2019年11月29日 更新

変わる世界のワイン生産、ヨーロッパ以外の「ワイン新興国」は?日本も急追中

11月21日は「ボジョレー・ヌーボー」解禁日ですが、いま、世界のワイン生産地図は塗り変わりつつあります。ヨーロッパ勢は相変わらずの強さですが、南米勢が躍進し、地球温暖化の影響で新産地も続々旗揚げ。中国の存在もありますが、日本も健闘しています。

2019.11.29

南米勢の躍進、地球温暖化で世界のワイン地図は大きく変わる予感あり

gettyimages (50275)

11月21日は「ボジョレー・ヌーボー」の解禁日です。フランス・ブルゴーニュ地方にあるボジョレー(Beaujolais)村でその年に収穫したブドウからつくるワインの新酒です。2019年は、日本とEU(欧州連合)がお互いワインの関税を即時撤廃するEPA(経済連携協定)が2月に発効したので、2018年より安く飲めるはずです。
そのフランスはかつて世界最大のワイン生産国でしたが、2015年以後はイタリアが第1位です。国際ぶどう・ぶどう酒国際機構(OIV)が調査した2018年の国別ワイン生産量ランキング上位10ヵ国をご紹介します。( )内は前年比の増減率です。
1位 イタリア (14%増)
2位 フランス (27%増)
3位 スペイン (26%増)
4位 アメリカ (2%増)
5位 アルゼンチン (23%増)
6位 中国 (不明)
7位 チリ (36%増)
8位 オーストラリア (9%減)
9位 ドイツ (31%増)
10位 南アフリカ (12%減)
11位以下はポルトガル、ルーマニア、ロシア、ハンガリー、ブラジルの順です。
1年間にイタリアは48.5億リットル、フランスは46.4億リットル、スペインは40.9億リットルを生産し、4位以下を引き離しますが、10位以内にヨーロッパはドイツを含め4ヵ国で、6ヵ国はそれ以外の「新興国」です。アメリカ、オーストラリアは停滞していますが、アルゼンチンは前年比23%増、チリは前年比36%増でした。南米産「新世界ワイン」の躍進で、21世紀の世界のワイン生産地図は大きく変わりそうな予感がします。

地球温暖化の好影響と悪影響が交錯「眠れる獅子」中国は目覚めるか?

gettyimages (50277)

前年比増減率では、旧ソ連のジョージア57%増、スイス39%増、ハンガリー32%増、ドイツ31%増が目を引きます。地球温暖化の影響で、昔は寒すぎて栽培に適さなかった地方でもブドウが収穫され、ワインが生産されるようになったと言われています。逆に温暖化の悪影響を被ったのが12%減の南アフリカで、アフリカのワイン大国として存在感を示してきましたが、ケープタウン周辺のブドウ産地が気温の上昇、乾燥化の進行に脅かされています。2018年夏には大干ばつに見舞われて減産を余儀なくされました。
ワイン地図が塗り替わる要素は南米勢の躍進や気候変動だけではありません。世界第6位のワイン生産国、中国の動向も目が離せません。「中国のワイン?」と意外に思うかもしれませんが、ブドウの栽培もワインの製法もシルクロードから伝わり、唐代にはよく飲まれました。その後は紹興酒などにおされ衰退しましたが、19世紀末から山東省の煙台市周辺でブドウ栽培とワイン醸造が本格的に始まり「張裕(チャンユー)」ブランドが確立。2002年にフランスのワイン生産大手、カステルと提携しています。ブドウ栽培面積はスペインに次ぐ世界第2位で、ワイン産地は今や中国北部一帯にひろがっています。
とはいえ、中国は世界第5位のワイン消費国でもあり、フランスやアメリカやオーストラリアから輸入して国内市場の供給不足を補っています。そのため賞を取って国際的に評価された高級ワインもありながら、中国産ワインはあまり輸出に回らず、世界的な知名度はなかなか上がりませんでした。日本でもあまり見かけず、まぼろしの中国産ワインはまさに「眠れる獅子」と言えます。
しかし、対米、対EUの貿易摩擦が解決に向かい、中国政府が高級ワインの輸出拡大に本腰を入れ始めたら状況は一変し、隠れた名品が海外で脚光を浴び、「目覚めた獅子」が世界市場を席巻する可能性があります。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

真夏のクリスマス観光ができるオーストラリアで特別な一日を!

真夏のクリスマス観光ができるオーストラリアで特別な一日を!

南半球のオーストラリアではクリスマスはいつも真夏。「白いクリスマスを夢に見る」という歌詞で始まる「ホワイト・クリスマス」の歌はオーストラリア人の心情にぴったり!今度の冬の休暇には、そんなオーストラリアでいつもと違う真夏のクリスマスを迎えてみるのはどうでしょう。
アメリカで大人気の「代替肉」はアノ味だった!注目される理由とは

アメリカで大人気の「代替肉」はアノ味だった!注目される理由とは

アメリカの「ビヨンド・ミート社」、「インポッシブル・フーズ社」というベンチャー企業2社が開発した植物由来の限りなく肉に近い代替肉が人気を集めています。いったいどんな味なのでしょう。健康面や注目される理由など、筆者の試食体験も合わせて紹介します。
ダイアナ妃が愛した日本の芸術家、世界の視線を集める吉田博の作品世界を体験。

ダイアナ妃が愛した日本の芸術家、世界の視線を集める吉田博の作品世界を体験。

SNS上の一般美術愛好家コミュニティ。世界中から投稿される作品の中によく登場する日本の作品・・・まずはHokusai(北斎)やHiroshige(広重)の浮世絵。そして、同じくらいよく出てくるのが、“Hiroshi Yoshida”・・・誰??
なぜ、世界のビジネスエリートは「禅(Zen)」に知的な関心を寄せるのか?

なぜ、世界のビジネスエリートは「禅(Zen)」に知的な関心を寄せるのか?

「禅」に強い関心を持つ世界のビジネスリーダーは少なくありません。世界中で多くの人が座禅を組み瞑想をしています。なぜなのでしょうか? 鈴木大拙という優れた紹介者の存在、60年代のヒッピー、昨今のマインドフルネスの隆盛などがからみあっています。
くびれを作る!初心者向け脇腹集中トレーニングメニュー3選

くびれを作る!初心者向け脇腹集中トレーニングメニュー3選

「腹筋運動をしても脇腹だけお肉がついている」「ダイエットしてもくびれができない」このような脇腹のぜい肉で悩んでいる人は少なくありません。そこで今回は、自宅でできる初心者向け脇腹トレーニングメニューや効果を高める方法について解説していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部