オラクルという巨大な企業を生み出したのです。

マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツ氏も世界初の“パーソナル”コンピュータ用の開発言語BASICを完成前に売り込み、大学を辞めてマイクロソフト社を作りました。一見無謀ともいえるこれらの挑戦により、富豪(ビリオネア)が誕生したのです。
莫大な富を得るためには時に大きな勝負も必要です。しかし確実に富豪となる道を探す方は、ギャンブルを伴うような勝負は避けなければなりません。

勝負とギャンブルの違い

gettyimages (23634)

よくカジノのゲーム=ギャンブルと認識されますが、これは半分当たりで半分外れです。カジノにはごく一部ですがプロとして生計を立てている人がいます。このような人は、ギャンブルをしていません。
ギャンブルとは運を天にまかせて勝負することです。一方でプロは戦略を立てて勝負しています。一見すると運に結果が左右されるようなゲームでも、勝率の高い戦略を立てることが可能ということです。
しかしカジノ=ギャンブルという世間一般の意見を信じていると、そのような戦略の存在にすら気づきません。つまり勝機を得る機会を失うことになります。
世の中には一見するとギャンブルに見えることでも、実は収益を生み出す源泉となるものが存在します。しかしその多くはリスクを伴いますし、リスクを恐れる人からは否定的な意見が出ます。しかしリスク=絶対的な損失ではありません。リスクとリターンの比率をみて、そこに勝機があれば挑戦する価値があります。これが戦略というものです。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏の過ごし方でわかる富裕層の3つの習慣

夏の過ごし方でわかる富裕層の3つの習慣

もう数日もすると彼岸を迎えますね。彼岸を過ぎると急に秋らしくなりますが、その前に今年の夏の過ごし方を振り返りつつ良い習慣を身につけてみてはいかがでしょうか。今後の過ごし方のヒントになるかもしれません。
お金持ちは言葉を選んでいる!金運を逃す口グセには要注意?

お金持ちは言葉を選んでいる!金運を逃す口グセには要注意?

お金持ちの成功者ほど言葉を大切にする、としばしば耳にします。「言霊(ことだま)」とも言われ、言葉には想像以上のパワーがあると言われます。そうであれば、お金持ちを目指す人が使ってはいけない言葉もありそうです。今日は、お金持ちが避けている言葉を調べてみました。
なぜ富裕層はゴルフをするのか|情報収集でき人柄も見定められる?

なぜ富裕層はゴルフをするのか|情報収集でき人柄も見定められる?

ゴルフと言えば富裕層の趣味、と巷間では思われているフシがあります。確かに、紳士のスポーツとも言われ、比較的お金もかかりますし、汗だくになってプレーするものでもありませんね。それでも、富裕層にとってのゴルフとは、実益に適ったスポーツなのです。
アメリカの超富裕層が富裕税を希望するわけ

アメリカの超富裕層が富裕税を希望するわけ

日本では10月から消費税が10%と増税が予定され、税金についての話題も多い中、アメリカでは19人の超富裕層たちが富裕層に特別課す「富裕税」の導入を2020年の大統領選候補者に嘆願しました。あえて自分たちへの更なる課税を希望する一部超富裕層達の考えとは。
富裕層はなぜ会員制リゾートホテルを好む?別荘持ちでも利用する理由

富裕層はなぜ会員制リゾートホテルを好む?別荘持ちでも利用する理由

富裕層向けの会員制リゾートホテルについて、耳にされたことがある方も多いでしょう。実際、別荘所有者が少なくないにも関わらず、富裕層は会員制リゾートホテルも好んで利用していますね。リゾートトラスト社の会員権などは、取引市場も実質的に確立しているようです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部