2019年8月27日 更新

成功者たちは日記を書いている!書き方と効果は?

成功者には日記を書いている人が多いものです。これは成功につながる効果があるためですが、誰でも簡単に行えるものなのでしょうか。そこで今回は日記を書くことで得られる効果と、そのための書き方をご紹介します。

gettyimages (45645)

2019.8.27

成功者はなぜ日記を書くのか

gettyimages (45648)

成功者と呼ばれる人には、日記を書いている人が大勢います。その理由を説明します。

成功者は日記の効果を実感している

多くの成功者は日記をつけています。ベンジャミン・フランクリン、スティーブ・ジョブズ、ピーター・ドラッカーにベンチャー起業家のリード・ギャレット・ホフマンなど数え上げるときりがありません。(※1)

しかし普段は何かと忙しく、無駄を嫌う人が多い成功者がなぜわざわざ時間をかけて日記を書くのでしょうか。

それは、日記は単なる記録ではなく、自身の成功につながる効果があることを実感しているからです。では、日記を書くとどのような効果が生まれるのでしょうか。

日記を書くと自分自身と対話できる

日記を書くことで得られる効果はいろいろとあります。

たとえばアイオワ大学の研究(※2)によると、ストレスを感じた時の気持ちや考えを書くことで、健康に良い影響を及ぼすことがわかっています。

これは日記を書くことによって、自分自身との対話ができるという事例です。何かと孤独を感じる成功者は日記で自身と対話し、メンタルを維持するのでしょう。

成功者の効果的な日記の書き方

成功者は単に毎日の記録を日記に書くわけではありません。そこで成功のために効果的な日記の書き方をご紹介します。

簡単にできる「◯行日記」

アイオワ大学の研究結果にもあるように、日記を書くことには日中のパフォーマンスを高める効果があります。さらに自律神経を安定させたうえで翌日のモチベーションも高める3行日記は、誰でも簡単に続けることができるでしょう。

これは1日を振り返り、 
① 失敗したことや嫌な思いをしたこと
② うまくいったことや嬉しかったこと
③ 明日はこれをやろうという目標

を3行に書くというものです。あるいは、

① その日の出来事をひとつ書く
② そこから得たひらめきや気づきを書く
③ ひらめきや気づきから学んだことを書く
④ 以上からなりたい自分の宣言を書く

という4行日記を1日の終わりに書くことも効果的です。
41 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【40~50代の働く女性限定】女性の定年後を全員で考える! 『オンナの定活セミナー』初開催

【40~50代の働く女性限定】女性の定年後を全員で考える! 『オンナの定活セミナー』初開催

日本最大級の総合マネースクールであるファイナンシャルアカデミーは、2019年9月29日(日)に東京丸の内にて、初となる40〜50代の働く女性を対象とした、定年後の人生や働き方を考える参加型セミナー『オンナの定活セミナー』 を開催することを決定しました。
社員のためのAI人事。勘頼みにしない採用と育成

社員のためのAI人事。勘頼みにしない採用と育成

マーケティングや自動運転といったイメージの強いAIですが、人事に活用しようという動きも見られます。採用の効率化だけでなく、社員一人ひとりのスキルや知識から業務とのマッチングも提案可能。人事へのAI導入で、社員をより大切にできるかもしれません。
働き方改革の知られざるブラックボックス

働き方改革の知られざるブラックボックス

働き方改革の目指すすがたに、共感するひとは多いでしょう。「ライフワークバランスの実現」「多様な働き方の実現」「副業・兼業の促進」など、公私充実で私のポテンシャルが引き出され、モチベーションも上げてくれそうです。しかし、現実はどうなのでしょうか。
もう一度“あそぼう”・・・おとなもこどもも楽しめる、実はおとなの日常に沁みる場所

もう一度“あそぼう”・・・おとなもこどもも楽しめる、実はおとなの日常に沁みる場所

“「遊んでいないで〇〇しなさい!」と、遊びの時間を「勉強」や「仕事」や「お手伝い」に邪魔されていませんか?” そんな美術展の問いかけに、ちくちくと心を刺された秋のはじめ。
ソムリエが教える「ワインの贈り物」の選び方|相手・お祝い別に解説

ソムリエが教える「ワインの贈り物」の選び方|相手・お祝い別に解説

ワイン好きな同僚や上司のプレゼントにワインを贈りたいが、相手の好みが分からずに迷っている。結局渡せなかったということはありませんか。ワインを選ぶことは難しくありません。ワインはメッセージ性を付加しやすいので、うまく選べば感動につながります。今回はワインを贈る時の選び方について紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部