2019年4月24日 更新

「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

ブータンは、北は中国・南はインドに挟まれる南アジアの国家で、「世界一幸福度が高い国」とも言われています。独特の仏教文化を色濃く残しており、他の国にはない魅力で溢れています。

gettyimages (36852)

2019.4.24
日本の九州ほどの面積のブータンですが、手つかずの自然も多く残っており、野生動物が生息する亜熱帯のジャングルから7,000m以上のヒマラヤ山岳地帯まで、土地ごとに風土が大きく異なります。日本と同様に、豊かな四季を持っていることも魅力の1つです。
そこで今回は、いつかブータンで暮らしてみたいという人のために、実際にブータンで生活する場合に掛かる生活費や日本と異なる注意点を紹介します。今後の人生設計の参考にしてみて下さい。
(※ 記事では、1Nu(ニュルタム)=約1.6円として計算しています)

首都・ティンプーでの暮らし

gettyimages (36858)

熱心な仏教国であるブータンは、世界的に見ても非常に治安が良いとされています。海外で暮らす際の不安として、詐欺や窃盗などがありますが、美しい心を持つブータン人に関しては、あまりこういった行為をされる心配はないと言えるでしょう。
ブータンの人口は約70万人ですが、地方ごとに異なる言語が存在します。ですが、現在は英語を話すことができれば、町のレストラン、バザールでもほとんど通じるとされています。
住む都市は、アパートが沢山並んでいる首都・ティンプーがオススメで、北から南に流れるティンプー川沿いに街が形成されています。約10万人が暮らす都会で、政府機関や銀行・郵便局・商店など、生活に主要なモノがほとんど歩いて行ける距離にあります。
気になる家賃相場ですが、約6,000Nu(約1万円)と、日本と比べるとかなり安いです。ただし、水回りや電気の配線などは、われわれ日本人からするといい加減に感じる場合多いので、あらかじめ十分にチェックするようにしましょう。
ちなみに、ブータンを旅行に訪れる日本人は多くいますが、在留邦人数はわずか111人しかいません。(2017年海外在留邦人数調査より)この点を踏まえても、やはり少しでも日本人が多くいる首都近郊の方が安心でしょう。

幸福度は高いけれど交通マナー意識は低い?

gettyimages (36867)

国内には、列車などの公共交通機関はないため、移動は基本的に自動車がメインとなります。タクシーの場合、料金は目的地へ行く前に、運転手さんと交渉する仕組みになっています。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」コペンハーゲンでの生活費

「いつかは住みたい」コペンハーゲンでの生活費

デンマークは、バルト海に突き出すユトランド半島とその周りを囲む島々からなる、世界有数の海運国家です。例えば、世界最大の海運会社と言われるマークスラインもデンマークに本社を置いています。皆さんが手にしている輸入製品にも、デンマークを通じて運ばれたものが少なからずあることでしょう。
「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

アフリカ大陸最南端に位置する南アフリカは“虹の国”と称され、多彩な魅力に溢れています。「アフリカ」と聞くと野生動物や大自然を想像する方も多いと思いますが、それだけでなく、華やかな街並みや近代都市が共存していることが大きな特徴です。
「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

マルタ共和国は、佐渡島の半分の面積しかない地中海に浮かぶ小さな島国です。マルタ島、ゴゾ島、コミノ島の3つの島からなるこの国は、透き通るような美しい海、様々な文化が入り組んだ風光明媚な街並み、街を闊歩する猫など、フォトジェニックなスポットが数多くあり、知る人ぞ知る観光国として人気になっています。
「いつかは住みたい」デリーでの生活費

「いつかは住みたい」デリーでの生活費

インドは、世界2位の13億の人口を抱える国家で、様々な民族・言語・宗教で溢れています。公用語はヒンディー語の他に約20もあり、それを表すものとして「15マイルごとに方言が変わり、25マイルごとにカレーの味が変わる。100マイル行けば言葉が変わる。」ということわざもあります。
「いつかは住みたい」ストックホルムの生活費

「いつかは住みたい」ストックホルムの生活費

スウェーデンは、ノルウェーとフィンランドの中間に位置する北欧の国です。スタイリッシュな雑貨や衣類などでも知られており、「IKEA」や「H&M」などもスウェーデン発祥のブランドです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部